可能性の言葉:「would」「may」「might」

英語で、可能性を表す言葉は複数ある。この投稿で、その三つの「would」「may」と「might」を説明する。生徒さんと話したら、この違いは確率の高低によって決まるのではないかと思う人は多いようだが、そうではないのである。順番に紹介すれば、わかりやすいと思うのでは、そうする。

まず、「would」。「would」は、「仮にこの状況が実現されたとしたら、きっとこの展開になるだろう」という意味だ。つまり、可能性が関わるのは、状況が実現するかどうかについてだ。その状況の中の展開はよくわかっていると主張している。

そして、「may」は、「このような状況のなかで、こういう風に展開することはあるが、毎回ではないので、今回は必ずそうなるとは限らない」という意味だ。「may」は、許可を表す意味もあるが、存在の能力を表すことは多い。

最後に、「might」は、「はっきり何も言えないが、このような展開も除外できない」という意味だ。

説明だけでは不十分だから、例も挙げよう。

「If he became Prime Minister, he would invade China.」「仮に彼が首相になったとしたら、きっと中国を侵略するだろう。」この場合、この候補の性格や政策はよく分かる。権利さえあれば、中国との戦争を起こすに違いない。ただし、首相になる可能性はゼロである場合もある。例えば、引きこもりで、ただネットで乱暴な言葉を表す人であれば、首相にはならないが、仮になったとしたら、このようなことは言える。だから、「would」は、極めて低い確率と一緒に使える。一方、確率が高い場合でも使える。「If I went to the cinema, it would cost ¥1800.」「仮に映画を見に行ったとしたら、きっと¥1800がかかるだろう。」という意味だが、映画好きな人であれば、映画を見ることは多いだろう。実は、「would」は仮定法だから、仮説について話すための言葉だが、その仮説の確率は関係ない。重要なのは、今の時点で実現されていないことだ。

「If he becomes Prime Minister, he may invade China.」「もし首相になったら、もしかして中国を侵略するだろう。」この場合、この人なら侵略しない可能性もあるが、侵略するための条件は揃っている。例えば、武力で問題を解決することには肯定的な態度をよく表すとか、中国の動きを懸念するとか、領土問題を強調するなどのことは多いし、問題の事前防止のための戦争も訴えている人であれば、この人には侵略する可能性は十分潜んでいると言えるのではないか。しかし、首相になる確率も低いこともあるし、首相になったら侵略を命じる確率も低い場合もある。逆に、その確率は両方とも高い場合も。

「If he becomes Prime Minister, he might invade China.」「もし首相になったら、中国を侵略する可能性もある。」この場合、人の性格はよく分からない。もしかして、絶対にそのような武力行為をしないかもしれない。しかし、それを保証する証拠はない。他方、実の確率は高い場合もあるが、その証拠は不十分で、より強く言えない。

つまり、この言葉の違いは、確率の高低ではなく、確率はどこにあるかである。不明なのは、状況が実現するかどうかだけであれば、「would」になる。(場合によって、「will」になることも。「If he becomes Prime Minister, he will invade China.」これは、選挙の前に有力候補について言えることだ。その場合、実に恐ろしい。)もし、この状況でするかどうかは不明だが、そのような状況でできることは確実であれば、「may」が相応しい。そして、状況でどうするかということも、能力の状況も不明であれば、「might」になる。

話し手の知識を表す言葉だから、文章から判断するのは難しい。話し手の状況を聞かなければならない。そして、曖昧な場合も少なくない。だから、ネイティヴの間でも、使い方が曖昧になる。特に、自分の意思について話す場合、「might」と「may」をほぼ同じ意味で使うことは多い。なんでも決められるが、まだ決まっていなかったら、どちらの場合であるかは不明だからである。

これは難しい使い分けだが、覚えて欲しいのは、原則として確率の高低とは無関係であることだ。

「wish」「hope」「look forward」

英語のレッスンで、「期待する」という表現がよく出てくるが、英語への役は難しい。辞書を引けば、「expect」が出てくるが、英訳として間違っていることは多い。特に、尊敬を表しながら、相手に「expect」とは言えない。例えば、日本語は「ご活躍を期待している」としよう。「活躍」も訳しにくいが、ここで「contribution」とする。

I expect you to contribute.

これは極めて強くて、冷たくて、目上の目線である。先生が児童に言うセリフに見える。失礼ではないが、命令に近い。もちろん、いかに辞書で調べられる意味に基づくとしても、日本語の英訳として適切ではない。というより、日本語の趣旨の反対になったとも言えるだろう。では、もう一回挑戦しよう。

I wish you would contribute.

えーっと。これもダメだ。「仮に活躍してくれたらいいなと思うが、そうしてくれるはずはないよね」という印象になっている。親が子供を批判する表現である。子供は怠け者で火事に一切貢献しない場合、この表現は使える。必ずしも叶わないという意味ではないが、否定的な雰囲気は強い。wishの内容は、現実とかき離れている。ところで、そのため仮定法を使わずに

I wish you will contribute.

と言ったら、文法的な間違いになってしまう。

では、次。

I hope you will contribute.

これはやっと日本語の意味に近づいてきた。これは、貢献してもらう可能性は十分あるし、期待していることを意味するが、相手が貢献しない可能性を示唆している。だから、相手に活躍しない可能性があったら、それとも活躍しない権利を持っていれば、こ訳は適切だろう。例えば、「ご参加を期待している」と言ったら、「I hope you will attend」が適切である場合は多いだろう。しかし、期待の通りにしない可能性は示唆されるとはいえ、明らかに示唆されているので、期待を叶えないと言ったら失礼であれば、このような英訳を避けるべきだ。その場合、最後の候補になる。

I look forward to your contribution

この表現は、期待の通りになることを確信しているというニュアンスがある。だから、相手は拒否しないことを前提とする。そのようなことをするのは当たり前である場合、これは相応しい。例えば、新しく就任した人への挨拶として、この英訳は一番適切だろう。活躍しない可能性に配慮している印象は与えたくないからだ。一方、相手には拒否する権利があれば、この表現はちょっと失礼。

このような微妙な違いは英語の敬語の入門である。特に指摘したいことは、「look forward」の方が丁寧であるなどのようなことは言えない。場合によって、hopeのほうが丁寧であることは多いが、look forwardのほうが良い場合も少なくない。英語の敬語は、その傾向が強い。つまり、日本語のように「丁寧な言葉」を学んで、はい、お終い、ではない。相手の立場を考えながら言葉のニュアンスを考えなければならない。だからこそ、レッスンでよく出てくる問題であろう。

「where」と「that」

久しぶりに英語についての投稿をアップしたいと思う。今回は、関係代名詞の使い方についてだ。場所について語ると、「where」を関係代名詞として使うように教えられるのではないか。例えば:

Manchester is the city where I was born.

しかし、場合によって「that」を使うべき文のある。例えば:

Manchester is a city that I want to visit.

この文に「where」を使うと、間違いになる。正しい英語ではない。では、いつ「that」になるか、いつ「where」だろう。基準は下記の通り。

「where」は、何かの行動の舞台を表す。つまり、「where」は、行動に絡まられる場所ではない。むしろ、行動の背景に過ぎない。最初の例は、行動は私の出生だから、場所は直接的に関わっていない。舞台に過ぎない。一方、「that」は、場所は行動の一部になる場合に使う。ただの舞台ではない。「that」の例で、場所の欲望の目的だから、ただの舞台ではない。より具体的な例もある。

Kiyomihara was the first city that was built to be a permanent capital for Japan.

ここで、浄御原は都として作られたので、「that」を使うべきだ。ただの舞台ではない。一方、「where」の例は簡単に作り上げられる。

Kiyomihara is the city where she died.

この人の死は、浄御原と直接的な関係はない。ただの舞台である。

このように考えれば、代名詞は両方正しく使えるだろう。

オクスフォード・コンマ

英語の文法では、Oxford commaと言われるコンマが存在する。それは、例などを列挙する場合、最後の「and」の前に入れるコンマだ。人によって、使う人も使わない人もいる。使わない出版社は最近多くなったような気がするが、使うところはまだある。違いは小さいだし、意味に影響を及ぼすことはあまりないと思われる。

例えば、ある例として:

I bought some apples, milk, and a newspaper.

そして、ない例として:

I bought some apples, milk and a newspaper.

文章をすっきりさせるためにオクスフォード・コンマを省略する人は少なくないだろう。しかし、英語にはもう一つの形が似ている文法もある。それは、言葉の内容を説明する文法だ。例を挙げよう。

This car is sold in two colours, red and black.

この文の語尾は列挙ではない。販売されている色の内容は赤と黒であると言う意味だ。この文法であれば、「and」の前にはコンマを入れていは行けない。

だから、オクスフォード・コンマには役割がある。列挙と説明の文法を区別する役割である。それは重要である場合もある。例えば、本では感謝を掲載する文を考えよう。作者はカトリック教徒である。

I would like to thank my parents, God, and the Blessed Virgin Mary.

つまり、「両親、そして神様と聖母マリアへ感謝申し上げたい」。これは、正当性のあるカトリック教徒である。しかし、オクスフォード・コンマを使わないと、次の通りになる。

I would like to thank my parents, God and the Blessed Virgin Mary.

つまり、「両親、すなわち神様と聖母マリアへ感謝申し上げたい」。これは「私は、キリストだよ!」と言う意味になってしまうので、正当性は全くないカトリック教徒だろう。

オクスフォード・コンマの役割は重要になる場合がある。そして、三個以上の列挙に入れても、差し支えない。間違いにならない。私は、文の構成をより明らかにするためによく使うが、ノンネイティブへの勧めは、いつも使うということだ。曖昧になるかどうかを判断するのは、難しくなる場合もあるので、それについて悩まずに通常に使用したほうが無難だと思う。