小説

『椿堂』を顧みる

『椿堂』は終わった。当初の予想よりちょっと長くなったが、今年以内収めた。この経験で何を習ったのかな。 まずは、日本語でフィクションを読まなければならないことを痛感した。漫画をある程度読むことがあったし、ドラマも観るので、 […]

椿堂28

真理安が恵純理英について評議員会の議事堂に入った。華多離菜はそのあとついてきた。議事堂は意外と狭くて古かったが、伝統は重かったので改築さえしようとしなかった。入り口で谷入が一瞬止めようとしたが、明らかに考え直した。椿堂の […]

椿堂27

「よくできましたね、お嬢さん。」 「まあ、ありがとうございます。」羽空理事の隣に座ると、試験の本番より緊張感を覚えた真理安は、それ以上の返事はできなかった。そして、試験が続いたので、羽空も静かにした。華多離菜は容易に合格 […]

椿堂26

大学の規則を詳しく調べれば、定型の議論は公開されるようだった。華多離菜はそれは当たり前であると主張したが、真理安の抵抗感はまだ強かった。人の前で自分の試験を行うことは嫌だそうだったが、仕方はなく、椿堂の門に知らせを張って […]