惟神道のなかの麻薬

社会では、制限を課しながら麻薬の使用を許すべきであると述べた、惟神道はどうなるだろう。これは、人が自由に選ぶ倫理の道であるので、選んだ人の自由をさらに考える必要はあまりない。(それはちょっと過言であるが、自分で自分の行動を制限するは倫理の目的である。)

だから、まずは麻薬を禁じると思う。惟神道では、自分を磨いて、周りの社会に貢献することを重視しているが、麻薬の利用はそのようなことの妨げになるばかりだ。タバコもそうだし、現在違法である麻薬もそうだ。前回も述べたが、私は何も使わないので、簡単にこのような禁止令を受け入れられる。

ただし、問題がすぐに発生する。お酒は、神道の神事の中心的な役割を担ってきた。お酒を禁じれば、神道の伝統の一部を覆すことになる。それは確かに問題であるので、お酒を許すしかないだろう。それでも、飲酒は惟神道の目的にそぐわないので、何かの制限を設けるべきだろう。

お酒は、神事の一部であるから許すことにしたので、制限として神事の一部としてしか飲酒を許さない方針はいかがだろう。つまり、神饌として奉ってから、直会でお酒を飲むことは惟神道の一部とする。これで、飲酒の量と機会は自然に制限されるので、大きな問題になることは少ないだろう。もちろん、直会でお酒を飲まないことも許す。形だけでも良い。

そして、お酒を飲む神事は、二人以上が奉仕したり参列したりすることを条件とする。一人で飲むのは危ないので、祭祀の範囲を超えないように二人以上があることを定めたほうがよかろう。

この禁止令は、本人を守るための掟であるので、思わずお酒を飲んでしまうことは対象外である。気づいたらもちろん止めるが、気づく前は罪とはしない。同じように、料理の材料の一つはお酒であるとしても、問題視しない料理の中のお酒は酔っぱらうほどの量にならないし、気づかない場合も少なくない。人生の計画を乱す恐れは非常に少ないし、日本料理に入る場合は多いので、日本の伝統を楽しめるためにこのような考えた方がよかろう。

このような厳しい制限は、制限された人によって喜んで受け入れる。なぜなら、自分のやりたいことの妨げになることに気がついているからだ。意志を補強する措置として、効果は期待できる。つまり、麻薬を使いたい人は、惟神道をそもそも歩まない。似ている道もあるかもしれないが、別な道である。

麻薬の依存性の為、特に簡単に考えられる誘惑である。麻薬が人間の自由を奪うというのは、ただの比喩ではない。しかし、賭博などに移ると、複雑になる。

麻薬の誘惑

麻薬の誘惑には特徴がある。それは、生理的な欲望や依存を発生させることだ。お酒もそうだし、タバコもそうだ。大麻はそれほどではないそうだが、覚醒剤などの依存力は強いと言われる。一方、一切試飲しない限り、欲望は一切湧いてこない。私は、お酒を飲んだことはないと言えるし、タバコを吸ったことはない。他の麻薬も同じだ。だから、意欲はない。私の人生を乱そうとすることはあるが、麻薬はそうではない。

この事実を見れば、麻薬を禁じる方針には無理はないだろうと思われるだろう。誰も経験しなければ、使用は拡散しないからだ。一方、一旦試したら、化学反応のように強い欲望が湧いてくる。許すと、社会問題に発展すると思われる。歴史的に禁止する動きは強いのは、この事実に基づくだろう。

ただし、人の自由を重視すれば、禁じるわけにはいかない。前回に述べたように、お酒をライフワークとしたい人も存在するかもしれない。そして、お酒の場合、多くの国では伝統との関係は深い。お酒を禁じれば、その伝統も破壊される。

では、どうすれば良いだろう。

まずは、子供には全面禁止すべきであろう。子供の体はまだ成長しているので、その途中で麻薬の影響を受けたら、一生弱くなるだろう。そして、依存もあるので、子供の頃その状態になったら、大人になって、別な道を選ぶことが事実上無理となる。生理的な影響を踏まえて、この禁止を許すだけではなく、導入するべきであると思う。子供の頃、将来の自由を保障するために子供の行動を大人より制限すべきであるからだ。「子供」の定義といえば、20歳までが良かろう。18歳か、21歳かは、それほど構わないが、その年齢で体が成長を終えて、脳の発達も完成に近づいている。

大人になったら、飲酒を許すべきであると述べたが、なるべく問題を避けて許すべきだろう。誘惑の行為の大きな問題の一つはやりすぎである。お酒を飲み始めると、飲み続ける羽目になることは多いそうだ。そして、飲むつもりはなかったが、つい飲んじゃうことも指摘される。これを防ぐために、予約を必要とすればどうかと前にも提案した。つまり、お酒を飲むために、前日までに予約しなければならない制度である。種類と量を事前に決めれば、つい飲みすぐに陥ることはまずない。その上、「明日飲まない」と決意することは、人間にとって簡単であるものの、当日にそれを遂行するのは難しい。法律でその前日の決意を裏付ければ、問題が少なくなるだろう。

確かに、予想外のことが発生するので、予約なしの少量の飲酒を許しても良かろう。タバコなども同じである。1杯しか飲めない状態であれば、誘惑が弱まると思われるだろう。

しかし、この制限を実行するために、登録などは必要となる。ICカードで技術的にできるが、そのICカードをどうすれば良かろうか。それは、飲酒免許としたら良いと思う。飲酒免許を取得するために、運転免許のような試験に合格して、手数料を収めて発行してもらう。試験の内容は、お酒の体への悪影響や適切な飲む量についてになる。つまり、お酒を飲もうとすれば、まずその基礎知識を持っているかどうかを確認する。種類ごとに別な免許を発行する。飲酒免許、吸煙免許、吸麻免許、摂醒免許などをそれぞれ発行する。もちろん、子供にはこの免許の取得は許されないし、免許を持っていない人にその麻薬を提供することも犯罪とする。

このような制度であれば、麻薬を使いたい人は使えるが、誘惑をなるべく抑制できる。

ところで、麻薬や覚醒剤を合法とする方針も含まれている。違法な麻薬は、規制は執行できないので、性質などの保証はできないし、商法も悪質になることは見込まれる。麻薬と覚醒剤は合法であったら、お酒より社会に悪影響を与えるとは思えないそうだ。

そして、外国人の観光客であるが、手続きと手数料で臨時免許を取得できるように設定すれば良い。日本語で行われる試験に合格できるはずはないし、旅行中の飲酒などは、日常生活の乱れにはならない。ただし、すぐに強い生理的な依存を発生させる麻薬は、この制度の対象外とするべきである。帰国したら、麻薬は入手できないことはあるからだ。

誘惑

このブログで前にも触れたが、倫理の中で人間を自分の弱点から救うための要素があると思う。それは、誘惑と対立する倫理の掟である。例えば、飲酒を抑制する倫理とか、賭博を禁じる倫理などはそうである。一方、他人の自由を保護する倫理もある。殺人を禁じる起きてはその代表例だろう。他人の自由に抵触する行動は、当事者の信念などにも拘らず、強制的に禁じるべきである。これは、該当する人は人間ではない場合も同じである。(この範囲をどこまで広げるべきかは、大きな問題であるので、ここで扱わない。)例えば、自分の真心で信奉する宗教によると、毎年の冬至の日には太陽に生き贄として街角で捕まえた人間を捧げるべきと言われるとしても、その宗教的な行動を禁じるべきである。一方、信者以外の人に迷惑をかけない宗教の行動は、許すべきである。この自由を保つための具体的な規則を定めることも容易ではないので、これも今回扱わない。

では、誘惑の行為に焦点を当てよう。誘惑の典型例として麻薬(お酒とタバコを含み)、賭博、そして性的行為を考える。どこの文化を見ても、このような行動について掟を定めたことは多い。それはなぜなんだろう。

共通点は、このような行為は人間の動機を乱す力があることだと思う。つまり、「実は」別なことはやりたいが、このことの誘惑による、ついこの行為を行うことは多い。依存を良く見る行動である。そして、ほとんどの人の場合、このような行為に人生を専念するつもりはない。その上、そうすれば、社会にあまり貢献しない。数年間ギャンブルしたら、勝つとしても社会への利益は少ないだろう。つまり、個人の人間のために、社会のためにも、抑制することは有利である。そのため、ほとんどの社会で制限は見られるだろう。

しかし、よく考えなければならないこともある。ほとんどの人はこのような行為を自分の人生の生業にしたくないが、例外もあると思える。例えば、ワインの達人になりたい人は、実際に存在する。ただのアルコール中毒に陥るのは良くないが、自由にお酒を飲めないと、そのような分野で造詣なることはできない。だから、社会として禁じるわけにはいかない。この分野で活躍したい人は少数だろうが、少数派の自由も保障しなければならない。これからの投稿で、相応しい態度を考えたいと思う。その態度は、社会的な立場、つまり法制などからの考えも、惟神道の独自的な神道倫理観からの考えも含まれる。法制は許すべきであるが、一切規制を課さないとは言わない。一般の人の計画と社会の秩序を乱せることは、自由を保ちながら悪影響を抑制すべきであろう。

順番として、麻薬から始まり、そして賭博、最後に性的行為を扱うつもりである。