馬場都々古別神社

八槻都々古別{やつきつつこわけ}神社から馬場都々古別{ばばつつこわけ}神社までただ5キロ程度だし、水郡線の電車は少ないので、歩くことにした。その他の理由は、118号の道路を歩いてもいいので、道に迷う恐れはほとんどなかったし、ちょっとゆっくり地元の風景も楽しめると思ったからだ。予想の通りになった。景色には雪があったが、もう歩道には雪はほとんどなかったので、安全に歩けた。地域の印象は過疎地ではないことだった。道路と鉄道のお蔭かもしれない。

雪の中で、鳥居の無効に社殿が見える。馬場都々古別神社に着いたら、境内に積もった雪はちょっと多かったので、表参道を進むのには注意は必要だった。手水舎の周りには氷が凍ったが、バランスに気をつけながら手水の義ができた。そして、神職を探した。予定よりちょっと早めに到着したし、神職にはもう一つの職業があることも分かったので、まだいないかと思ったら、随神門を通ったら、社殿から拍手の音が聞こえた。確かめたら、宮司さんが社殿で立って、私に手を振った。気づかされて、社殿に向かった。

この拝殿と本殿は、八槻都々古別神社と基本的に同じ形だったが、私の座る位置が違ったので、拝殿と本殿を繋ぐ廊下の中に見られた。宮司さんが先ず初穂料{はつほりょう}を神前に奉って、そしてお祓いを行った。祝詞奏上の後で、玉串を奉ったが、宮司さんが先に奉ってから、私が後で廊下に入って拝礼した。

祈願祭が終わったら、暫くの間拝殿のなかに座って、宮司さんの話を聞かせてもらった。馬場都々古別神社の歴史は長いそうだが、証拠の一つは大鎧を所蔵することだ。この大鎧は、しっかり作られたし、丁寧な施しで、朱塗りでいつもより多く四回塗りだそうだ。専門家が見たら、平安時代末期や鎌倉時代初頭の物だと看做されるそうだし、権力者の物であったことは間違いない。そして、源頼朝が弟の義経を追い掛けたところ、7日間馬場都々古別神社から遠くない白河で宿泊したそうだから、おそらくその時大鎧を納めたのではないかと思われます。定かではないが、可能性はかなり高いそうだ。鎧自体は残念ながらバラバラになってしまったので、国の重要文化財に止まるが、神社の歴史や権威を語る宝物だと言えよう。

それに、額も歴史のあるものだ。明治時代には都々古別神社という額を皇族に書いてもらったそうだが、それが拝殿のなかでかかっている。そして、江戸時代に松平定信{まつだいらさだのぶ}によって書いてもらった物もあるというが、それは拝殿の外にかかっているので星霜に晒され、金箔の文字が荒れている。宮司さんによると、八槻都々古別神社と馬場都々古別神社の古代の歴史は不明であるそうだ。江戸時代の初頭に、馬場都々古別神社のほうが重要なのようだが、八槻都々古別神社があの徳川光圀と関わって、江戸時代後期により重要になった。しかし、明治時代になったら、馬場都々古別神社がすぐに国幣社になったのに対して、八槻都々古別神社は十年後だったそうだ。過去には権威争いがあったと想像できる。

神社の門を見上げて、木と青空が見える馬場都々古別神社の境内は素晴らしい。本当に神社らしきところだ。宮司さんによると、江戸時代にお城の建築の為にもとの鎮座地から霊山に遷座されたそうだが、社殿などは江戸時代に藩主などの篤い保護で建てられたという。拝殿の床の板は驚くほど厚くて長い。東日本大震災で、社殿が殆ど揺れなかったそうだから、当時の職人の腕が分かる。境内には木々は多いし、神社の建物には朱塗りなどはないので、大自然に中に溶け込む。

表参道から入ったら、石段を登りながら鳥居をくぐって、手水舎や社務所に辿る。そこから参道は平で、随神門をくぐる。随神門の内側には銅の鉾が立つが、内側の物は神社によって異なるようだ。東京の日枝神社でお猿の彫刻だし、八槻都々古別神社で狛犬だ。随神門から続いたら、また鳥居をくぐって柵に区切られた空間に入る。ここで社殿が建つ。社殿は、拝殿と本殿からなって、その間に廊下がある。この廊下は、権現造りの石の間のようだが、社殿は権現造りではなさそうだから、ただの廊下か、幣殿か分からない。神社建築は専門ではないので、細かいところでまだ迷う。

宮司さんの話を聞いてから、境内で写真をちょっと撮らせてもらったが、すぐに電車に向かう時間になった。この神社も、またお参りしたい。

八槻都々古別神社

境内の中から撮られた鳥居と木々1月30日にツツコワケ神社を巡拝した。ツツコワケ神社というのは、福島県に鎮座する神社で、陸奥{むつ}の国の一宮{いちのみや}に名乗る。一宮は原則として一つの国には一つが鎮座する筈だが、公式な制度ではなかったので「本当」の一宮は曖昧か、複数の神社がその役割を担ったケースもある。これはその一つだ。ツツコワケ神社は三つあるし、塩釜神社も陸奥の国の一宮だと言われる。しかし、このツツコワケ神社がJRの水郡線に沿って鎮座することから、日帰りで参拝できることが分かったので、計画した。前もって神社に連絡して、被災地復興祈願の祈願祭を依頼したので、当日には天気が悪くないようにも祈った。

東京からの交通として一番早い手法は、東北新幹線で郡山に行って、そして水郡線{すいぐんせん}に乗り換えることだ。しかし、そうすると同じルートを繰り返すし、電車の窓越しで楽しめる風景が少なくなるので、私が水戸経由で行くことにした。その結果、家を出る時刻が5時半になってしまった。暗闇の中に溝の口へ歩いて、そして地下鉄で上野駅まで行った。上野で特急に乗り換えて、水戸まで至った。水戸で、水郡線に乗り換えたが、水郡線は各駅停車のみだし、本数も少ないので、水郡線に合わせるように計画した。幸い、無事に目指した電車に乗れた。そして、電車からの風景がすぐに山になって、楽しかった。

横から撮られた朱塗りの社殿
本殿と拝殿
最初の八槻都々古別{やつきつつこわけ}神社に参拝する為に、近津駅で降車して、ちょっと歩いた。当日の気温が零度を下回ったが、雪などが降らなかったし、ほぼ晴れだったので歩くのは気持ちよかった。神社に着いたら、神職にすぐに拝殿まで案内してもらった。珍しいことに、神職が二人いたが、二人とも女性だった。服装から二人とも資格を持つ神職であることが分かったが、姉妹だそうだし、社家を継ぐ方だと思う。

祈願祭をとても丁寧に執り行ってくれた。神職の一人がお祓いを行って、そしてもう一人が拝殿から廊下に入って、本殿に近づいて祝詞奏上した。席から廊下の中に見えなかったが、祝詞をはっきり聞こえた。その中で、いつものように願主を紹介したが、私のことを「マレビト」と呼んだ。「マレビト」というのは、遠いところから来た人の意味だが、神道の伝統には極めていい意味を持つ言葉だ。特に柳田國男氏の理論で、神様がマレビトとして祭祀に出席したという。だから、ある人が外国から来たことを指す為に大変いい言葉だと思う。そして、私が玉串を捧げることになった。廊下に入って神前に玉串を奉る間に、神職の一人が生で雅楽を演奏した。本当に厳かな祈願祭だった。

拝殿の注連縄祈願祭の後で御朱印をいただいて、境内の写真を撮った。縁結びの木もあるし、社殿の周りに鎮守の杜が聳える。福島県では、境内を守れた神社は少なくないだろう。写真で見えるように、社殿の前に門もあるし、柵によって区切られた空間もある。社殿の前の注連縄の形は珍しい。入り口の前の柱に付いたが、真ん中に結びもあったし、かなり下がった。このような形を初めて見たかと思うが、次の馬場都々古別神社へ途中でまた見た。地域の特徴かもしれない。

神社の御祭神は、味耜高彦根命{あじすきたかひこねのみこと}日本武尊{やまとたけるのみこと}だそうだが、伝承によると、日本武尊が神社を創建したそうだ。式内社であるそうだから、少なくとも1100年以上の歴史があるが、神社についての説明によると、長い間修験道と密接したそうだ。社家の八槻家は熊野先達{くまのせんだつ}で、熊野詣での案内をした修験者だったという。勿論、神仏分離になったら仏色が一掃されたが、この歴史からの影響が残ると思えるだろう。そして、特殊神義のなか、国の重要無形民俗文化財に指定された御田植祭があるそうだ。旧暦の1月6日に行われると言われるから、私が参拝した時に近かった。残念ながら、日にちがちょっとズレたけれども。

祈願祭でお札と破魔矢を授与したが、破魔矢は大きくて、電車で運んだら壊れてしまう恐れがあったので、送ってもらった。破魔矢と一緒に大変丁寧な手紙が届いた。一年後納める為に八槻都々古別神社へ郵送してもいいというが、私は氏神様で納めると思う。

この参拝は本当にいい経験だった。もう一度お参りしたいと思うが、他のお参りしたい神社は多いので、できるかどうか分からない。でも、お勧めだ。

鹿島神宮

回路の上に神社の屋根が見える
鹿島神宮の本殿
鹿島神宮{かしまじんぐう}は茨城県に鎮座する常陸{ひたち}の国の一宮だ。八月にゆり子と真由喜をイギリスへ見送ってから、成田から足を伸ばしてお参りした。電車の時刻のせいで参拝する時間はちょっと短かったので、焦ってお参りすることになってしまった。それが印象を損なったことがよく分かったので、もう一回ゆっくりできる日にお参りするかもしれない。

神社に着いたら、直接にご祈祷受付に行って、被災地復興祈願祭を願った。鹿島神宮で参拝者の御祈願を決まった時刻に合わせて執り行うので、ちょっと待ったら、他の参拝者が拝殿のなかで集まった。集団祈願で建設工業の人たちがお参りしたが、代表する人とちょっとお話できた。香取神宮{かとりじんぐう}出雲大社{いずもたいしゃ}を薦めてくれたので、機会があれば参拝したいと思う。香取神宮は鹿島神宮より近いが、出雲大社は遠いよね。もう一人の参拝者は、合気道の道場の開業を祈る為に兵庫県からお参りした方だった。それを考えたら、私が出雲大社まで行けると思うようになる。ご祈祷は簡素のほうだった。神職は一人だけだったし、神事はお祓いと祝詞だけだった。そして、参拝者の名前を呼びながら、お札とお下がりを配ってくれた。

御幣の前に小さな石が地面から出る
要石(御幣の前に見える)
鹿島神宮の御祭神は、武甕槌{たけみかづち}大神だから、剣道などとの関わりは深い。武甕槌大神は、かなり重要な神様だ。記紀神話で大活躍するが、祀る神社も多い。7月に参拝した塩竃神社{しおがまじんじゃ}の祭神の一柱は武甕槌大神だし、春日大社にも祀られる。藤原家との関係は深かったので、権力に後押しを貰った信仰だったと思える。

ご祈祷の後で、授与所で御朱印と鹿島神宮についての本を受けた。そして、境内の散策と摂社や末社の参拝に出発した。

鹿島神宮の境内には木々が聳えるので、雰囲気はいい。それに、月曜日だったからだろうが、人は余りいなかった。残念ながら、帰宅の電車に間に合う為に参拝を急ぐ必要があったので、私の気持ちが落ち着けなかった。それでも境内の良さを感じた。

最初に奥宮に辿り着いたが、そのお宮で武甕槌大神荒御魂{あらみたま}が祀られるそうだ。伊勢の神宮でも天照大神の荒御魂を祀る別宮があるが、珍しい措置だと思う。神道で和魂{にぎみたま}と荒魂についての思想は、古代には重要だったが、表舞台から隠退したようだ。私が神道の小説を書いた時、荒魂に重要は役割を与えたが、それが私の想像にすぎない。荒魂をより詳しく研究したら興味深いかもしれない。

池の中に鳥居があるが、鳥居の上に大きな枝もある
御手洗池
奥宮からさらに奥に行けば、鹿島神宮の有名な要石{かなめいし}に至る。要石というのは、大鯰の頭を抑えて、地震を抑制する石だと言われるので、最近再認識されただろう。見に行った人が皆言うけれども、本当に見たら小さな石のようだ。地面から出る部分は確かに小さいが、形は奇麗で、ただ一角に過ぎないと考えれば、地下には巨大石がある可能性は充分ある。要石の大きさを調べたことがあるだろう。勿論、掘り出すわけにはいかないが、現在の技術で掘らずに大きさをはかることができるようになったので、無理ではない。ただし、小さな石であることが分かったら、それは問題になるので、眠っている鯰を寝させたほうがいいだろう。

そして、御手洗池{みたらしのいけ}にも参拝した。特殊神事の場で、特徴は池の中にある鳥居と玉垣だろう。池の後ろの崖から木が池の上に伸ばすが、それも印象的だ。この池で禊を行うことがあるそうだが、それはいつかまだ調べていない。

鹿島神宮の印象は、「もう少し時間があったら、ここはいいね」という。距離的に家からそんなに遠くないが、電車でやはり時間がかかるのでもう一度参拝できるかどうか、まだ分からない。

塩竃神社

塩竃{しおがま}神社は、塩竈市に鎮座する陸奥国{むつのくに}の一宮で、七月に被災地復興祈願するためにお参りした神社だ。お参りについてもう当時に投稿したが、今回神社自体についてもう少し詳しく書きたいと思う。前に書いた通り、祈願祭の後で神職に神社の案内をいただいたので、覚える限り伝えたい気持ちで書く。

険しい石段が続く
表参道
神社の鎮座地は小高い丘の上だから、表参道の石段は険しい。毎日登ったら足が強くなる筈だが、より優しい参道もあるので毎日登る人は少ないだろう。石段の上に、随身像のある楼門が立つし、回路もある。建物は朱塗りだから、仏教建築の影響を受けた構えだと言えるだろう。楼門をくぐったら塩竃神社の境内に入るが、境内の構造はちょっと珍しい。入り口の横に授与所やご祈祷受付があることも、向かって左に控え室のようなところがあることも確かによくあるパターンだ。しかし、本殿は真正面にあるだけではなく、向かって右にもある。

塩竃神社の御祭神は三柱になるが、楼門と向き合う左右宮には二柱の神が祀られるし、右手にある別宮には一柱が祀られる。左宮には武甕槌{たけみかづち}神を守るし、右宮には経津主{ふつぬし}神を守る。そして、右手にある別宮には主祭神の鹽土老翁神{しおつちおぢのかみ}を祀る。この点に、珍しいことは多い。先ず、本殿を三つあるのは珍しい。それに、左右宮には拝殿は一つしかないので、拝殿は二つ、本殿は三つという構成になって、神職によるとこの構成を持つのは塩竃神社のみだそうだ。そして、主祭神を別宮で祀ることも珍しいだろう。神社のホームページによると、この「別宮」は神宮のように一段下の社という意味ではなく、「特別のお宮」と言う意味だそうだが、それは後で付けられた説明のように聞こえる。ご祈祷を執り行ってもらったら、普段は別宮で祝詞奏上などの神事を行うことは、これを踏まえたら当然だが、一番大きくて、境内に入ったら目の前にある拝殿で行わないことはやはりちょっと不思議であるのは否めない。

神社の拝殿のまえから別な神社を見る
志波彦神社の拝殿から塩竃神社の別宮の本殿を見る
回路の中に灯籠が立つが、神職によると震災で倒れたそうだ。私がお参りする前に直したけれども。石灯籠もあるが、金属で作られた灯籠もある。一つは簡素で鉄で作られたようだが、この灯籠は松尾芭蕉によって褒められたそうだ。今も正しく覚えれば、平泉の藤原の一人に奉納されたそうだが、それは誓いを果たす為だった。その人の兄達が誓いを忘れたそうだから、忠実を守る一人を表す灯籠だった。この用に歴史がある灯籠でさえ、明治維新の時に仏教に因む宝珠の部分が取り替えられたそうだ。もう一つの金属灯籠は凄く賑やかな装飾が施された灯籠だが、伊達家によって奉納されたそうだ。神職によると、四基が奉納されたが、大東亜戦争になったら三基は政府に徴収され、武器に転用されたそうだ。残念に思わざるを得ない。

塩竃神社の境内の隣に志波彦{しわひこ}神社が鎮座する。御祭神は志波彦大神だが、元々離れたところで鎮座したそうだ。十世紀には重要な神社だったのに、時代が下がる次第衰退したので、明治時代になったら塩竃神社の境内に遷すことになったという。社殿はようやく昭和時代に建立されたそうだから、歴史がある神社であるのに社殿も比較的に新しく、鎮座地も新しい。それでも、塩竃神社の摂社や末社ではなく、別な神社として扱われる。要するにまだ独立する神社の扱いだ。今訪れたら、区切りがある境内に鎮座するし、専用の授与所もある。御朱印も別々だ。志波彦神社でご祈祷を執り行ってもらえるかどうか確認しなかったが、ちゃんとした神社であることは間違いない。

丘の上の鎮座地のお蔭で、津波の被害を受けなかったようだし、かなりいい雰囲気が漂った神社だった。多忙な時期ではなかったので個人扱いになったからだろうと思うが、有数な神社がどうやっていい気持ちを参拝者に伝えるかは私のなかの話題になった。塩竃神社は大成功だったので、ヒントになるだろう。