平成28年を省みる

今年が終わりかける中で、省みりたいと思う。この投稿を楽しみにしている方もいるそうだから、欠かせない。

世界的に平成28年は良くなかったと私は思う。イギリスがヨーロッパ連合の離脱を決めたし、アメリカがトランプ次期大統領も決めた。シリアで内戦が続いたし、アレッポが大きな悲劇になった。難民問題がさらに発展したし、テロも相次いだ。ブラジルで大統領は弾劾されたが、それは陰謀とみなす人は少なくない。一方、韓国の大統領も弾劾になったが、それは市民の意思に従う結果だそうだ。日本では、熊本地震を始め自然災害が続いたし、天皇陛下のお言葉もあった。その中で、私の一年はどうだったろう。

真由喜もゆり子もいい一年間だったが、ここで私のことに焦点を絞る。今年は完成の一年間だった。

3月に川崎市の外国人市民の調査は完成。インタビュー調査の報告書は刊行された。川崎市外国人市民代表者会議のニューズレターの翻訳で、会議の審議で調査の結果を使用していることもわかったし、私が委員を務めさせていただいているもう一つの市の委員会でも使用している。貴重な基盤となっているし、市の行政は5年ごとに実施する方針を持って動いているので、これは成果の一つである。川崎市の外国人市民に対する政策に貢献すればと思う。

そして、4月にArs Magicaの最後の一冊は出版されたので、その13年間以上のプロジエクトが完成された。それ以来、距離を置いてきた。20年間携わったことは、休憩したくなるのは自然だろう。それでも、私の誇りの一つであるので、休憩してから戻るとも思う。

5月に、日本国籍を取得した。申請過程は長かったし、日本での生活の括りでもあったので、大変嬉しく思った。

6月に、このブログの毎日更新を辞めた。それも完成の一つである。確かにこのブログはまだ更新しているが、10年間以上続いてきたプロジェクトが6月に終わった。

このように見れば、今年の後半は新しいプロジェクトを探すことになった。英語教師の仕事は順調に進んでいるので、節目はないし、大きな変更も予想していない。市の委員会や国際交流協会のイベントなどにも参加させていただいたが、それも大きな節目はなかった。実は、この半年でちょっと喪失感があった。Ars Magicaは23年にわたるプロジェクトだったし、ブログは10年間で、調査は合計で7年間、帰化は2年間。これほど大きな存在が一気になくなると、寂しい気分があるのは当然だろう。

今年の漢字は「完」とする。

今年の抱負の評価

今年の1月2日には、今年の新年抱負を投稿した。ここで、達成したかどうか評価したいと思う。

  1. 防災準備の次の段階に進めること。具体的には、消火器を買ったり、簡易トイレなどの1週間の待機に必要なグッズを整えて、家族の連絡方法の再確認や真由喜との相談をすることだ。
    • 進んだが、まだ完璧ではない。来年も同じような抱負が必要となるだろう。
  2. オフィスを整理する。私の仕事部屋には本や書類は多くて、片づけなければならない。去年も目指したが、ちょっと進んだとはいえ、まだまだ。今年こそ、一旦整理したいと思う。(これは簡単な目的のつもりだ。)
    • これもかなり進んだ。特に、長い間ごちゃごちゃだった棚を整理して、キャビネットの中の書類の整理もかなり進んだ。簡単な目標として解釈すれば、できたと言えるだろう。ただし、まだ完璧ではないので、来年も最後までやり遂げるようにするかな。
  3. 購読する『Nature』『Guardian Weekly』『神社新報』を完読する。去年できた目的だから、大丈夫かな。
    • できました。年末年始に届く号しか残っていない。
  4. 論文誌の2014年分と2015年分を完読する。去年と相当する目標だから、これも大丈夫かな。
    • これもできた。2016年の論文誌にも入った。
  5. 上記の論文誌を含めて、英語の75冊と日本語の25冊を読む。今年も目標を超えたいのだが、とりあえず去年と同じ目標を立てる。
    • できた。英語は130冊を超えて、日本語は30冊を超えたので、問題ない。
  6. スマホが計る毎日の歩数の平均を7500歩を超えさせること。今でもこれに近いが、600歩程度足りない。だから、平均を12分の1で上げるのは現実的な目的だと思う。神社の日参りは大きく貢献している(それ2000歩になるからだ)が、どこかでもう少し入れなければならないのは事実だ。試行錯誤でするので、達成基準は12月の月の平均が7500歩を超えることとする。できれば、それより早く達成したいと思うけれども。
    • これもできた。実は、年間の平均も7500歩を超えている。7700歩になっているので、満足できる。
  7. 真由喜との遊びをこのまま続けること。年2回の二人旅と月1回弱の1日の遊びは、心地よい。もちろん、常日の遊びもあるが、計画的な遊びでこれは良い。維持できると良い。
    • できた。旅行はハワイアンズと京都だったし、1日の遊びも怠らずにできた。
  8. Kannagaraの計画の1段落を完成させる。この抱負の書き方はわざと曖昧である。なぜかというと、先日触れたように、そのプロジェクトの戦略を考えている。後日詳しく説明するが、一旦分割して、部分的に完成してから合併してそもそものKannagaraの形を完成させた方が効率的なのではないかと思っている。まだ決まっていないので、曖昧な表現にする。
    • できていないと言えるかな。実は、1段落進めて、試してもらったが、それで止まってしまった。
  9. 神道の英語での紹介を形にすること。これも、具体的な案はまだ検討中だが、今年何かしたいと思う。
  10. 何かを辞めたりして、生活のバランスを取り戻す。これは重要な1点である。昨年明らかになったが、やっていることはちょっと多すぎる。まだ辛うじて維持できる状態だが、疲れているのは普通の状態になっている。他のことを楽しくするために、そして精一杯でこなすために、余裕を作らなければならない。
    • まだ生きているので、何となくできた証拠だろう。この目的はいつまでも続くと思うので、来年もバランスを取ろうとする。ただし、昨日報告したように、創造をやめることにしたので、より簡単にできるのではないか。

全体的に見れば、悪くないと言えよう。来年も頑張りたいと思う。

創造の位置づけ

創造は重要である。このブログを読んでくださった方にとっては、これは驚くほどの発言ではない。英語では「Art」という言葉を使うが、日本語でぴったりの訳語はない。美術も狭いし、芸術も狭いし、「作品」だけなら過程より物を指す。小説も絵画も踊りも演出もこの概念に入る。大きく言えば、生活に必要とならないことを作成する行為を考えている。

このような創造は、文明の目的の一つであると私は思う。安定した社会を確保する理由は、市民にこのような作品を作るための余裕を与えるためである。このような創造は、何のために存在するかではなく、このような創造のために社会が存在するという立場だ。

それでも、来年からしばらくの間このような創造をしないつもりになっている。理由は複数ある。

まずは、もうした。Ars MagicaもTamaoも『椿堂』もそのような作品だ。皆が皆このように創造すべきであるとは言いたくないが、私はそのような人間であるとしても、もうできた。他の目的に時間を費やしても構わない状態になっている。

そして、別な意味で創造することはやめない。新年の抱負の投稿で詳しく説明するが、芸術的ではない創造もある。

その上、二つの大きな理由がある。

一つは、創造はお金にならないことだ。私には家族の大黒柱になる責任を背負うので、それを果たさなければならない。創造がお金になったら話は別だが、そうならないことは普通だし、私の場合でもある。お金になることに時間の多くを注がなければならないので、創造のための時間を割くのは難しい。

そして、社会はこのような創造のためな仕組みであるとしても、必ずしもその役割を果たすとは限らない。現在の社会は、その役割を完璧に果たしているとは言えないので、環境の整備に時間を費やすべきだと思ってきた。このきっかけは今年の世界中の予想外の結果である。イギリスもアメリカも好ましくない方向に向かっているので、日本が逆にさらに良くなるように貢献したくなった。ただ自分の問題と取り組むのは良くないと思ってきた。

それも、お金にならない。(川崎市の委員会にも報酬があるが、生活の基盤に至らない。)だから、仕事の合間を縫って取り組むしかない。そうすれば、創造する時間が完全になくなるのではないかと思っている。少なくとも、その余裕があるように計画を立てるのは良くないだろう。

要するに、重要な活動であるが、私個人にとって、暫くの間できないと判断して、休む。

またまた問題

今日、長い間このブログにアクセスできなかった場合もあったと思う。なぜなら、また大きな問題があったからだ。サーバー会社で私のアカウントに不審な削除できない4ギガのデータが入って、メールも届かなかったし、ブログの更新などもできなかった。当然、会社に連絡しましたが、返事はなかなか来なかった。実は、今でも届いていない。

だけど、ブログもメールももう大丈夫だ。別な会社と契約をして、ブログを引っ越した。

新しいサーバー会社になったので、何か問題をお気づきになったら、コメントなどでお知らせをお願いします。

12年前にサーバーとドメインを別々にした理由は、サーバー会社を変えなければならない日が来るだろうからだった。やはり、正しい準備だった。バックアップを作成することも、もう一つのドメインとサーバーを持つことも、このような危機に対応できるために持ってきた。その結果、昨日からの問題は「めんどくさい」のレベルを超えなかった。防災は同じ感覚だね。震災などを防ぐことはできないが、適切な準備をしたら、その打撃をかなり和らぐことはできる。