北川景子氏の『30』

本日、北川景子氏の第2弾の写真集の『30』が発売された。もちろん、予約注文したので、今日届いた。この投稿で感想を書かせていただく。北川さんに興味はない方や、まだ写真集を見ていない方は、これより先読まない方が良かろう。北川さんに興味をもって、まだ写真集を買っていない方には、オススメである。

この投稿は書評より、感想だから、主に写真集を見ることができる方を対象とする。

今回の写真は、前回の『27』より大人らしくなると言われたが、それはどういう意味かは正直わからない。確かに、北川氏が30歳になってきたし、顔立ちなどには変更が見えるが、無邪気な遊び心が見える写真は今も少なくない。そして、個人的な好みといえば、フィレンツェで撮られた写真は一番気に入りだが、第一弾は宝塚の男役に似ていると思うのは私だけだろうか。

「大人らしく」というべきかどうか分からないが、『27』と比べたら、相違点があると思える。簡単に言えば、『27』の写真は主に「パリーでの北川さん」の写真だったが、『30』の写真は主に「北川さんが出る芸術作品」である。インタビューでも触れられているが、ロケや服装の組み合わせを考えた上で、ポージングや組み合わせで客観的な美を生み出そうとしたような気がする。もちろん、写真に詳しくないので、さらに写真集なら北川さんのものしか知らないので、この意見には根拠は強くないだろう。インタビューで「ありのままの姿を見せたい」とも言っているが、それは主に東京での写真だろう。イタリアは、まぁ、一流女優の北川さんであれば、ありのままかもしれないが、現実とかけ離れた印象も強いのだ。

これで、原因の一つになったのかもしれないことは、インタビューも、握手会についての北川さんのラインでも浮上した。北川さんの結婚によって、離れてしまったファンも生じたことだ。そして、今回の握手会の参加者の7割は女性だそうだが、『27』の握手会では、男性は女性の倍ぐらいだったとの印象だった。(前回、私は参加したが、今回他の用事と重なったりしたので、参加しない。)つまり、離れたファンの大半は男性だったようだ。それを考えると、写真集を買った人の過半数は女性だったのかもしれない。北川さんのような美人であれば、特に美術性に拘らなくても写真集を十分楽しめる。しかし、女性は同性愛者ではない限り、同じような効果はない。だから、満足を得るために、写真の美術性にさらに拘る必要があるだろう。もちろん、『27』でも、単純に北川さんの美貌に頼ったわけはないが、上記の通り、『27』は「北川さんの写真」だったことに対して、『30』は「北川さんが登場する作品』になっていると言えよう。

ところで、この結婚離脱の問題はちょっとわかりにくい。男性のファンの多くは本当に結婚を目指してファンになったのだろうか。ファンであれば、個人的な関係を得るような夢を持つのは当然だが、夫婦以外の関係は多いし、配偶者は一人しかいないので、その心理は本当に分からない。北川さんが正直にこの問題を指摘したことから、解消に動くように願う。

そして、インタビューは興味深い。私も作品を出すキャリアをしてきたので、ファンの反応の重要性はよくわかる。私の場合、ファンは非常に少ないので、やる気が低迷することは少なくない。ただし、単純にファンを喜ばせるために働くのはよくないと私は思う。自分に現したい作品を実現させることも重要だと強調したいのだ。ファンに人気を博しない作品にも価値がある場合は少なくない。もちろん、作品だけを考えるのもよくない。誰も興味を持っていなければ、作品の意味の大半が失われる。一方、数少ないの人が好む作品にも価値がある。ファンの反応は一部に過ぎない。

最後だが、北川さんの白無垢の写真は大変美しい。妻の白無垢を思い出すほどだ。一般に妻は北川さんより美しいとは正直言えないが、その姿は、やはり妻の方が麗しい。

『家売るオンナ』

家売るオンナ』とは、先週放送が終わった北川景子さんが主演したドラマである。視聴率は夏のドラマの最高位だったので、ご存知の方は多いと思うが、本当に面白かった。私も、私の家族もファンになって、毎週の放送を楽しみにしていた。見たきっかけは、私は北川さんのファンであることだったので、前もって北川さんの演技は最高であることを述べておきたい。役柄は普通ではないが、「無表情」を演じても、キャラクターの気持ちをちゃんと演じることはできた。その上、脚本も良かったし、他の出演する俳優もよくできたし(特にイモトアヤコさん)、演出は全体的によくできた。まだ見ていない方がいれば、オススメする。コメディーだから、笑えると確信する。

これから、ドラマの内容について書きたいと思うので、ネタバレが多くなる。まだ見ていない方は、見る前に読まない方が良い。

“『家売るオンナ』” の続きを読む

北川景子さんは神道なのか

一昨日、私のブログの公表回数が急に1日500回に上った。そのような数字は前はなかったし、毎日の更新を止める途端記録更新になるなんて、ちょっと悔しい。データを見れば、その理由は「北川景子 神棚」で検索した人は多かったようだ。確かに、「北川景子」をカテゴリーとしたので、すべてのページに表示されているし、神棚についてのページもあるが、今回の投稿まで、関係はない。だから、その検索で私のブログに辿り着いた人はがっかりしただろうと思う。

でも、なぜその検索があったのか、調べて見たら、一昨日のバラエティ番組で北川さんが朝の最短の15分のスケジュールを披露して、その中で神棚があって、お水を替えて朝の挨拶をすると仰ったからだと思える。最短の朝に入れたら、普段の朝にも入れると思っても良いのではないか。つまり、毎朝神棚拝礼をすると思える。それが分かったら、検索の動機は簡単にわかる。確かに、現在の都市の若者で、珍しいことだ。

それに、北川さんの初詣はいつも早いし、お札を授与するそうだし(ブログなどで書いたことがある)。そして、結婚式の式は、神前式だったそうだ。神道式の結婚式を行うのはそれほど普通ではない。(ところで、最近新しく姉になった方と一緒に伊勢の神宮に参宮したようだが、それは特に深い意味はなかろう。観光として訪れる人も少なくないからだ。)

この証拠を合わせたら、確かに北川さんは神道の儀式に積極的に参加することは否めないだろう。神道に強い関心を持っている私にとっては、やはり良いことだな。その上、今まで完全に乖離してきたカテゴリーを初めて同時に使えるようになった。

ところで、番組で宣伝した新しいドラマの「家売るオンナ」は、今夜から始まる。楽しみだね。

北川景子さんとDAIGOさんのご入籍

昨日、北川景子さんとDAIGOさんがご入籍して、公式に発表してくれた。まず以って、ご祝福を申し上げる。上長くお二人らしく幸せに暮らせるように祈っている。長い付き合いの後のご入籍なので、将来は明るいのではないかと思っている。

この投稿で書きたいことは、この出来事にまつわる報道戦略である。どれほど意識しながら戦略したかは分からないが、対象者としてどう見えるかは、私にとって興味があることだ。そして、北川さんの側の戦略を考える。DAIGOさんがどうしたかは、よく分からないからだ。(ところで、北川景子さんの本名はもう「北川」ではないかもしれないが、発表などでまだ使っているので、私も使う。本人が選んだ呼び方であるからだ。)

記者会見で公表されたが、この付き合いは2年前から続いてきたそうだ。その間、報道陣の質問に応じない方針だったが、北川さんが一昨年のファミリーミーティングで黙認した。「今年嘘の噂も本当の噂もあったが、重要なことがあれば、私から発表する」との趣旨のことを言った。その嘘の噂は、明らかに喫煙者であるとういう噂だったので、本当の噂はやはりDAIGOさんとの付き合いだった。そのような黙認なども多かったし、DAIGOさんのコンサートにも出席したし、特に関係を持っていないファンでも、この交際の事実をよく知っていたと思う。だから、ご入籍の発表があったら、びっくりする人は少なかっただろう。実は、北川さんの公式Facebookには、もう6万6千人が「いいね」したので、ショックを受けた人はほとんどいないだろう。

そして、記者会見でも、北川さんは「自分にファンの皆様に言いたかった」と言った。ブログでの発表はLINEとFacebookにも公表されたので、多くのファンが直接に北川さんからこのニュースを聞いたに違いない。記者会見はその後で放送されたからだ。これも、前から感じたことを裏付ける。北川さんは、ある意味で個人的にファンとのつながりを感じているようだ。もちろん、ほとんどのファンの個人的なことは知っていないので、「ファンの皆様」は抽象的な存在だが、それでも個人的に絆があるかのように思っているようだ。(顔などを知っているファンももちろんいるが、それより広い気持ちに見える。)それは、本人も言ったが、Facebookなどの交流を可能とするメディアのおかげだそうだ。

前にも論じたが、昔からファンは憧れの有名人をよく知っているかのように感じてきたが、現在になって、有名人もファンについて同じように感じるようになったようだ。これは、もしかしてインタネットがもたらしたもう一つ大きな変化なのではないか。