仕事

執筆と授業

先日、私にとって長らく望んだ機会が与えられた。TRPGの世界が分からない人はさっぱり分からないが、Dungeons&DragonsのForgotten Realmsと言う架空な世界を舞台とする作品を発売することができるよ […]

Ars Magicaの経験

去年の大晦日を以て、Ars Magicaの監督役を退任した。14年間の大仕事で、左で5版のほぼ全ての本が見える。(最後の1冊は後ほど刊行される。)これは、重要な経験になったと感じる。 まず、Ars Magicaを監督する […]

TRPGの多様性

最近、TRPGの業界(「業界」と言えるかな。大袈裟だろう。)で、多様性が大きな話題になっている。それは、TRPGの登場人物の多様性でもあるし、作者の多様性でもある。過去を見れば、異性愛者の白人の男性は圧倒的に多かったので […]

創造と枠

創造は難しい。 このブログの投稿もある意味で創造であるが、それはもう難しくない。9年間以上練習してきたので、すぐに書けるようになった。話題に思いつくのは難しいので、メモをする。書きたいことがあれば、メモする。今のところ、 […]