日本人の生地

昨日、日本人である感覚について論じたが、性別の場合のように他の生地があるのではないかと思える。確かに性器の構造ほど単純な生地はないと思うが、当事者の感覚に限らないとも思える。

性器の構造に似ているのは、やはり肌色と顔立ちだろう。「日本人」を想像すれば、その二つが決まっているのは私だけではないだろう。(はい、そうだ。「日本人」を想像すれば、自分に似ていない人が思い浮かぶ。)しかし、これは十分条件ではない。なぜならば、韓国人は日本人と区別できないからである。必要条件としようとしたら、難しくなる。「テルマエロマエ」で、日本人の顔立ちをある程度持っていない日本人が古代ローマ人の役を担ったし、肌色はかなり違う。それより何より、肌色や顔立ちはそれほど重要であると思われないだろう。日本人の素晴らしさを讃える論文では、性格や振る舞いを取り上げるが、外見を取り上げないようだ。

性格を基準として取り上げたら、やはり奥床しさ、謙虚さなどを掲げるだろう。しかし、日本人の性格を讃える人のほとんどは、日本人がその性格を具現しなくなっていることを憂える。性格が日本人である基準になったら、その性格が当てはまらない人は日本人ではないことになる。だから、資格を決める性格ではないようだ。その上、性格の基準は感覚のような様子になって、生地には当たらない。

しかし、そのようなことは考えられる。一つは、日本生まれ育ちのことだろう。確かに、日本の教育を受けて、ドラえもんを見ながら育つのは日本人の重要な生地である。この経験は、日本人らしい「常識」を持つための条件になるだろう。一方、これも決定的ではないと言えよう。帰国子女は日本人ではないと言いたい人は極めて少ないし、間違っていると私は思うが、帰国子女はある程度日本生まれ育ちではない。

これに似ていることは、日本人を親を持つことだ。親は日本人であれば、日本の文化を体験するし、日本人らしく育ててもらうだろう。もちろん、親を日本人とする基準も問題になるが、これも生まれ育ちの一部である。

しかし、生まれ育ちだけではない。日本に永年住めば、常識を吸収したり、ドラえもんを娘の後ろから見たりするだろう。一方、永年アメリカに住めば、日本人らしさが衰えるのではないかとも言える。

趣味や職業も重要だろう。日本に住んで、刀剣の作成の技術を継承する人は、ある意味日本人であると言えるのではないか。

このようなことを鑑みれば、「日本人」の基準は単純ではないことを考えるようになるのではないか。私のように外国で生まれ育った人で、肌色と顔立ちは一般の日本人と明らかに違う人類の人は、ある意味日本人の資格を一部持っていないと言える。一方、肌色や顔立ちは典型的な日本人で、江戸っ子で、祖先も遡って江戸っ子でも、アメリカを憧れ、アメリカの文化ばかりに没頭して移民して、アメリカで人生を構える人も、日本人の資格の全てを持っていないと言えるのではないか。

しかし、そう考えれば、日本人であるかどうかは、「はい・いいえ」という質問にはならない。そのことについて、次回考えたいと思う。

「日本人の生地」への3件のフィードバック

  1. Wikiの日本人の頁では
    >日本人のハプログループはD1b系統、O1b2系統、O2系統の3系統で日本人全体の約8割以上を占めるほど高頻度に見られる。他にC1a1系統、C2系統、N系統、O1a系統、O1b1系統なども低頻度に見られる。
    日本人全体で見るとD1b系統が約32~35%、O1b2系統が約30%、O2系統が約20%の順となっている。
    >現在世界でD系統は極めて稀な系統になっており、日本人(D1b)が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。遠く西に離れたチベット人(D1a)やアンダマン諸島(D*)で高頻度である他は、アルタイ(D*)、タイ(D1a)、ヤオ族(D1a)、フィリピン(D2)等にわずかに存続するだけである

    つまり、血統の観点から見ると、D1b遺伝子を受け継いでいれば純血の日本人ということになる。
    文化人類学上では民族の定義は言語、歴史、神話を共有する集団であることから、神社検定一級の資格を持つ貴殿は『質』の面では立派な日本人ということになる。

  2. 日本は代々立憲君主国(朝廷と戦国時代、大政奉還から王政復古の大号令の約二ヶ月間は絶対君主制)であり、神道の最高祭祀である。記紀神話は民族を束ねる神話となる。(それ以前に、壬申の乱により各地の豪族に伝わる歴史を一つに纏めるという意味合いから、天武天皇の命令により、和銅四年に稗田阿礼の口伝により編纂された歴史書という側面が強い)つまり、大和民族を成す要素は日本語と日本史と記紀神話となる。

    社会通念上、日本国籍を持つ自然人は日本人か否かなら肯定するだろう。然し、日本語と日本史、記紀神話を把握している自然人は日本人かと言われれば否となる。(海外の研究者が日本人となってしまう)
    よって、日本国籍保持の自然人は十分条件、上記三つの要素を把握する自然人は必要条件となる。
    必要十分条件は日本国籍と三つの要素を兼ね揃えた自然人が日本人となる。

  3. S様、コメントをありがとうございます。

    アイデンティティはやはりややこしいです。ハプログループは一つの要素になりますが、書かれたのはY染色体のハプログループで、マイトコンドリオンのハプログループもありますし、diploidの染色体の組み合わせも重要になりますので、遺伝子だけを基準としても、簡単に「日本人」をさすことはできないのではないかと思います。一方、記紀神話の知識を日本人の条件として厳しく当てはめたら、日本人が非常に少なくなるのではないかとも思います。

    それでも、このような要素はやはり重要です。日本語ができて、日本史を知って、記紀神話を把握する人には、日本人に名乗る根拠は、不十分であるとしても存在するのは否めないでしょう。

    このようなことは次の投稿で論じたいのですが、忙しい二日間でしたので、明日になると思っています。

    最後になりましたが、私を日本人と思ってくださって、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。