「短歌」への1件のフィードバック

  1. 20年ぶり、神様お引っ越し…鳥海山で式年造替

    山形・秋田の両県にまたがる鳥海山(2236メートル)の山頂付近にたたずむ鳥海山大物忌おおものいみ神社(山形県遊佐町吹浦)で、20年ごとに本殿を建て替える儀式「式年造替しきねんぞうたい」が厳かに執り行われた。
    日夜の「本殿式年遷座祭せんざさい」では、新しい本殿にご神体がうつされ、儀式が締めくくられた。
    鳥海山は古くから信仰の対象で、「大物忌神」として崇拝されてきた。江戸時代前期には、既に式年造替を実施していたとの記録も残っている。
    新しい本殿は、高さ約2・1メートル、幅と奥行き約1・95メートル。梁はりなど一部は、2013年に社殿を造り替えた伊勢神宮(三重県伊勢市)から譲り受けたヒノキの古材だ。
    本殿式年遷座祭では、月の明かりに照らされる中、本殿までの通路に白い幕が張られ、神職らは、ご神体と本殿に入っていった。
    ご神体をうつす役割を担った高橋広晃宮司(62)は「遷座を経たことでさらにご神威を高め、参拝者の安全を見守っていただきたい」と感慨深げに話した。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170708-OYT1T50148.html

コメントは受け付けていません。