川崎市外国人市民代表者会議

情報伝達

外国人市民意識実態調査では、情報伝達の問題が浮き彫りとなった。川崎市が提供するサービスを知らない市民は非常に多い。誰も知らない措置は、存在しない措置と同じぐらい効果があるので、これはやはり問題だ。 しかし、代表者会議で毎 […]

差別対策

外国人市民実態調査で指摘された問題の一つは、差別だった。その分析で指摘した通り、ヨーロッパとほぼ同じレベルであるようだ。そして、自由記述欄での改善についての意見は、差別をなくすことを指摘する方は多かった。だから、取り組む […]

言葉の壁

外国人市民の実態調査で浮き彫りになった問題は、言葉の壁だった。日本語が問題になっているのは驚くほどではないが、それでも取り組むべき問題である。自由記述欄で、外国語ができる職員を区役所などに配備するような要求がったが、それ […]