ハワイアンズ

今週の月曜日は真由喜の小学校の振替休日になったので、二人で旅行に出かけた。今回は、真由喜が選んだ行き先だったので、いわき市にあるハワイアンズに一泊してきた。いつもの通り数ヶ月前に予約したので、真由喜が旅を相当楽しみにしいた。しかし、出発日が近づくと、天気予報が怪しくなってきた。前日になったら、予報を何回も確認して、真由喜に行けなくなる可能性を言った。だから、日曜日になったら、窓の外を心配しながら見た。

雪はなかった。JRのホームページで確認したら、雪が問題になっていなかった。踏切の問題で遅れが出ていたが、私たちが予約した列車まで影響は及ばなかった。だから、喜びながら、予定通り出発した。最近、いわきまでの特急列車ひたち号が品川駅から始発するようになったので、上野まで行く必要はなかった。2時間30分ぐらいの道のりだが、特急で快適にできた。下車は湯本駅だが、降りたら真由喜にはホームの足湯が気になった。あいにく、ハワイアンズへのバスに乗らなければならなかったので、その時試すことはできなかった。駅からハワイアンズまでのバスは無料だし、特急に合わせられるので、簡単に行けた。(ところで、新宿からの無料送迎バスもあるようだが、真由喜はバスで酔ってしまうので、主に電車にした。)

ハワイアンズで、すぐに提供された服に着替えて、お昼を食べに行った。ちょっと遅めに着いたので、営業中の飲食店は少なかったが、蕎麦屋さんはやていたので、真由喜が好きな食事はできた。(ところで、部屋番号で支払えたので、便利だった。)そして、部屋に戻って、水着を持ってプールへ向かった。プールで、「フィシュ・ゴ・ラウンド」という流れるプールがあるが、真由喜が気に入って、735回回った(と感じた)。浮き輪に浮いたり、ゴーグルをして潜ったり、ビーチボールをお互いに投げたりしたので、楽しかった。

晩御飯はバイキングだったし、真由喜の好きなポテトや唐揚げもあったので、真由喜は大満足だった。野菜も食べたし、私に「もっと野菜を食べなさい」とも戒めた。晩御飯の後で、夜のフーラガールショーに遅れそうだったので、ダッシュで会場に向かった。2階に上がることになったが、結局ちゃんと見れた。やはり、日曜日の夜は、それほど混んでいない。それでも、1階で座席は取れなかったので、客さんは結構いた。

ショーで、真由喜にはファイヤナイフの踊りが特に気に入ったようだ。その演奏で、火を手で取ることもあったので、驚いた。そして、火の妖精と氷の妖精が出た踊りも印象的だったようだ。

次の日の朝ごはんの後で、施設が開くまでに出る準備をして、開いたらすぐに流れるプールに入った。また数百回回った(はずだ)。そして、記念写真を撮ってもらって、お昼を食べて、またショーを見た。ショーの後で、帰る準備だった。帰りで、湯本駅で待つことになっていたので、真由喜はやっと足湯を試すことはできた。気持ちは良かったそうだ。

真由喜はいつも1泊の力の短さを嘆くが、やはり短く感じるね。その一方、ちょうど私の週末に入れたことは良い。そして、平日のハワイアンズはちょうどいい混み具合だった。寂しくなかったが、お昼の飲食店でも3人程度待てば注文できたし、座る場所も取れたし、プールで自由に遊べた。今年の春の親子旅行はかなり前倒しになったが、戦略として良かった。

では、次回を考えなければならない。

仙台と松島

東北の旅行の主な拠点は、仙台だった。私が旅行すれば、よく朝早く出発するが、今回は家族で行くことになっていたのでお昼ぐらいの東京発の新幹線に予約した。新幹線でお昼を食べて、仙台に着いたらすぐにホテルにチェックインした。1日目の予定は、ゆり子の母と晩ご飯することぐらいだったので、ゆっくりした。ただし、私の母は、ちょっと外に出て散歩したいと言ったので、地図を見て、ホテルに近い公園までの散歩に出た。

公園で、ゆり子と真由喜が舞台の上の踊りを観賞する公園に着いたら、「みちのくYOSAKOIまつり」が開催されていた。コンテストの途中だったので、公園に立ち止まって、30分以上踊りを楽しんだ。特に、名古屋からの団体がかぐや姫をテーマとした踊りを披露して、旗などを使って背景も組み立てたし、圧迫された。(写真は撮っていないし。夢中になったためだろう。)真由喜もこの踊りはお気に入りで、会場を出たら道で自分の創作踊りを披露した。

ビルの隙間から紫色の夕焼けが見えるそして、仙台駅に戻って、ゆり子の母と合流して、夕食した。駅前のデッキから、素晴らしい夕焼けが見えたので、それも写真を撮った。そして、せっかく仙台に来ていたので、牛タンを食べに行った。あいにく、母は牛タンのファンにならなかったが、私は好きなので、母が残して分も食べた。(体重がちょっと増えたけれども。)食べながら、ゆり子の母が、名古屋から仙台までフェリーに乗った話をした。時間がかかるが、お金はそれほどかからないという話だった。ゆっくり行く移動は、私も好きなので、いつか試すのかな。一方、電車の旅も好きなので、結局仙台は新幹線だろう。

とにかく、翌日は日帰り旅行を計画して、松島に行ってきた。天気は曇り時々雨だったが、雨はひどくなかったし、降らない合間も多かったので、充分楽しめた。松島海岸駅は11時過ぎに着いて、先に案内本で見つけたレストランに向かった。三連休の最中の日曜日に、さすがに松島は混むだろうと思ったので、お昼の工夫だったが、大成功だった。レストランが開店する瞬間に入って、最初は私たちだけだった。だから注文はすぐに来たし、美味しかった。私は、カキフライの定食を食べたが、ちょっと久しぶりだった。

それから、瑞巌寺を観光した。平成の大修繕の途中だから、本殿は見えなかったが、普通に公開されていない廟などは見えた。そして、大震災の被害を実感できた。瑞巌寺は、8年前にゆり子と一緒に訪れたが、その時参道を囲む杉林は印象的だった。しかし、津波の影響でその杉が枯れ、植樹工事が途中だった。数百年後、その前の姿が蘇るだろう。

松島の島の一つ。島には穴が見える。松島といえば、遊覧船だろう。瑞巌寺の後で、遊覧船に乗って、島を会場から楽しんだ。母は、グリーン券を買おうと言ったので、二階のグリーン席に座った。そして、一部後ろのデッキに出て、風景を楽しめた。

やはり、松島湾の島々は感動的である。イギリスにはそのような島は存在しないので、母にとって新鮮な経験になっていたようだ。ただし、風はちょっと強かったので、湾から出て太平洋になったら、船がかなり揺れた。島の上がり下がりも面白かったが、やはり真由喜がちょっと酔った。

仙台に戻ったら、夕食を食べて、ホテルに戻ったので、旅の前半はとても楽しかった。

日本舞踊とバレエ

真由喜は、日本舞踊もバレエも習っている。当然、私が日本舞踊を推薦したし、ゆり子はバレエを推薦した。2年間以上の経験に基づいて、比べたいと思う。

まず、日本舞踊の月謝は確かに高い。しかし、それは6回のマンツーマンの30分のレッスンの授業料になる。バレエは安いが、週1回の団体でのレッスンの授業料である。同じように、発表会の費用は、日本舞踊のほうが高い。(月謝と同じく、2倍程度である。)しかし、バレエの発表会で真由喜が団体の一員として5分ぐらい踊るが、日本舞踊の発表会でソロで合計10分程度踊る。つまり、日本舞踊の費用はバレエの2倍になるが、真由喜の経験も2倍になると言える。(その上、バレエの発表会は撮影禁止だが、日本舞踊の場合、撮影しても良いと言われたので、自分のビデオも撮れた。)

(ところで、日本舞踊を藤間流の藤間恵都子先生に習っている。教室によって、費用が異なると言われている。特に、発表会の費用が10万円を超える場合もあると聞いたことがある。)

つまり、経済的には均衡にあると言えよう。日本舞踊のほうが高いが、その費用に応える内容もある。

では、内容はどうだろう。両方は踊りだし、舞台の上の踊りだから、踊りには話がある。共通点は実は少なくない。

しかし、相違点も明らかだ。日本舞踊とバレエの絵を見せられたら、見間違いすることはないだろう。これで、好みの話になる。

私は、日本舞踊のほうが好きだ。バレエは、細くて柔軟ではないと無理だし、若くない人はうまくできない。排他的な踊りとも言える。一方、日本舞踊は、体の形をあまり気にしない。着物を着るので、体はほとんど隠れているし、年を取っても踊れる踊りである。でも、この相違点を越えれば、また共通点は多い。両方は、体の繊細な動きと優雅な身振りを魅力とする。だから、習い事として、上品な動き方を教える。集中力と音楽の感覚を習うことも共通だ。そして、衣装は大きく異なるとはいえ、子供が特別な印象を与えることは共通である。(日本舞踊を習う男子は、バレエを習う男子より少ない。私が真由喜をお稽古に連れて行ったら、部屋の中の唯一の男性になる。)

もう一つの相違点は、バレエを習う女の子は多いが、日本舞踊を習う子は少ないことだろう。ちょっと珍しい技を持つことも良かろう。

私は、日本舞踊のほうが好きなのは分かっただろうが、それは日本の伝統文化の一部であるからだろう。西洋文化に憧れる方は、バレエのほうが良いのではないか。真由喜はまだ興味を持っている限り、両方を習わせたいと思う。

秋田県

旅行の最後の日は、前日降りた列車にまた乗ることになったので、早起きは不要だった。私が朝風呂をして、また露天風呂に入れたが、真由喜はやりたくなかった。朝ご飯はビュフェで美味しかったし、出発する前に部屋でゆっくりできた。ただし、真由喜がアイカツゲームをやりすぎて、電池切れになりそうだった。そのため、列車に乗ったら、遊べなかった。

だから、景色を見たり、私と話したり、見た映画の面白いシーンを再現したりした。楽しい時間だった。

秋田市を見下ろしている真由喜列車は途中で進行方向を変えたので、私たちの車両が一番前の車両になった。車両の前には展望があったので、真由喜に「行っても良い」と言ったら、積極的に見に行った。その場で、別な家族の息子さんと出会って、すぐに仲良くになった。一緒に遊んだり、写真を撮り合ったりした。秋田駅に着いたら、私たちは秋田市での観光の余裕を持ったし、他の家族も余裕があったので、駅でまた合流することにした。その前に、私と真由喜はうどんを食べに行った。レストランの建物も面白かったし、うどんも美味しかったし、真由喜の大好きなかき氷のデザートもあったので、大満足だった。それから、千秋公園に足を伸ばして、秋田城跡の丘を登って、秋田市の眺めを楽しめた。

駅に戻ったら、リゾートしらかみからの家族とまた会って、真由喜と息子さんが楽しそうに遊んだ。そのような偶然の出会いは本当に良いことだし、旅行の楽しみの一つだ。

帰りは秋田新幹線で、長い道のりだった。真由喜が寝たが、私の膝枕だったので、足が痛くなり始めたら起こした。起こされたのでちょっと不機嫌だったが、東京に到着する前に直った。帰宅は10時半だったが、翌日も祝日だったので、真由喜は大丈夫だった。

今回の旅は本当に良かった。真由喜もご機嫌だったし、たくさんの体験などを楽しめた。そして、ゲーム機の役割も大きかった。やはり、計画ができるように、待ち時間を入れなければならないが、子供がその間退屈にならないように、ゲーム機は最適。イヤホンも持ったが、場合によって真由喜が消音して遊んだ。もちろん、ゲームばかりするのは良くない。それは、うちでもできるからだ。しかし、旅行先の楽しい機会があれば、真由喜が楽しいことをした。ゲームは、その間の時間潰しに利用した。これからも持って行くだろう。

そして、ゆり子は静かな家で楽しめたそうだ。それも旅の重要な役割の一つである。

次回の旅の予定をもう考えている。楽しみ!