また打ち合わせ

もう一度八芳園に行ってきた。今日司会者との打ち合わせはメーンだったが、席次表、音楽、バスの最後の説明などした。これから、本当に物を渡すだけだと思う。確かに、私の家族がまだ衣裳打ち合わせをしていないが、それは私の打ち合わせではない。また八芳園に行かないといけないけれども。

とにかく、うまくいった。司会する人は英語もできるので、一安心だ。問題があっても、説明できるようだからだ。楽しみだね。

そして、ゆり子の大学の友達の展覧会を見に行った。それも楽しかった。明日、最後の披露宴準備するつもりだから、これから寝るつもりだ。ちょっと短い記事で、すみません。

第二回目最終打ち合わせ

はい、その通りだ。昨日、映画を見てから、第二回目最終打ち合わせに行って来た。今回は、本当に最終。。。ではないようだ。今週も席次表などを確認するための打ち合わせとか、司会者との打ち合わせなどがあるようだ。

でも、昨日最終見積書をもらった。やはり恐いよ。支払えなくはないが、高くなったなとの感じだ。素敵な結婚式や披露宴にならないと、どうしよう。いや、積極的に考えて、このぐらい努力したりお金を費したりしたら、必ず素敵になると思ってもいいだろう。そして、友達と親戚がたくさん出席してくれるので、それも楽しくなる。

といっても、やはり八芳園への道にすごく慣れてきた。思わず行けるかもしれない。

やらないと行けないことが一つしか残っていないので、一安心できる。そして、やりたいことは、その上二つ、三つぐらいだから、それもできなくはないと思う。ただし、一番大事なのは、当日まで足りるほど寝ることだ。当日に元気だ精一杯出せるため。

私もゆり子も緊張で、わくわくで、ドキドキで、楽しみにしている。

最終打ち合わせ

だったらいいね。今日はいわゆる最終打ち合わせだった。すごく進んだ。相継いでことを決めて、当日んお形を定めた。だが、やはり最終ではない。引出物などを持ち込んだり、両親の試着したり、司会の方との打ち合わせしたり、もう一度担当者との打ち合わせしたりしないといけないようだ。今回の打ち合わせは4時間だったのに、ちょっとだけはみ出した用事があった。

そして、途中で衣装の担当がきて、私の腕をはかり直した。私の手は非常に長いようで、普通の点まで測ったら袖が短く見えるようだ。そして、打ち合わせの後でもう一度試着した。幸い、2Lの普通のワイシャツはぴったりなのようだから、オーダーメードはひつようにならない。そして、いい上着も見付けて、これからまた行かなくてもいいと言われた。本当に最終回かな。

そして、渋谷に行って、引出物を買った。来客に合わせて、引出物を数種類にした。持込料があるが、家族などのためにちゃんと選びたかった。家族の一人がこのブログを読むので、詳しくなにも言わない。

今日よくできたと思うが、やることがまだ残る。頑張る!

衣装打ち合わせ

只今結婚式の衣装打ち合わせから帰ってきた。なんで深夜まで続いたかというと、やはりゆり子の相談だった。私の相談は30分以内できたが、ゆり子の相談が6時間以上かかったようだ。確かに、私の相談の結果は、腕が長すぎて、普通の人間のワイシャツが着れないということだった。だからもう一度サイズの確認のために行かないと行けないそうだ。まぁ、何回もいくので、もう一回を加えてもあまり変わりはないだろう。

疲れた。