神祭りの参列

神産霊神社の神祭りは、神巫が斎行するし、氏子や共同体の意思を伝える役割はないので、誰も参列しなくても構わない。それでも、参列することを可能としたいと思う。今回の投稿で、その理由と方法について説明する。

祭祀自体の立場から見れば、参列者がいれば、さらに厳粛に執り行えると思える。つまり、神様のために複数の人が参列すれば、さらに尊敬や畏敬を表すので、祭祀の意義を深める。

そして、秘儀を持つのは良いが、完全に秘密とすれば、噂や疑いを生むことは少なくない。神巫になるのは簡単ではないので、一般の人にとって神巫が見えることは、見えないことと等しい。一方、一般の氏子崇敬者は参列できれば、それほどの秘密はあるとは思えないだろう。あったら、すぐにバレてしまうからだ。神道の場合考えられば具体例は、大嘗祭の秘儀の学説である。それは、大嘗祭で天皇が神様の依代になった女性と性交したという説だ。大嘗祭の儀式には誰も参列できなかったのでこの仮説があった。(現在もそうであると思う人はいないだろうが。)

最後に、氏子崇敬者の立場から考えれば、神巫になれない人は少なくない。神巫は神社の職員だから、神巫になっていない氏子崇敬者はなければ、神社の経営が厳しくなるだろう。一方、神祭りは神社の祭祀の中心である。神社を支える人たちには、その祭祀に参列できないと決めるのは良くない。

しかし、神祭りには清浄も極めて重要であるし、厳粛だから気軽に参列できる設定は良くないと思わざるをえない。だから、条件を設ける。ここで、バランスをとるのは重要である。

まずは、人の資格について考えなければならない。「一般」の人といえども、誰でも参列できるとは限らない。ただし、一般の生活を送っているうちに満たせる基準を設ける。神社との絆は事前に持たなければならない。幸い、このような基準をもう決めた。大祭を願うための基準である。氏子祭の大祭と神祭りの度合いは似ているので、同じ基準を使用しても良いと思う。

そして、禊祓の必要性を考えなければならない。これで、大祭と同じ禊祓は足りないと思う。神巫と同じように神様に近づくので、神巫と同じような潔斎は必要だろう。ただし、奉仕するための霊力を神様から授かる必要はない。奉仕しないからだ。だから、三泊に亘る禊祓をさせるが、神巫がそれから執り行う祭祀は必要としない。つまり、神祭りに参列するために、まず三泊しなければならない。三連休があれば、一般人でも金、土、日の夜に禊祓をして、月曜日の祭日の神祭りに参列できる。大御饌の祭りは毎日執り行うので、少なくともその祭りは可能になる。(ただし、月曜日の夜の大御饌に参列できるので、遠方から来たら、月曜日いない帰るのは厳しい。)

なお、神祭りに参列する人は、ただ傍聴する。氏子祭などで参加するが、神祭りは参列者のための祭ではないので、参加はない。一方、祭祀は体験できる。

大御饌祭

神産霊神社では、神巫が神祭りを担当すると述べたが、今まで詳しく描写したのは拝殿での降神の儀と昇神の儀にとどまる。これで、さらに毎日執り行う小祭を考えたいのだ。

一般の神社では、「日供」と言う祭りがあるようだ。それは、毎日神様に神饌を供えることである。このような祭祀は、神宮でも見えるが、神宮では1日たりとも怠らずに一千数百年を続いてきたそうだ。神産霊神社では同じような祭祀があるのは相応しい。

まず、神饌の調理を考えなければならない。これも神巫が担当するが、火を火鑽などで起こして、井戸水などで調理するのは適切である。(それに、その材料の準備と関わる祭祀があると良いが、それは後ほど考える。)火を起こす場合は、火産霊神の神社で行うのは良いし、井戸は湧産霊神の神社で執り行う。ところで、ワクムスビ神は、伊弉冉神が死ぬ前に尿を漏らし時に、尿から活性した神だし、神宮の豊受大神宮のご祭神の豊宇気毘売神の親だったので、新鮮と深く関わる。火産霊神は、伊弉冉神の死因となったヒノカグツチ神の別名で、火の神様である。神産霊神社では、「産霊」の呼称を使用するのは当然だろう。食物は、豊宇気毘売神の管轄で用意するだろうが、豊受産霊神と称する。調理自体は、大宮女神の神社で執り行うが、これも祭祀の形をとる。

火、水、食の祭祀は簡潔にしなければならない。毎日、ほかの祭りの一部として執り行うからだ。だから、神聖な区域で、祝詞奏上をしてから、必要な動作をする。その動作には儀式の味を与えるべきだろう。例えば、神宮では水を汲めば、影が井戸に落ちないように気をつけなければならないそうだから、そのような禁忌を取り入れるだろう。この三つの祭祀は、それぞれ一人の神巫によって執り行ない、三人が合流して、一緒に神饌を調理する。

調理したら、三人で進行して、祭場に向かうが、祭場をどうすればいいかも、課題である。

本社の本殿の前の斎庭は基本的に適切だと思うが、建物の中で執り行う方が良い。この区域には、もう氏子祭の大祭のための祭殿があるので、その向こう側に御饌殿を設置すれば良いだろう。左(向かって右)は上位だから、どっちをそこに置くかを考えなければならない。御饌殿の方が適切なのではないかと思うが、まだ決まっていない。

御饌殿に入ったら、まず神饌を供える。続いて、祝詞奏上してから、神楽を奉納する。もしかして、一人は舞い、残りの二人が音楽を演奏する。神楽の後で、神巫が神様と一緒に共食する。そして、徹饌の儀と祭祀の終了がある。

この祭祀は、毎日二回執り行う。まずは、拝殿での昇神の儀の直後始めて、夜8時ぐらい斎行する。そして、朝方では、拝殿の降神の儀の前に終わるようにも執り行う。つまり、この祭祀の間に夜の睡眠をとる余裕があるように設定する。神巫が昼間に寝るような設定は避けたいからだ。(研究の成果によると、健康に悪影響があるそうだからだ。)

この祭りは、神産霊神社の神明奉仕の基本となる。神宮と同じように、この祭祀を怠らずに執り行うように努力すべきである。

神巫の装束

今回の投稿で、神巫の装束について考えたいと思う。神主と巫女の装束と違うのが良いが、その詳細を描写したいと思う。

まずは、『古事記』や『万葉集』などの古典から見える古代の祭祀服を受け継ぎたいが、それで襷と鬘をしようと思う。もう一つは玉である。勾玉は三種の神器の一つであることは周知の通りだが、神話などを見れば、古代の祭祀の場合緒が通る玉を身につけることは多いようだ。この場合、筒玉もよく使われているようだ。しかし、これは服装にはならない。(筒玉で作られている服は思えるが、大変重くなるだろう。そうしない。)

基盤となる服は、和風とするのはもちろんのことだが、履くものを避けて、巻くものに限ると思う。つまり、袴は履かない。この一点で、神主と巫女との区別は付く。そして、履くものはなかったら、足袋もしないし、靴もしない。原則として、裸足で奉仕する。もちろん、外であるけば、何かを履く場合もあると思われるが、それは装束から逸脱ことになる。普段の生活などに戻るために神職が装束を脱ぐことと同じである。

着るものを具体的に考えれば、まず腰巻をして、その上長襦袢をして、そして小袖とするだろう。一応普通の和装であるが、基盤として適切だと思われる。帯代わりに、しめ縄を使ったら良かろう。もちろん、薄い縄になるが、紙垂を垂らす。これで、神巫の神聖性を象徴する。小袖を閉めるために、布などの帯も使う必要があるだろうが、象徴としてしめ縄も付ける。

この上、袿のような服を羽織ると良かろう。小袖で終わるのは不十分だが、さらに一枚を羽織っても、まだ動きやすいだろう。長さを調整しなければならないが、それは可能だと思う。

そして玉のことだが、首飾りも腕飾も神話などで見える。それに従って、首と腕に筒玉と勾玉の飾りをつける。そして、後ろの垂らす髪にも、玉が入っている飾りをつけても良かろう。鬘は、偽物の髪の毛ではなく、簪や冠のような飾りになる。現在の巫女が巫女舞のためにつけるものを考えれば、そのようなものである。

そして、襷もする。しかし、襷は二つの可能性がある。一つは、他の服の上にすることだ。もう一つは、他の服の下で、肌の隣にすることだ。襷は清浄を象徴するものだから、神主などは装束の上につけるが、神巫の特別な資格を強調するために、下でするのは良かろう。

これで、装束の形があるが、色などはまだ決まっていない。それは、後ほどさらに考えたいと思う。なぜなら、現行の神職の装束で、色などで神職の階級を表すが、同じようなことにしたいと思うからだ。だから、神巫の階級を考える前に、装束の色を考えることはできない。

では、もう少し神祭りを考えてから、またブログの話題を変えさせていただく。