大山阿夫利神社下社

並んだ幟の間に石段が険しい山を登ってくる
下社の参道
大山阿夫利神社下社{おおやまあふりじんじゃしもしゃ}は、事実上阿夫利神社の主な社だ。本社が山頂に鎮座するので、それと比べたら「下」だが、実は大山の中腹に鎮座する。社殿の前から、眺めは広くていいし、ケーブルカーで上がっても最後に長い石段を登らなければならない。(実は、天気のいい日にまたお参りしたいと思う。雲のせいで眺めがよく見えなかったからだ。)

社殿は大規模で、神職が勿論駐在する。私が参拝した日に授与所には数人がいたが、巫女は見えなかった。普通に巫女がお守りなどを授与するので、それはちょっと珍しい。偶然、巫女の休憩時間だっただろう。とにかく、御朱印がいただけた。

下社の社殿の周りに、特徴のところがある。一つは、拝殿の下に入れることだ。入ったら、すぐに神泉に至る。鳥居もあるし、竜の口から水が湧くし、山の清水で容器に入れて持ち帰ることもできるそうだ。神泉からさらに奥へ進めば、拝殿の裏を通る廊下に入るが、さざれ石や道祖神などが並ぶ。

緑の山を背景とする社殿
下社の社殿
廊下の途中で、蝋燭を供える段もあるが、周知の通り蝋燭を供えるのは、仏教の習慣で、神社では余り見ない。社殿の外にも同じような設備がある。それは、護摩木{ごまき}を炊き上げる為の釜だ。護摩で祈祷する慣習も、もともと仏教の習慣だそうだ。このことが大山阿夫利神社の修験道の歴史をよく表現すると思う。実は、足で山を登ったら、石仏などの仏教系のものも多い。弘法大師が爪で一夜の間に彫った石仏とか地蔵などが道の脇に立つし、途中でお寺もある。江戸時代には、このような混合はごく普通だったそうだが、明治維新以来珍しくなってきた。施設だけではなく、祭祀にも特色が残るかどうか分からないが、機会があれば見たいと思う。

社殿の隣に摂社と末社が鎮座する。摂社は浅間社で、大山阿夫利神社の御祭神の大山祇{おおやまつみ}大神の娘神の木咲耶姫{このさくやひめ}神を御祭神とするし、富士山信仰の神社だから、神様のご縁からも場所からも相応しいと言える。末社は、天満宮だが、特に関係はないと思える。案内板によると、大山阿夫利神社も亀戸{かめいど}天神も崇敬した講によって建立されたそうだ。だから、典型的な末社だと言えよう。本社との関係はほとんどないが、崇敬者の希望で建立されたからだ。

同じところに、天狗の石碑が聳える。天狗は、山と修験道との関係は深いことは周知の通りだから、大山にも住むという伝説があっても驚くほどではないだろう。

大山阿夫利神社下社でがっかりしなかったが、ご祈祷の本拠であるとしても、神社の半分も含まない。山頂の本社にも参拝したので、この神社の描写を二つに分ける。

小金塚神社

木々に囲まれた社殿小金塚神社は、大山街道に近い神社で、四月にお参りしたところだ。他の用事が多く、神社についての投稿が遅れてしまったので、思い出はもう新鮮ではないが、思い出せる限り説明する。

神社の名称から分かるように、塚の上に鎮座する神社だ。塚の隣にはお寺もあるが、周りが住宅地になりつつある。私がお参りした日に鳥居の向こうに工事現場があって、また家を建てようとしたようだった。首都圏なら、これは普通の話だろう。

だが、塚に木々が茂るので、参道を登ったらすぐに周りの建物を忘れる。塚の上の境内に社殿はもちろん、石灯籠も授与所に見える建物も鐘もあったので、この神社も地元の人に崇敬されると思う。それに、大自然の中にある印象のお蔭か、いい雰囲気を持った神社だった。神職が常駐しないが、社殿には神宮の式年遷宮に寄付した方の名簿があったし、特殊神事の証拠もあった。竹の水筒で、鎮火祭水が書いて、中に松の梢が差し入れたことだった。だから、住宅地が塚を囲んだら、神社の活性化になるのではないかと思える。維持する人はいないなら、神社が生きられないが、氏子区域の人口が増えたら活発になることもある。この神社から、積極的な印象を受けた。

子安神社

石田子安神社の鎮座地は大山街道からちょっと離れているが、近かったので寄り道した。興味深い神社だった。地元の鎮守で規模は大きい方だが、目立たないだろう。御祭神はイザナギ神とイザナミ神だそうだが、神社の呼称から縁結び・子宝・安産の御神徳があるとも言われる。これも珍しくない。

注連縄で結んだ木が日本見える。周りの玉垣越に抱き締める根も見える
結びの木
そして、境内には木々は多い。かつて大きな松があったようだが、それが枯れて、今株しか残っていない。一方、写真で見える「結びの木」がまだ生える。玉垣がちょっと邪魔になるが、木の根が見える。桜の木の根が銀杏の木をしっかり抱き締めるので、案内板によるとこの木々が夫婦のように見えるので、注連縄を張ったり、玉垣を廻らしたりしたそうだ。結びの木の隣に鐘があることも写真で分かる。

それに、玉垣に神社を支援する方の名前が刻まれたし、案内板には境内の掃除の当番が書いてあるので、この神社を崇敬する人がたくさんいることも窺える。実は、境内の案内は特に多い。お参りの作法を紹介する案内板もあるが、普通の「二礼二拍手一礼」の案内に止まらず、鳥居の潜り方から始まる詳しい説明がある。確かに社殿に置かれた案内板だから、初めてお参りする時に一部が役に立たないだろうが、二回目以降参考にする人がいると思ってもいい。

しかし、この案内板には裏面がある。「ボールを投げないこと」との看板や「夜間立入禁止」との看板や「移動禁止」のベンチにの貼り紙があった。遊具はないことはもうわかっただろう。この禁止版の多さで、人を歓迎しない印象は強かった。雰囲気のいい神社なはずだったのに、これで何か冷たい気分になって、いたくなくなった。同じように指導が口頭で言われたら、問題にならないはずだ。命令の内容は所詮合理的だし、特に厳しくないからだ。といっても、貼り紙が絶えずに命令を伝えたら、違反する意志を隠しているように扱われるかのような気持ちだっただろう。貼り紙から考えたら、この神社には破損になった問題があったと思う。だから、再発防止策として禁止令を貼ったかもしれない。問題と取り組む必要があるのは否めないが、別な方法を探してほしいと思う。

稲荷祠

前に遊具があるが、奥に鳥居が辛うじて見える小規模な稲荷祠で、建物の間を縫った参道に進行したら、ちょっと広がるところには遊具がある。両側には民家の壁があるし、後ろに垣などなしに畑と続く。そして、そのなかに、小屋がある。これは、稲荷祠の社殿で、中には宮型のような祠もある。駐在神職はおろか、手水舎もなかった。鳥居はなかったら、神社があることにさえ気づかないだろう。本当に「神社付きの公園」のような感じだった。といっても、祠に注連縄があったし、注連縄には紙の紙垂が垂れたので、誰かが祠の管理をすることは明らかだ。

でも、結局、写真が印象を正しく伝えると思う。遊具が目立つが、よく見たら神社があることも分かるだろう。