水商売の倫理

まずもって、水商売を合法とするべきであると思う。歴史を顧みると、違法として抑圧しようとする国家は極めて多いが、成功した国家は一つもない。撲滅することはできないと思うべきだ。しかし、違法な業界は、労働者の搾取の温床である。なぜなら、国家は全面的に違法としているので、最低賃金や労働条件を課すことはできない。しかし、必ず存在する業界であれば、搾取と取り組むべきである。だから、合法として、規制を設けるべきだと思う。

(ちなみに、自由主義の立場からも合法とするべきである。売主も買主も同意しているからだ。)

その規制は、まず一般の規制は当然必要である。人身売買、奴隷制などは禁じられる。日本の水商売の歴史には、人身売買があったそうだが、その伝統を生かすべきではない。そして、最低賃金や労働時間などの規制も必要である。しかし、水商売は色欲と絡むので、独自の規制も必要だろう。

現在の社会で、他の収入源が見えない女性が水商売に流れると言われているが、それは確かに良くない。しかし、この問題を解決するために、双方から取り組まなければなあらない。まずは、お金に困る人をなくさなければならない。社会福祉と雇用環境の改善が必要だが、これも大きな問題で、すぐに論じられない。困っている人は少ないようにするべきである。この方針に成功すれば、経済的な理由で水商売に流れる人が少なくなるだろう。

そして、水商売で働くための資格を作るべきなのではないかと思う。弁護士や税理士のような資格で、国家が試験を運営して、資格を持たない人にはそのような職業を禁じる。試験では、そのような職業に必要な知識と技能を評価するので、実践の試験も必要だろう。試験は、弁護士の試験ほど難問とすべきではないが、誰でも合格できる試験も相応しくない。すぐにわかる技能や知識を持つことを保証する試験とすべきである。

資格を要求したら、労働者の立場が強くなる。経営者は、資格を持つ人を見つからないと、何もできないからだ。そして、一時的な経済危機のために資格を取るために勉強して、受験料を払うはずはないので、水商売に入ることは計画的になる。その上、資格は必要であれば、社会的な地位が高まる。現在の水商売の問題の一つは、労働者に対する偏見であるので、資格でその偏見と闘うと良い。

そして、春画と同じように、色欲を利用する商売になるので、消費者を守る規制も考えなければならない。これも、普通の消費者の規則に加えて、独自の規制を作るべきだろう。しかし、これも難しい問題である。お酒の提案のように完全予約制とするのは一つの方法である。これも、つい買っちゃう行動を防ぐことは目的である。

では、惟神道の倫理からどう見るだろう。まずは、消費者の立場から見れば、普通の性的関係と大きく変わらない。つまり、前述した倫理を準用しても良いだろう。もちろん、告白で拒否される恐れが少なくなるだろうが、1週間の待機時間があるのは重要。労働者側を考えれば、特別に倫理規制は必要ないだろう。性的行為を提供するので、それを真剣にするのは適切である。これを職業とすれば、性的行為が人生を乱す可能性はほぼなくなる。もう仕事になっているだろう。そして、性的行為の多くは、自分の色欲から発生する行動ではなく、お客さんの色欲から発生する。宣伝などの商法には問題があるかもしれないが、具体的にそのような問題が発生するかは、よくわからない。消費者を搾取しないような信念に基づいて行ったらよかろう。

ここで、この誘惑を考える投稿シリーズが終わる。ちょっと長くなった。一時休憩に戻る。

春画の倫理

「春画」の言い方で、写真集も漫画も指すつもりだ。

まずは、法律で禁じるべきでもないし、制限するべきでもない。表現の自由の一部であるのは明らかだし、ヘイトスピーチのように人に恐怖を与えないので、難しい問題ではない。写真集の場合、作成に必要な行為のために制限することもあるだろうが、漫画の場合、その理由はない。特に、日本での性器の描きを禁じる規則には合理性は全くない。まさに色欲を起こす力は、性器の描きとあまり関係しない。

しかし、倫理的にはどう考えるべきだろう。まずは、倫理違反のことを楽しんでもらうために描写する行為も倫理違反だと私は思う。つまり、殺人は倫理違反だと思ったら(そして、そう思う人はほとんどだろう)、殺人を楽しむように作品を作るべきではない。これは制限になる。倫理的に、レイプの漫画は作るべきではない。

ただし、性的行為自体は悪質ではないので、厳しい制限ではない。では、なんでも良いわけ?

今回も、そうではないと思う。

問題は購入する方である。色欲を利用して買わせることは、自分の利益のために人の弱点を使うことである。これは、疑問に思う行為である。

(見られるのは悪くないので、写真集で撮影された人には被害を与えていない。確かに搾取される場合もあるが、創造業ではそのようなことは一般的である。アイドルには限るわけではない。)

法制は非常に難しい問題だし、一般的に商法についての問題だから、ここで扱えない。例えば、広告や宣伝の方法にも関わるし、商品の内容とも関係する。これで、春画が特別になる理由は、単純に色欲を利用することだ。つまり、すぐに弱点を掴むことにある。

では、商法を置いておいて、春画などを作成しようとするとき、倫理的にどうすべきなのだろう。

これで、まだ検討中だが、もしかして色欲を刺激する内容を超える内容を作成することは必要だろう。例えば、『セクレタリー』という映画はいい例になると思う。性的行為はあるし、主役の女優の裸も見える機会がある。それに、話で深い真理性を探ったり、裸などで芸術的な表現力を高めたりする。このような映画を作ったら、倫理的な問題は全くないと思う。アイドル写真集はちょっと難しいだろう。何かを見せようとする場合、そしてその「何か」が性的な魅力を越えれば、大丈夫であろう。ちょっと難しい問題だ。

一方、購入する側には倫理的な問題は一切ない。多く買ったら、惟神道の目的の妨げになるが、ちょっと買っても問題にならないだろう。倫理的に、つい買わないことやたくさん買わないことを何らかの形で保障した方が良いか、「1日を待つ」ぐらいの規則で良かろう。つい買っちゃう行動を防ぐことに足りる方針だろう。

性的行為の商売といえば、水商売もある。これは実により複雑だと思うので、次回ちょっと論じたいのだ。

性的行為の関係で問題になった一点は、裸への態度だと思う。つまり、特に女性は、裸で見られたら被害を受けたと感じる。そして、そう感じるから、本当に被害を受ける。しかし、この被害は社会的に構造された被害に過ぎない。半裸か全裸で生活を送る社会も存在するので、やはりその目線には被害を与える力は潜めていない。そして、この態度はただ脆弱を作り出すに過ぎない。この態度のために、裸で火事や地震から逃げたくない人は少なくないし、東京都の災害ガイドでは、避難所では女性のための更衣室を確保する重要性を指摘するが、物理的に無理である場合、ただ負担となる。

その上、前にも述べたと思うが、法律上裸を禁止する根拠はない。周りの人には嫌な思いを与えるとしても、それは人の行動を法律で制限する理由にならない。

では、いつも裸でいると良いわけ?そうでもない。

自分の色欲の対象となる人の裸を見れば、本能的な反応がある。「普通だったら慣れる」と言われることもあるが、私はそれを信じない。生まれてからミニスカートとビキニは存在してきたが、まだ慣れていない。アイドル写真集が売られ続けることから、この状態は一般的であると推測する。そして、色欲の反応のほとんどと同じく、この反応は意思を乱す。嫌な気分にはならないかもしれないが、他のことに集中することは難しくなる。例えば、裸な女性に教えることは難しいと思う。確かに大きな乱れではないので、法律で制限するほどではないと言う。しかし、惟神道の倫理で、周りの人に不要な迷惑をかけないので、原則として裸を見せないし、普通の服を着る。

つまり、理想的な社会は、人は裸で見られても平気である性格で、普段は刺激にならない服を着る状態である。

(ところで、女子高生の長短スカートには倫理的な問題があると言える。周りの男子高生の勉強の邪魔になることだ。わざと周りの人の勉強の妨げになるべきではないので、倫理問題になる。男子の服装がどうやって問題になるのか、よく分からない。女子高生にいたことはないからだ。)

では、普通に刺激を与えない服を着る部分は問題ないが、見られても平気は現状から程遠い。どうすれば実現できるのだろう。

まず、見られても被害ではないことを強調する。それは重要である。しかし、言葉だけであれば、心で感じない。実践的な方針は必要である。

すぐに思い浮かぶことは、更衣室を男女共用とすることだ。実は、同性愛者の存在を認めたら、男女別の更衣室には合理的な意味は全くない。お互いに見られれば、相手が自分いたして色欲を感じる可能性はある。完全に個室にすれば、男女別にする必要はまずない。一室には一人がいるからだ。しかし、見られても平気にさせるために、個室ではない更衣室にしなければならない。そして、日本の文化を考えれば、混浴の温泉や銭湯を普及させるのも良い。お湯に入ったら、あまり見えないので、問題になる刺激は少ないが、見られることに慣れる。同じように、温水プールでの水泳を原則として裸とすれば、慣れてくる。(その場合、救助員は普段プール側に立つので、水着を着るべきだ。)現在の社会からこの状況になるために、学校から導入するべきだ。子供の頃からこれは普通であることを経験する人は、抵抗感を感じないからだ。

このような社会になったら、一つの脆弱がなくなると思われる。しかし、裸に対するの興味はなくならない。だから、アイドル写真集の販売はまだ盛んに行われるだろう。それは、どう考えるべきなのだろうか。

性的行為と子供

家族で子供が生まれたら、倫理問題が多く発生する。原則は、子供を愛することだ。しかし、誘惑の範囲で、やろうとすることは本当に愛なのか、または自分の意欲から発生したことか、という問題がある。そのため、この分野で子供に対する態度を慎重に論じるべきである。麻薬は比較的に簡単である。子供に飲ませない、吸わせない。しかし、子供が麻薬を使っても、大人の誘惑に応えない。性的行為は、違う場合がある。

それでも、性的行為は基本的にいいことである事実も忘れてはならない。子供を守らなければならないが、性的行為自体から守る必要はない。それに伴う被害から守る。

そして、この場合「子供」を二つに大別しなければならない。まずは、小学生以下の子供だ。この年齢の子供には、自分の色欲はまだない。(もちろん、小学校高学年の例外はあるが、少ないそうだ。)つまり、大人のように自分の色欲から守る必要はない。だから、自分の色欲に基づいて子供を狙う大人から守ることになる。子供は、自分を守るための精神力を持たない場合は多い。つまり、法律でこの年齢の子供との性的行為を禁じることは、その守りになるだろう。そして、惟神道の倫理でも禁じる。相手は小学生以下であれば、自分の色欲に捉えられている可能性は極めて高いので、相手のためにも、自分のためにもやめるべきだ。

次は、中高生の子供だ。この場合は飛躍的に難しくなる。なぜかというと、子供の色欲が湧いてくるからだ。この年齢の子供は、自分の色欲からも守らなければならない。性的行為は良いことだから、全面的に禁じるのは良くない。一方、十代の子供は特に自分の将来を考えずに行動する傾向は強いので、任せきりにするのも良くない。

一番避けたいことは、もしかして妊娠だろう。中高生で妊娠したら、中絶しても出産しても、人生には絶大な影響を与えてしまう。しかし、精神的な被害も多い。中高生の恋愛悲劇を思い出したら、それを実感できるだろう。

ここで、どうするべきか、分からない。目的は子供を守ることだが、従来の態度で性的行為自体は悪質であると思われてきたので、禁じることは多かった。それは効果的ではなかったのは周知の通りだが、この年齢の子供も、大人に狙われるだろう。それに、まだ子供であるので、まだ守らなければならない。実際に効果のある方法を研究する必要がある。その成果はない限り、断言できない。

もうできた研究の成果の一つは、性教育の効果である。性教育は充実されていれば、妊娠も病気も少なくなるし、性行為も少なくなるそうだ。その最後は、性教育で自分の色欲を抑制すべき状態がわかるからだろう。この性教育は、小学校の中学年から始まったほうがいいとも言われる。それは、色欲はまだなくて、ただ好奇心で対応するからだ。基礎知識を収めておくことはできる。中高生になったら、より実践的な教育は役にたつだろう。

研究の成果を待っている間に、倫理的に何が言えるのだろう。まずは、中高生でも、子供を狙わないこと。自分の色欲によって操られている可能性は極めて高いから。中高生によって狙われたら、それは難しい。違法行為を行わないことは重要である。法律に違反すれば、その関係が良い結果とつなぐ可能性はあまりない。同じように、教えていれば、なるべく優しく応じないこと。それ以外、なるべく相手に被害を与えないようにするとしか言えない。中高生本人同士では、とりあえず大人の倫理を準用する。一般的な模範は、研究の成果を待っている。