岡田三嶋神社

金属の紙垂が見える鳥居から社殿を見るこの岡田三嶋神社は、厚木市の中だが、東名高速道路に近い。それでも境内は割と広いし、木々もあるし、いい神社だった。また駐在神職はいなかったが、四月の大山街道の神社には駐在神職は一人もいなかった。三嶋神社というのは、伊豆国の一宮の勧請だから、この地域には少なくないそうだ。この神社で興味を惹いた点が幾つかあったので、投稿の構成がちょっと悪くなるが、列挙する。

先ずは、鎮守の森だった。大きな木々もあったが、その間に大変小さくて植えたばかりの木の苗もあった。百年後まだ立派な鎮守の森が期待できる。このように将来を考える証拠を見つけると、励まされる。私の子孫が日本を歩いても、いいことと出会える、と。

そして、境内に鎮座する末社だ。とにかく多い。天神社、稲荷者、水神社、弁財天、そして道祖神も鎮座した。祠のすべては新しく、石造だった。これも将来に備えられた祠だと言えよう。それに、鳥居も玉垣も石造で新しかった。石碑がその理由を説明した。市道の修正のために神社が境内の一部を譲渡したので、その代償を使って新しくしたそうだ。(それに、日付は今年の三月吉日だったので、つい最近の工事だそうだ。)石碑によると幟竿、幟、玉垣はそうだが、祠も同じ工事の一部に見えるので、一部をそれにしただろう。これも、将来を確保するための判断だろう。一時金をこのように設備に使ったら、長く使い続けられる。

境内の設備といえば、二つを指摘したい。一つは鐘だった。前にもブログで述べたが、お寺の設備だと思われても、この地域の神社には多い。これはもう一つの例だ。そして、遊具もあった。英語のブログでこの前に「神社の境内には普通に遊具はない」と書いたが、それは嘘だったろう。必ずあるとは言えないが、大山街道の神社には少なくない。私がいいことだと思う。子供の元気が神社を活気させるからだ。

最後に、鳥居の注連縄の紙垂のことだ。写真からちょっと分かりにくいと思うが、紙垂は金属だ。これは確かに珍しいが、金属の紙垂には忍耐力があると否めない。

この神社の状況を全体的に考えたら、将来に世話をする人がいなくなっても神社が長く存続できるように整備されたようだ。それはただの長目で見ることか、この神社で具体的な後継者悩みがあるか、分からないが、どちらにしてもこの神社の長らく繁栄を祈りたくなった。

熊野神社

鳥居越しに祠と銀杏が見える。この熊野神社は小規模で、厚木市の中心地に鎮座する。だから、周りには建物も多くて、境内は狭い。だが、散歩の最初にお参りしたからか、雰囲気は悪くなかった。写真で見えるように道に鳥居があったし、手水舎もあった。確かに手水舎にはお水はなかったので、禊を略式の略式に余儀なくされたが、手水舎さえない神社もある。社殿も小さいので昇殿参拝は無理だが、しっかりした建物だし、彫刻もあるし、そして扉の上に古い社額が飾られる。

しかし、雰囲気を作るのは、社殿の後ろに聳える大きな銀杏だろう。見たら、まるで祠が神木の精霊を祀るかのようだが、そうではないと思う。銀杏は古いが、神社のほうが古いし、熊野神社といえば、和歌山県の熊野三社の勧請だ。だから、この銀杏は鎮守の森であると思ったらいい。一本しかないが、社殿との組み合わせでいい印象を与える。季節の新緑もあったので、それも雰囲気に貢献しただろう。

この神社は、渡辺崋山という明治末期の知識人が厚木市に訪ねたときに指摘した場所の一つだが、境内の前に歴史の案内板が立つ。この由緒もこの神社の現況を支えるのだろう。

厚木神社

厚木神社の鎮座地は推測し難くないだろう。大山街道に面して、厚木市の市街に差し入れた境内だから、特に狭いとは言えないが、確かに広くはない。木々もあるが、鎮守のモリになるかと言えば、そうではないだろう。案内板によると神社の御祭神はスサノオの命とほか6柱だそうだが、境内には稲荷神社や水神宮の末社もある。併し、駐在神職はいない。それでちょっとびっくりした。由緒はともかく、厚木神社はかなり大きな街の真ん中に鎮座するので神職を賄える収入があると思ったが、そうではないようだ。都心から離れる次第、駐在神職が少なくなるだろう。

もう予測したかもしれないが、この神社の雰囲気も特に気に入らなかった。周りは建物ばかりだから雰囲気がよくないかもしれない。

鳥居と祠の隣に古い祠も石碑も立つそう言っても、気になった境内社があった。それは水神宮だった。石造の台の上に載った木造な祠だったが、その前に石造で立派な鳥居が立ったし、祠の隣に「水神宮」と書いてある石碑もある。それに石碑はちょっと古そうだったものの、祠と鳥居は新品だった。境内は川に近いので、水神を崇めるのは当然だが、このぐらい新しい祠や鳥居を建てるためにかなりな資金が必要だと考えなければならない。だから、この無名な神様を篤く崇める人がまだ神社の周辺にいるのが分かる。それに、新しい祠の隣に石造の小さな旧祠のように見えるものが保存されたので、もう使われなくなった祠も大切にされたことさえ分かった。

厚木市には川は経済の支柱になったとも思えるし、氾濫のときに市民の生活を脅かしたことも想像できるので、ここで水神を崇めても確かに不思議ではないが、川の力を殆ど抑えることができた現在にもこれほど崇敬されたことは興味深い。水神宮の隣に稲荷神社もあるが、稲荷神社には崇敬の証拠も多かったが商売繁盛を神徳とするお稲荷さんが街で崇敬されるのは普通だろう。水神の崇敬はちょっと特別だったような気がした。

とにかく、この神社にお参りしたら、駅に向かって帰ろうとしたので、二月の大山街道の神社の報告がここで終わる。ちょっと遅れたよな。

大山街道:石倉橋〜山頂

では、昨日の散策を詳しく書こう。

道の周りに畑や山が見える朝天気予報を見たら晴れだそうだったので、山の上からの眺めがいいかなと思った。そして、暑くなる前に大山街道の終点まで歩きたかった。だから、案内本を持って、出発した。先ず、伊勢原市まで電車で、そしてバスで出発点の石倉橋まで行ったので、本格的に出発できたのは、11時過ぎたところだった。やっと大都会を脱出して、街道沿いには民家が軒を連ねたものの、畑や山が高層ビルに代わって背景になった。天気がちょっと曇ったが、気持ちよく散歩できた。東京からそんなに遠くないのに、田舎の気分だったので、あそこに住めばよかったとも思った。しかし、確かに生徒さんは少なさそうだ。それは過疎地の問題の原因だね。仕事はなければ、環境の良さが決め手にならない。

旅館の前に玉垣があり、掘った路にも朱塗り大山に鎮座するのは、阿夫利神社だ。第一鳥居は伊勢原駅の北口に立つし、第二鳥居は出発点への道の途中にある。第三鳥居は、ちょっとだけ歩いたらくぐったので、神社に近づく感じは強かった。すぐに先達の旅館が現れ始めた。先達と言うのは、江戸から大山へお参りする講という集団を導く役をした人だが、大山の麓に宿泊施設も営んだ。日本で旅行会社の発祥だと言われる。この宗教的な活動の面影はまだ濃い。例えば、写真に見えるように旅館の前に玉垣があり、玉垣に寄付した団体の名称も刻まれた。それに、入り口の上に注連縄を飾った旅館も少なくなかった。つまり、単純の娯楽施設ではなく、清浄が重要な宗教的な場所であることを沈黙で強調する。大山にさらに近づくと、修行の為の滝もある。滝の下に階段があって、簡単に落ちる水の下に入れる。どのぐらい使われているか分からないが、階段などが新しく見えたので、まだ生きている習慣と思ってもいい。

それからこまざかという土産店や食事処が多い道を進めば、ケーブルカーの駅で出てくる。私がこまざかでお昼を食べたが、ざるそばと豆腐の大山らしいお昼だった。駅に着いたら、無視した。あそこまで歩いてきたので、山頂まで歩くつもりだった。だから、案内本のお勧めに従って、女坂を上り始めた。下には「らくらく女坂」との道標があったが、それは比較的だろう。「きつ〜い男坂」との道標もあったが、女坂は楽々であれば、男坂は恐ろしい。険しい階段は多かったし、かなり上がった。そして、途中で大山寺を通り過ぎて、仏教的な石造物も多かった。明治時代の前に大山で神仏習合が根強かったようだが、修験場だったと言われる。

上がってから、やっと阿夫利神社の「下社」に到着。山頂までの登山の為の飲物を買って、出発した。登山口の前に祓串が備えられたので、自分のお祓いを行ってから登り始めた。すぐに降りる人とすれ違ったが、一人が声をかけて「山頂まで行く?霧は凄い、真っ白だよ」と言ってくれた。でも、楽観的に見て、山頂に至るまでにはれるかなと思って、進んだ。それに、最後まで絶対歩くとの決心もあった。

植物が霧の中に消えて行く
富士見台って
しかし、登ったら、霧が濃くなった。富士見台というところに辿り着いたら、富士山は確かに見えなかった。木々の間に霧が流れることも見えてきたし、枝から水の粒が落ちた。だが、諦めないことにして、登り続けた。登り坂でちょっと誤算してしまったことに気づいた。予想より時間がかかったし、足も疲れてきた。だが、酷くはなかったので、最後まで目標を捨てずに進んだ。最初に降りる人は多かったが、すぐに人影が消えたので、霧に包まれた杉の中から天狗が現れても驚かないほどだった。(実に出現したら驚いたと思うけれど。)登山道の下半に至る前に、見所は三つあるが、それを過ぎたら消えた。それは、周辺の興味深い点がなくなるからではなく、登山者はもう疲れて、回りより足下に集中したからだろう。

大山山頂の柱いよいよ鳥居が見えてきて、もう少し登ったら山頂に立った。霧のため何も見えなかったし、誰もいなかった。山頂の神社などは、シーズンが本格的に始めていないために封じられたし、1200以上メートルの山頂で寒くなった。ゆり子に「できたよ」メールを送って、すぐに降り始めた。(山の山頂でも、携帯でメールができる時代だね。)

降り始めたら、足がむくむかのように感じたが、幸いそれがすぐに治った。だが、足は疲れて、飲物も足りなくなって、エネルギー補給の為のチョコもちょっと少なかった。降りている間に「最後のケーブルに間に合うように」祈るばかりだった。残念ながら、叶わなかった。下社の下の売店に着いたら、もう閉店しようとしたが、飲物とチョコを買って、ちょっと休憩してからまた女坂と挑戦した。できないとは思わなかったが、やっとバス停に辿って、席に座ったらほっとした。

だから、ちょっとだけの誤算だった。結局計画通りにできたが、最後の方を楽しんだとは言えない。山頂の本社の御朱印も頂きたいので、また登るつもりだが、必ずバスやケーブルを使って登る。そうすれば、楽しく登ったり降りたりできると思う。

大山街道を赤坂から大山山頂まで歩いてきた。東京都と神奈川県の雰囲気を十分味わった。興味がある方に勧めるが、最後の一日は、石倉橋からではなく、絶対追分からしてください。その方が楽しいと決まっている。