お奨めの本

今日、北川景子さんがブログで奨められた本を求めました。コメントとして投稿としたんですが、文字の制限を越えて、できなかった。だから、ここで載せます。

さて、私も読書が大好きだから、お奨めの本のことなのですが、最近日本語で読んだ本は、神道や歴史についての本ばかりなんです。神道といえば、「神社若奥日記」という本を奨めます。著者は、神社の家族に嫁いれて、急に神道の世界に入ってしまった。本で、最初の一年間のできごとや反応を説明します。大変面白くて興味深いと思います。

そして、歴史なら、世界文化という出版社の「ビジュアル版 日本の歴史を見る」というシリーズを奨めます。写真も綺麗ですし、平仮名も多いですし(歴史的な言葉は多いですので、助かります)、説明は本当に基礎から始まります。渋谷のBook 1stで、4階(たしか。。。)で、入ったら右側、本棚の向こうが変わるところで、下の平のところで置いていると思います。先々週そうでしたが、それ以来行っていません。

英語の本といえば、ファンタジー系の本が好きなら、Guy Gavriel Kayという作者のTiganaという本は素晴らしいと思います。人間関係や性格が上手く描写されています。Guy Gavriel Kayなら、なんでもいいですが、Tiganaは一番だと思います。文学といえば、George Eliot(女性なのだが)のMiddlemarchはなによりいいです。長い本ですし、19世紀の本ですから、英語の勉強になるはずです。本当に私の大好きな本です。なんという、間宮兄弟のような日常生活の感じですが、数年間のことがあります。ぜひ、読んでください。

水に棲む花

北川景子さんが出演する「水に棲む花」という映画をゆり子と一緒に見にいってきた。結局、映画館で見ることにした。これも、楽しかった。レイトショーしかなかったので、昨日深夜に帰ってきて、ブログが書けなかった。だから今日のブログの話題として使いたいと思う。

もう言った通り、楽しい映画だった。客観的にみたら、間宮兄弟のほうがいいと思うが、水に棲む花は悪くはなかった。北川さんは悪役をするが、演技はまた良かった。キャラクターはちょっと大げさで表現するタイプだから、演技もちょっと大げさの場合もあったが、微妙な場合もあった。火野レイ役と間宮兄弟のゆみ役とまた違っているので、やはりさまざまな役ができるようだ。悪役はメーンではないが、いうまでもないよく出てくる役なので、そういう立場からも楽しかった。

北川さん以外、どうだったかというと、一応よくできたと評価するということだ。「あっ、すっごくいい!」とつい思ってしまう場合はなかったが、「いやぁ、下手だなぁ」と思ってしまう場合もなかった。だから、楽しい90分が過ごせた。ストーリーは、もう少し因果関係に気を付けたらいいと思うが、本当に間違いがあったようなところは一つしかなかった。セリフもちょっと不自然な場合もあったが、ただ漫画っぽいセリフだったので、それはわざとかもしれない。

要するに、わざわざ東京に上がり、映画館で見る必要はないが、ファンタジー系の映画が好きな人なら、DVDを借りたら、楽しい一晩になると思う。北川さんのファンではなくても。(すぐにDVDで出されると思う。どうしてかというと、一週間の一つの映画館の公開で、使ったお金が稼げないはずだから。映画の本質に応じ、DVDで結構設けるといい。)

ゆり子はファンタジー好きではないが、楽しんでくれたようだ。基本的には映画好きだからと言った。実は、偶然昨日は一日で、サービスの日だったので、切符は1000円だった。(それは、全国か、関東だけか、分からないが、東京周辺にはどこの映画館でも、一日は1000円だようだ。)だから、これから一日に二人で映画に行ったらいいなと思うようになった。できるかどうかは、やはり仕事の状況によってのことだが。残念ながら、私の夜の授業とか、ゆり子の残業などは、邪魔する可能性は高いと思う。

ところで、映画の予告で、他の俳優が出演したテレビ番組のタイトルで紹介されたのに、北川さんが「新人」として紹介されるし、チラシで「間宮兄弟、ワイルドスピード3」として紹介される。セーラームーンが行われなかったように見えるぐらい。それはどうしてかな。人気にならなかったからかもしれない。 シリーズも北川さんよくできたと私は思うが。

間宮兄弟

北川景子さんが出演する間宮兄弟という映画をゆり子と一緒に見に行ってきた。本当に楽しかった。私は、普通にそういうほのぼのの映画が特に好きではないと言うのだが、間宮兄弟は大変面白かった。ゆり子はそういう映画が好きだから、ゆり子も楽しんでくれた。後で、「北川さんの番はちょっと少なかったんじゃない、デイビッドにとって。」と聞かれてしまった。まぁ、確かに北川さんはない場面は多かったが、映画全体は楽しかったので、問題にならなかった。

が、やはり、北川さんの出演を見るために行った。ますます上手になったなと思った。間宮兄弟のゆみちゃん役が、セーラームーンのレイちゃん役と全く違っていると思うが、ちょっと不良っぽい女の子の態度や行動をよく伝えたようだった。ちょっと自身はない女の子役のように感じた。笑いすぎで、自分の恥を隠そうとした場合もあったが、ただ楽しくてたまらない場合もあった。区別して演技したような気がしていたので、尊敬する。私なら、本当の気持ちでもそういうふうに表現できないから。

脚本も面白かった。それは大事だと思う。脚本はだめなら、俳優はいかに上手にしても、いい映画を公開できないはずだ。(この意見は、私が作家だから持っているだろう。)他の俳優さんもよくできたと言える。例の間宮兄弟は、ちょっと変わった人として描かれているし、実は、良く考えたら、変わっていない主人公はゆみちゃんのお姉さんのなおみちゃんしかいないだろう。だからこそ、映画は面白いかもしれない。

ちょっと変わった人と言ったら、「ちょっと」も「変わった」も重大だ。狂った人はいない。普通の人の癖をちょっとだけ大きく描かれ、面白いキャラクターを創った。それは、フィクションのこつのひとつだろう。ゴク普通の人を描いたら、ちょっとつまらない。皆が普通の人と馴染だからだ。一方、大変変わった人を描いたら、共感を感じるのは難しくなる。だから、普段と違う能力を与えたり、普段と離れた状況に置いたり、普段に見えない性格を植えたりしたら、興味が集められる。

そう考えたら、ファンタジー系のフィクションの利点は、主人公の性格は現実の通り描けることだと言ってもいいだろう。背景や能力が日常と違うので、普通の人のような反応を発想しても面白くなるからだ。 時代劇もそうだが。

要するに、楽しい映画だから、お勧めする。ぜひ、見てください。

ところで、見た映画館は、川崎市のシネシッタというところだった。それは、シッタデッラというモールの中に置いているが、 シッタデッラは、本当にロスのモールとそっくりだ。びっくりした。まるでロスのIrvine Spectrumというモールの一部分が川崎に落とされたかのようだった。ちょっと不思議の感じだった。