月: 2017年2月

民間の迷惑

一人の民間人がある行動を拒んでも、それは法律が関与する迷惑に当たるのだろう。原則として、そうではないと言いたいのだ。理想は、自分のやりたい行動を思うまま実現できる状態だが、他人の予定や行動と不合致することは少なくない。恋 […]

法律と迷惑

法律は、迷惑とどう対応すべきかは、重要な問題である。法律の重要な役割は住民の間の対立が自然に解決されない場合、その解決を命じることだ。迷惑の処分はそのことに当たる。つまり、刑法に当たることは少ないと思う。刑法に管轄される […]

構造的な迷惑

アメリカのような共生共存のやり方の大きな利点は、ある種の人には問題があれば、完全に無視することは難しい点である。自分の立場を強調し合うので、自分の感じる不便や差別をすぐに明らかにする。そして、そうすることは、社会的に認め […]

迷惑

今朝のNHKのラジオニュースで、スポーツ関係のニュースは二つあった。一つは、あるゴルフ場は女性を正社員として認めないことで、国際オリンピック委員会が改善を求めたが、そのゴルフ場の理事の一人がその請求は「迷惑」であると主張 […]