差別の救済と解消

先日、川崎市人権施策推進協議会多文化共生社会推進施策に関する部会の会議に出席した。今回のテーマは、外国人市民を対象とする入居差別についてのヒアリングだった。川崎市が今年度新しい協議会を立ち上げたが、その協議会でこのような問題を審議して対策を決める予定である。協議会は住居に困る市民一般を対象とするので、例えば高齢者、障害者、ひとり親世帯などが大きな話題になるようだが、外国人市民の問題も取り扱うそうだ。ヒアリングでその対策を担当する部署の担当者と同じ問題と長年取り組んできたNPO法人の理事長の出席をいただいた。

理事長によると、この10数年であからさまになる外国人市民に対する差別が少なくなったそうだ。当初、「外国人お断り」と明言する大家さんや不動産屋さんは少なくなかったそうだが、最近「そのような物件はない」などのような曖昧な表現で断るし、人権や差別に意識を持っている業者の数も増えたそうだ。それは歓迎できる現象である。

そして、市の話からも、理事長の話からも改めて痛感したことは、救済と解消の違いだった。市の制度では「協力業者」の指定があるが、それは外国人などの入居者を歓迎する業者を指す。今のところ、川崎市内の業者の2割を占めるが、市によると拡大することは優先されていない。なぜなら、制度の運営には十分であるからだそうだ。同じように、NPO法人は最近偏見を持つ大家さんと接しないが、その原因の一つはそのようなところを最初から避けるからだそうだ。入居後、長く落ち着いて住み続けるために、嫌悪感を持たない大家さんや業者は重要であるからだ。

救済の立場から考えれば、これは否定できない。今苦しんでいる人を今救済するために、理想的な社会の構築を待つことはできない。今の社会の中で協力してくれる人と協働して、眼前の問題を解決する。それが円滑に進むため、問題を起こす人物との衝突を避けるのは名案だと私も思う。そして、このような政策で、今の問題が解決され、被害者の人生が立ち直る。

一方、問題を解消するために、あるいは減少させるために、問題を起こす人と積極的に取り組まなければならない。思わず問題を起こしている人は、指摘すれば改善してくれることもあるが、積極的に指摘を行わない限り、気づかない。そして、問題を起こしているのがわかるが、改善はめんどくさいのでしない人もいるだろうが、そのような人は、積極的なアプローチと対応することはさらにめんどくさいと感じたら、改善してくれる。積極的に問題を起こそうとする人は、もしかして何もできないが、環境整備と取り組んだら、そのような人が少なくなるだろう。

そして、施策が進めば、もう一般的な啓発をしなくても良い状態になるだろう。差別を行う人は小さな少数派になるので、問題が実際に起こることも少なくなるし、救済が簡単になるので、そのままで市民は誰でも安心して暮らすことはできる。

これから、意識しながら救済と解消の両方を重視したいと思う。

入国審査

先日、イギリスに行ってきた。日本のパスポートで海外に行くのは初めてだったし、イギリスを国民ではない状態で訪れることも初めてだったので、入国審査はどうなるかは、ちょっと心配していた。

イギリスで、パスポートを渡したら、次のような会話があった。(英語での会話だったのはいうまでもない。)

「何年間日本に住んでいますか?」

「13年になります。」

「パスポートを入手できないと思いましたね。」

「実は、アメリカやカナダより難しくありません。」

「珍しいですね。あまり見ない。では、ご家族を訪れていますか?」

「はい、その通りです。」

「ところで、イギリス国籍を放棄しなければなりませんでしたか?」

「そうです。残念です。」

「では、どうぞ。」

「ありがとうございます。」

やはり、白人の日本人、さらにイギリス訛りで英語を話す白人の日本人は珍しいようだ。このような会話は、本当に日本国籍を取ったかどうかを確認することにもなる。気軽にそのような質問に答えられれば、本当の話である可能性は高いのではないか。だから、審査員の個人的な好奇心だけではなく、業務を果たすための質問だったと思える。

では、日本に帰国したら、どうなるかとも思った。初めて「日本の旅券」の窓口の列に並んだが、誰も何も言わなかった。そして、窓口に行ったら、審査員は「研修中」のバッジを身につけていた。それでも、反応は全くなかった。ただパスポートを取って、見て、通らせた。

歴史上日本国籍を取得した白人は1万人に足りない可能性がある。(明治以降の合計は58万人程度であるそうだ。)審査員は研修中であれば、もしかして初めて白人の日本人を見たかもしれない。それでも、反応は一切ないのは素晴らしい。やはり、研修の一部はその反応しないことになるだろう。

他の帰化者と話せば、このような経験は一般的であるそうだ。日本の入国管理局は、外見はマジョリティー日本人と違っても、反応しないそうだ。一方、海外の入国審査などは、びっくりして、質問することは多いという。「日本人に見えないね」と言われることもあるそうだが、そのような質問に過剰反応しない方が良かろう。珍しい者はやはり珍しいので、人はびっくりすることを予想して、覚悟した方が良い。

ところで、イギリスのパスポートで最後に入国した国はもちろん日本だった。帰化するために、日本にいなければならない。(申請中出国しても良いが、帰化許可が下る日には日本にいることは規則であるそうだ。)そして、初めて日本のパスポートで入国した国は、イギリスだった。相応しいと思う。

日本人になった

今日をもちまして、日本国籍を持つようになっております。

もう気付いた方はいらっしゃるだろうが、従ってブログのタイトルを更新した。私の正式な名前は「チャート出意人」になっているので、ブログの名称も合わせるように変更させていただいた。

これから、手続きはいっぱい待っている。まず、法務局に行って、帰化証明書を受け取る。そして、確か区役所に行って、戸籍を作ってもらう。それから、戸籍と住民票に基づいて、保険、銀行口座云々の名義変更を行う。法務局に初めて電話してから、ちょうど18ヶ月がかかったが、残っている手続きにほぼ同じ時間がかかるのではないかと感じている。この過程を振り返ると、やはり日本は手続き好きだなと実感する。

今の気持ちは、やはり「やっと!」というホッとする気分は強いね。1年半がかかった申請が終わると、この喜びは当然だろう。夏の参議院選挙に投票できるかと思うが、(手続きは必要だから、間に合わない可能性はあるかもしれない)他の違いを実感することはすぐに思い浮かばない。まぁ、ブログの名称の更新などのようなこと以外。それでも、やはり嬉しい。

これから、一人の国民として、日本の社会に貢献できるように努めたいと思うので、今後とも宜しくお願い申し上げます。