祓え論:その1

祓えは、穢れを除ける儀式であることは言うまでもないだろう。しかし、穢れを正しく整っていない状態と定義したら、祓えの意味は具体的にどうなるだろう。何かは整いっていなければ、整理したら良いのではないか。それは、特別な儀式は不要だろう。

確かに、そのような場合は少なくない。穢れをこのように見たら、神道の実践の一部は物事を適切に整理することである。それは沐浴から生活の全体像まで及ぶが、それは神道的な生活の一部であると言えても、確かに儀式は不要である。では、儀式の位置付けをどうしよう。

まずは、人間は完璧なものではないので、日常生活で行動などがずれることはある。そして、世界はややこしいので、仕方なく身の周りには整っていないものが発生することも多い。それは良くないと認めるが仕方がないことも認めて、祓えの儀式でその不整理を払拭する。この儀式で、理想も現実も認める。理想は、整っていないものはない状態だが、それは実現できない。しかし、その事実のため儀式の必要性が発生する心理で、理想を手放さない。無理があるものの、理想として維持する。この意味は、普通の祭りの前の祓えの意味になる。思わず思わず積んできた罪穢れを落とすための儀式である。ただし、この意味の祓えは、なるべく穢れを実践的に整理する行動を前提とする。

もう一つの意味は、意識するものの整理できない穢れの対応だ。重要な一種は、過去の不整理だろう。過去の問題であれば、もう整理できないのは決まっている。それに、現状でもなるべく直そうとしてもきちんと整理できない部分を祓えで片付けることもできる。ある意味、これは心残りの処理であるといえよう。つまり、無意識の穢れが発生することを認める祓えと同じように、実際に除けない穢れを処理する儀式である。それで、精神的に落ち着いて前向きに取り組めるようになるのは目的だ。つまり、過去の問題についてずっと悩んだりせずに、現状を受け入れて将来に向かっていくことだ。これは、個人の穢れの意識に基づく意味だから、悪用されるおそれはない。本人は何かを穢れの問題として解釈すれば、当然整理しようとする。全力でそうするに違いない。祓えは、全力が足りない場合に備えた手法である。もしかして、実際に片付けられるのにその手法に気づかず、祓えを選ぶ場合もあるのではないかと思われるが、その場合でも問題にならないだろう。本人の意識で問題は解決されたら、それは解決であるからだ。全てが適切な状態になっている。

祓えには3つ目の意味があるとも思う。この意味はより難しいので、次回論じたいと思う。

穢れ論:その2

英語のエッセイの研究を進めたら、「禍事」は「曲がる」からくる言葉であることに気づいたが、これも穢れと不適切な場所の論理に合致するので、この考え方をさらに進めたいと思う。

一番関心のあることは、「適切な場所」の定義である。どう定めたら良いのだろう。一律で定めることはできないだろう。

例えば、神社の参拝や服装を考えよう。肌を露出する服装はダメだとよく言われますが、男性も女性も参拝できる。巫女も奉仕する。一方、相撲を考えよう。土俵は神聖な区域であるが、力士が褌姿で入るし、女性は入ってはいけない。では、神聖な区域に入るための規則はなんだろう。褌姿で神社に参拝したら良いのだろうか。適切な服装は、環境などによって異なる。それは一般的な話だ。土と墨の話もそうだった。

まずは、個人的な穢れは、その個人が適切に整っていないと感じる状態を穢れとする。病気も気持ちも服装も同じだ。個人的なことについて、他人は口を出すことはできない。本人は不適切だと感じたら、精神的な影響があるし、穢れとする。一方、本人は整理されていると感じたら、その人にとって穢れではない。

しかし、神道は個人主義だけではない。もう一つの整わない形式は、社会の秩序に合わないことだ。女性が相撲の土俵に入れば、この意味で穢れを齎す。その女性の個人的な気持ちはどうでも良いのだ。相撲界の秩序を乱したので、穢れになる。共同体に入ったら、その共同体の秩序を守らないと穢れになると言える。共同体の立場から見れば、適切な状態ではないからだ。

このように考えれば、広く穢れになることはあると思える。傷や病気な顕著な例だろう。しかし、例えば近視は病気であるかどうかは、意見が分かれるだろう。病気ではないと思ったら、つまり近視でも適切であると感じる人は、近視を穢れとして感じない。特にある状態は自分のアイデンティティの一部であると思う人は、その状態を穢れとして考えることはない。一方、同じ状態を自分の場合大きな逸脱や乱れであると思う人は、穢れを強く感じる。穢れの意識はどれほど共有されるか、どれほど個人差があるかは、調べないとわからないが、最近の障碍者権利の運動を見れば、もしかして個人差は意外と広いのではないかと思わざるを得ない。盲目であることさえ適切であると思う人もいるので、何の病気でも穢れとして捉える意識は共通しないかもしれない。

共同体も同じだろう。田んぼの畦を壊す行為を穢れとみなす共同体は殆どだろうが、農業と完全に離れた共同体は気にしない可能性もある。このように神道の多様性を保つことができる。一方、個人主義が蔓延しない。共同体の秩序から逸脱すれば、穢れになるからだ。

穢れがあれば、お祓えだ。次回、その意味や位置付けについて考えたいのだ。

穢れ論:その1

今、英語の神道についてのエッセイを書いているが、そのテーマは穢れとお祓えである。それで、穢れは何かと説明しなければならないので、その神髄について考えていた。英語のエッセイでいわゆる正当な解釈しか述べないが、それに基づいて考えてきたことはこのブログで公表できるので、そうする。

糸口として、穢れの原始的で素朴な形を考えよう。それは汚れである。汚れは何だろう。すぐにわかると思われるが、一般的に言えばそれほど単純ではない。例えば、靴に土がついたら、それは汚れた靴であるが、花壇に土があっても、花壇は汚れていない。同じように、着物に墨がついたら、着物は汚れてしまうが、和紙に墨をつけても、汚れているとは言えないだろう。汚染も同じだ。放射能漏れでも、原子炉の中であれば、汚れではない。つまり、汚れは、不適切な場所にあるものであると定義しよう。

では、穢れは同じであるとしたら、具体的にどういう意味になるだろう。穢れは、適切な位置から乱れたものである。

血が穢れとなるのは、肌が切られ、血が流れる場合に限るが、それは明らかにちが適切な場所から逸脱した場合である。(ちなみに、この考え方を取れば、月経の血は穢れにならない。なぜなら、流れるべきであるからだ。)病気も、体の均衡が乱れているか、細菌などが不適切に体に入っていることなので、同じ概念に含まれる。

そして、大祓詞の罪穢れを見たら、同じことになると言える。例えば、畦を壊すことは、盛り土を適切な場所から出すことだ。重ね蒔きは、種を不適切な場所に蒔くことなので、また同じだ。生き肌を切ることは、血を乱れに流れさせることでもある。母と娘を犯すことは、適切な性的関係を逸脱ことなのだ。

内心的に考えれば、穢れは安定していない気持ちを指す。そのような気持ちは落ち着いたところにはないので、そのように整えた方がいよい。それができるまでに、穢れて、気力が劣るだろう。このような、「気が枯れる」の「穢れ」の解釈とも結びつく。

一見見れば、もしかして穢れはただ悪いことと言っているのではないかと思われるかもしれないが、ちょっと違う。この穢れの概念の前提は、何かに適切な場所があることである。つまり、整理するべきであると考えている。穢れは良くないことの基本であれば、体を洗わないことは、他の人に傷をつけることと同じような行為になる。それは、西洋の善悪の概念と大きく異なるので、ないようなないとは到底言えない。そして、秩序や作法または清潔を重視する日本人の考え方に相応しい概念だと言えるのではないか。

それでも、このぐらい抽象的な言い方なら、内容は確かに不明であるので、続きでより具体的に考える。