自由主義〜表現の自由

表現の自由は、自由主義の基礎の一つと言える。といっても、これも簡単な問題ではない。言われたことによって人が精神的に傷を受ける場合も多いし、いじめは言葉だけで行われる場合も多い。表現の自由というのは、いじめを許すべきと言う意味だろう。それはありえないとはすぐに言えない。自由主義の基本は、すべきではないことを許すことだから、いじめるべきではないが、だからといって禁止すべきとはかぎらない。

では、表現の自由は、具体的にどういうことにするべきか。先ずフィクションをなんでも許すべきと思う。フィクションは、現実と無関係で縛らないほうがいいと思う。曖昧な場合、はっきり「フィクションだ」という義務を付けてもいいが、それがあったら、なんでも許すべきだろう。

さて、嘘はどうだろう。フィクションと違って、嘘は現実を偽ることだ。中傷も入っているが、食物の偽造も入っているので、こういう行為を禁止してもいいだろう。私は、禁止してもいいと思う。なぜなら、表現の意味を考えるからだ。「表現」というのは、意見や想像を表す行為だ。嘘を付いたら、自分の本当の意見を表さない。それは嘘の本質だと言えるだろう。だから、表現はいかに自由であっても、嘘を一概に許すわけはない。もちろん、一概に禁止することも過言だ。本音と建前は、どこの文化でもあるので、禁止したらすべきではないことを禁止することになる。だから、偽造、中傷などの場合を禁止して、他の嘘を許すべきだろう。

だから、いじめをまた考えたら、本当に太っていると思ったら、毎日「お前はドラえもんのように太いよ」と言ってもいいわけだろうか。これは本当に難しい問題だ。そういう批判を一切禁じるなら、政治家などを批判するのも禁じられる。だが、政治家や政府や宗教を厳しく批判することは、表現の自由の一番重要な成果だと思う。フィクションを縛っても社会への影響は強くない場合は多い。むしろ、制限があるからこそ素晴らしい作品を作成する場合も歴史によく見える。フィクションを自由にすべきだが、それは重大な点ではないと思う。一方、政府や宗教や社会構造を批判できなければ、国民の自由は本当になくなりそうだ。「政府の通りにしたら、自由だ」というのは、本当の自由ではない。だが、一切批判できなければ、従うしかないと言える。「行為で批判する」こともあるからだ。

更に政治家や宗教家の批判方法も自由すべきだとおもう。そうしないと、「過激だから」という言い訳で批判を禁じる場合も多い。同じく、法律を変えるべきと言っても犯罪にならないのはこの基本の一点だと思う。「殺人を犯罪にしないほうがいい」と言っても、それ自体を犯罪すべきではないと思う。厳しくそういう人を批判すべきだが、言わせるべきである。

だが、一般人をそういうふうに批判したら、それはいじめになる。だから、公的な役割を担う人を自由に批判させて、嘘を付かない限り、一方一般人の批判に制限を与えたほうがいいだろう。だれも一回批判しても許したほうがいいが、繰り返して批判する行為は、制限したほうがいいと思う。

要するに難しい問題になるが、政府や宗教、政治家や宗教家、官僚に対して批判権を守るべきだが、一般人の場合、批判の対象も守るべきだと思う。

自由主義の基本

自由主義というのは、なんだろう。自由主義を讃えるのは重い責任だと私が思う。なぜなら、本当の自由主義は、すべきではないことを許す構想だからである。この意見に反対する人はいるのだろう。自由主義は、人を自由にすることだが、すべきではない行為は禁止すべきだから、許すわけにはいかないと思う人は多いのではないか。しかし、これは自由不義と呼べないと私が強調したいのである。

してもかまわない行為を許すのは、当然だ。如何に国民を弾圧しても、してもかまわない行為は許されているだろう。確かにしてもいい行為の範囲が狭くなる場合もあるが、緩やかな法律は自由主義と本格的に違うのではないか。自由主義というのは、一般社会と異なる生活を送りたい人を守るための構想だから、すべきではないことを許すのは重要なポイントだ。分かるために具体的な例を考えた方がいいだろう。キリスト教によると、神様を拝むのはすべきではないことだ。だから、日本でキリスト教が過半数を占めるようになったら、神道を禁止するのは、すべきではないことを禁止する方針にほかならない。ヨーロッパをみたら、キリスト教が歴史的にこの方針を取ったので、架空な例ではない。だから、キリスト教が普及しても神道の祭りを続ける権利がほしかったら、すべきではないことは許すべきだという自由主義を挙げるしかない。

だが、なんでも許すべきではない。明らかな例として、殺人を許すべきはない。だから、自由主義の立場から見たら、すべきではないことの中に許すべきことも禁止すべきこともある。区別するのは、一番重要な問題であろう。

私には、まだ完全な解決はないが、要素がある。最低限は、利益を与えることは許すべきということだ。一般社会も、与える人も、受ける人も、これは利益だと同意したら、すべきではなくても許すべきだと思う。この範疇にはすべきではないことはないと思うのは簡単だが、間違いだ。例を一つ挙げる。温泉に入るのは利益だ。(「利益」を広い意味で捉えてほしい。)だから、入浴権を日本人にしか与えなくても、みんなが「利益を与えることだ」と思う。すべきではないのは、外国人に与えないことだ。平等に入らせるべきだと私が思う。だが、これは最低限で自由主義によって禁止すべきではないことだ。

この最低限は、宗教の自由も、表現の自由も含まれていないので、自由主義はここで止まるわけにはいかない。だが、もう抵抗感を起こす構想になったので、今日はここまで。

社会構成

最近社会構成について考えるようになった。前から様々な倫理的な問題について考えたが、この一、二年間でもう少しまとめた概念を創ろうとした。このブログでも断片的にアップしたので、読んでくれる人にはもう分かるところがあるはずだ。(意見という範疇に入れたので、今でも読める。)だが、益々まとめて、企画にしたいと思うので、これから時々アップする。まだ断片的になるのはいうまでもないだろうが、積み重ねて企画にする予定だ。

目標はなんだろう。実現できる確率は極めて低いと思うけれども、政治の問題について考えたら、自分の方針があったほうがいいような気がする。社会の構成のイメージはなかったら、矛盾を抱える反応を出す恐れはなくはない。そして、企画があったら、ある程度政治的な活動するかもしれない。「ある程度」というのは、法律に許される面もあるし、暇がある面もある。在日外国人として、政治と関わる権利は制限されているので、ブログ以上にならないだろう。だが、私は、私のために自分の意見や理想を明確にしたいので、ブログで書いてもいいのではないかと思う。

そして、なぜ日本語のブログで書くことにしただろう。実は英語のブログでも書いたことがあるが、もう少し日本語で書くつもりだ。どうして日本語で書くかというと、日本の状況を考えて書くつもりだからだ。イギリス人なのに、日本に住んでいるので、日本の状況は私の日常生活と深く関わっている。一方、イギリスの状況はほぼ関係ないと言える。イギリスの政治に関与する程度にも厳しい制限があるので、それはあまり違わない。更に日本とイギリスの現状を比べたら、日本の現状のほうがいいと思う。確かに日本は完璧ではないし、イギリスの社会から学べることもある。しかし、全体的に考えたら、日本の社会のほうがよく構成されたと思う。その詳しいことを折に触れてこれから書くが、理想な国体を目指したら、日本の現状から出発するのはより無理はないと言いたい。一つの例として、最近の読売ポッドキャストによると格差社会を批判する日本人の割合は83%だそうだが、日本の格差はイギリスの格差よりまだ狭い。一言でいうと、日本では社会を維持したい人はより多いようだ。

今日はこの序文までだが、概ねに私の概念を紹介する。基本のは、自由主義だ。そして、人間を本当に幸せにする社会構成を目指して、他の生物との共存を大切にしたい。これほど抽象的な構想なら、異論するのは難しいだろうが、これから具体化して、反対する人もいるだろう。コメントを書き込んでもらえたら嬉しい。