阿蘇神社

雨の中、右には桜に見えるし、左には白い覆屋がある。
阿蘇神社の楼門の前。楼門は左の覆屋の中にある。
今月10日に、熊本県の阿蘇神社にお参りした。これは、応援参拝だったといえよう。被災地の復興にあまり貢献できないが、できることはやりたいので、東北と同じように、熊本に出かけた。真由喜の学校の関係で、一人旅になった。

9日の宿泊先は阿蘇の四季という旅館だったが、最高だった。部屋もお風呂も食事も素敵だったし、駅からも阿蘇神社からも簡単に歩ける距離だった。ぜひ、次回家族で行きたいと思う。

天気は生憎の雨だった。阿蘇神社を囲むカルデラを雲や霧の隙間からチラッと見えたに過ぎなかったが、それでも景色は綺麗だった。次回、晴れの日に見たいと思うし、駅で紹介された散歩道も歩きたいと思う。

雨の中、基盤が見えるが建物は撤去された。
阿蘇神社の拝殿があったところ。左奥に本殿の一つが見える。
現在、豊肥線は阿蘇から熊本まで普通になっているので、大分経由で行くことになったので、帰りの電車もお昼前に出発することになっていた。そのため、阿蘇神社への参拝は朝一番にした。

祈願祭は仮拝殿の中で斎行されたが、その仮拝殿の雰囲気は意外と良かった。床には玉砂利があって、素木の柱などがあったので、清々しい感じになっていた。祈願祭の一部は神楽だったが、この神楽には舞はなかった。その代わりに、太鼓での神楽だった。雅楽と違う雰囲気だったので、この神社で伝統がある神楽なのではないだろうかと思った。

祈願祭が終わったら、神職とちょっと話すことができた。拝殿の再建には4、5年がかかる見込みだそうだが、文化財である楼門の再建には10年程度になるという。やはり、文化財の価値を保護するために、まず解体して、そして丁寧に再建しなければならないので、予想には難しくない。復興の進歩を見るためにも、またお参りしたいのである。

ちなみに、電車から見えた九州の景色も大変綺麗だった。私は山が好きなのだが、九州の山の風景は魅力的だった。ちょっと遠いが、九州もさらに旅したいとも思ってきた。

金華山黄金山神社

旅行の最後の1泊は、金華山黄金山神社での参籠だった。これも三回目だった。実は、この神社で言い伝えがある。名称からわかると思うが、金運がご利益と言われる神社だが、もし3年連続でお参りして、祈祷を執り行ってもらって、御朱印をいただければ、一生お金に困らないそうだ。そして、そのご祈祷は1万円以上の初穂料であれば、記念品ももらえる。今回、私はこの3回の参拝に達成したので、記念品ももらった。綺麗だが、詳細は公表しない。興味がある方、ぜひお参りしてください。

金華山の隋神門の前には鳥居はないところで、私がお参りしている理由は、東日本大震災の復興を祈るためである。なぜこの神社で祈願祭を執り行ってもらうかというと、理由は三つある。

まず、金運の神様であること。震災の真っ最中では、命を救うのは一番だが、その危険は去った。復興するためには、経済力は必要だ。雇用は必要だし、建物を立て直したり道路などを整備するのは必要だが、そのような活動は経済的な活動である。だから、金運のご利益のある神社は適切である。

そして、地理的に言えば、震央に一番近い陸である。金華山は島だが、震央はより沖の方にあったそうだ。それでも、本土より近いと言われる。震災の発生地に近い神社で復興を祈ることも適切である。

隋神門の前には鳥居がある最後に、島にある神社だ。参拝するために、まず仙台に行かなければならない。そして、女川か鮎川かまで行く。最後に、船に乗って渡航する。神社にも初穂料を収める。こうするために、被災地の経済を支えなければならない。その上、ただ寄付を撒くのではなく、被災者の仕事を支える。海運を行う人は、沿岸の経済で役割を担う。神社に収めるお金も、地元に使われることは多い。もちろん、一人であれば大きな影響はないが、他の参拝者と合わせたら、経済が安定するまでの間の橋渡しになれるのではないかと思う。

つまり、象徴的に復興祈願には適切だし、実践的にも僅かながらも効果が期待できる。

ところで、今回実感したことは、復興への道程の長さだった。神社に参拝する旅に新歩している。例えば、今回大鳥居は再建されていた。そして、お風呂は、1年目は旧浴場の神職用のところは使えたが、2年目はユニットバスの臨時施設だった。今回は、新しい大浴場は使えた。一方、桟橋から神社もでの道路は、まだまだ整備されていない。神職の話によると、今年する予定であるそうだ。他の修復もまだ途中である。鮎川や女川ではさらに印象的である。女川では、立派な真新しい駅があるし、去年以来電車が通るようになったが、駅の周りは工事現場しかない。

これを見て、やはり復興の支援を続けなければならないと思った。東北への良好は主な形になるかと思うが、大震災は風化するのはまだまだ早い。

ぜひ、興味のある方は、金華山黄金山神社への参拝や参籠はいかがでしょうか。

京浜伏見稲荷神社

京浜伏見稲荷神社は、武蔵小杉駅に近く鎮座する。案内板によると、戦後鎮座されたそうだ。京都の伏見稲荷大社を勧請して、東京と横浜の間に建立して、地域の復興を祈ったそうだ。

重層で重複の社殿普通の神社と雰囲気が大きく異なる。先ず、戦後の鎮座だからかもしれないが、境内は建物の間に入れ込まれ、所狭しの気持ちだ。そして、社殿の規模は大きくて、建築も珍しい。神社の社殿の殆どは一階建てで、シンプルな装飾が施されるが、この神社の社殿は二階建てか三階建てで、屋根の形もややこしい。

そして、社殿の中には大きな宝珠が安置されるし、神鏡も日本最大であるといわれる。神鏡は高さ4.5メートルだそだが、社殿の外から見れば、信じられる。

人工池の周りの岩に狐像が群れる。稲荷神社だから、境内には狐像があるのは当然だ、大変多い。社殿の前の左右には108体の石像狐があるそうだ。数えなかったが、108体があっても不思議ではない。ネットで8年前の参拝の記録を見つけたが、その時点で狐は石のままだったようだ。ペンキ塗りは最近のことで、目立つようになった。石の中の洞窟にくつろぐ狐も、石の上を飛び上がる狐も、境外から除いて見える狐もある。

狐が集まる池は、滋賀県の琵琶湖を真似しているそうだが、小さな島は弁財天の神社になっているようだ。摂末社と言えば、複数ある。白狐社は、稲荷大神の眷属の狐を祀る神社だから、京都の伏見稲荷大社にもある。それに、稲荷神社の摂社として、稲荷神社もある。文殊稲荷と祇園玉光稲荷と呼ばれる。これで神道の特徴が見える。稲荷は同一の神様だと思えば、本社は稲荷神社であれば、摂社には稲荷神社を設けるのは無意味だろう。しかし、稲荷信仰の系譜によって、神様の神徳が異なってくるようだ。本社の伏見稲荷は、商売繁盛などのご神徳で、文殊稲荷は学業で、祇園玉光稲荷は芸能だそうだ。

小さな石鳥居の後ろに、彩られた富士山の模型が立つ。その中のアナには、神鏡が見える。他の末社として、浅間神社と白山社があるが、形は珍しい。写真で見えるように、山の模型がある。案内板から推測すると、この模型に使われる石は、富士山から運ばれただろう。

この神社は、もしかして神社本庁に属していないかと思う。理由は複数ある。先ずは、雰囲気は普通の神社と大きく異なることだ。神社には自由があるが、神社本庁が影響を与えるので、これほど異なると批判されるだろう。そして、終戦直後に鎮座された。これは、明治時代から続いてきた政府の神道の管理が解かれた瞬間だし、神社本庁が既存の神社の維持に精一杯だった時期でもある。そして、伏見稲荷大社は神社本庁に属していなかった有数の神社だ。その上、案内板で「江戸時代の造り」を強調する。これを考えれば、戦前の国家神道から解放された人が建立したのではないかと思える。

直接の証拠はないので、推測に過ぎないけれども。

正直に言えば、この神社は私好みではない。境内は狭すぎて、所狭しの雰囲気は落ち着いていない。しかし、神職が頑張っているのは明らかだし、私の好みは神社の基準であるわけはない。だから、この神社を評価したい。現代社会との積極的な取り組みだから、他の神社にも同じような動きが見えたら良いと思う。神社に興味を持てば、一回のご参拝をお勧めする。

小杉散歩

先日、武蔵小杉周辺を散歩してきた。これは、今年の近所の散歩計画の第2弾だった。2月の天気などのせいで、実現できなかったが、3月になって、またできた。武蔵小杉は、代表者会議が開催される地区だから、一部は慣れているとは言え、まだ言ったことはないところは多かった。

石段が鳥居をくぐって右に曲がる散歩道は、多摩川の東京側で始まったが、散歩する前に多摩川駅に近い多摩川浅間神社にお参りした。

この神社が案内本に載っていないが、充実した神社だった。御朱印もいただけたし、初宮参りは多かったようだ。浅間神社だから、ご祭神は木花咲耶姫神であり、安産や子宝のご利益を持っている。そう思えば、初宮参りは多いのは当然だ。山の神の神社に相応しく、(木花咲耶姫神は富士山の神様である)小高い丘のてっぺんに鎮座する。展望台から、空気が澄んだら、富士山が見えるそうだ。私がお参りした時にはちょっと曇っていたので見えなかったが、富士山の方向へ視線が届いた。

この神社の参道は、写真で見えるように直線ではなく、斜面を蛇行で登る。参道の両脇に木々が聳えるので、雰囲気はすごくいい。社殿の周りの木々も多いし、御朱印を書いてくださった神職の対応も良かったので、この神社は気に入りました。田園調布の氏神様であるというので、盛んである近所を基盤とするだろう。

覆いやねの下の大きな切り株そして、川を橋で渡って、武蔵小杉周辺を歩き始めた。先ず、日枝神社へ参拝した。この神社の創建は平安時代まで遡るそうだし、境内には神輿の倉庫は多かったので、祭りの時期には賑わうだろうと感じた。しかし、当日の天気は予報より寒くて、雨が脅かしたからか、人はあまりいなかった。

社殿は18世紀の建立であるそうだし、重要な古文書も持っているとの案内板もあるが、個人的に気になったのは神木の切り株だった。昔は、大杉が三本あったそうだが、昭和になって最後に残った一本が伐採されたと書いてある看板があった。切り株はその名残みたい。そして、境内のあちこちに「献木」との碑があった。やはり、境内の杜を再生しようとしている。

この神社は、多摩川浅間神社ほど栄えていないようだが、百年後の鎮守の杜を期待する。

桜が見える二ヶ領用水武蔵小杉周辺で道が多くて、住宅や店舗、産業施設も入れ込まれるので、景色は良いかと訊かれたら、正直に「はい」とは言えない。ただし、活気のある地区であることは明らかだった。店舗のほとんどは、駅から離れても営業していたし、新築や改築の工事も所々見えた。駅周辺の再開発は進んでいるので、この地区の地価が上がっているそうだし、活気もその兆しだろう。

徳川秀忠がこの周辺で邸宅を持っていたそうだが、そのところに今稲荷神社が三つ鎮座する。そして、緑地に近い場所には小杉神社が鎮座する。そして、後日(明日かな)紹介したい神社にもお参りしたので、どうぞお楽しみに。

天気のせいか、この散歩で本格的に楽しむことは出来なかったが、それでも有意義な一日だった。