大手企業と自由

零細企業が大手企業と実質的に競争できることは、自由を保つために必要であると去年末述べたが、それはなぜだろう。

大手企業の経営陣には意見や方針がある。これは当たり前だし、経営陣の自由を尊重するべきだからこのような意見や方針をなるべく制限しない方が良い。しかし、その場合経営陣の方針などに賛同できない人は当然いる。例えば、大手企業の経営陣がキリスト教に敬虔であり、企業の運営方針にはキリスト教の倫理等を反映する場合を考えよう。例えば、教会に寄付すること、それともキリスト教の布教を支援すること。企業内でもキリスト教の儀式を行うことも視野に入れるべきだ。このような行動を禁じるのは好ましくない。経営陣が民間の企業である哲学や方針を実現するのは当然だし、その哲学には宗教的な要素があっても当然のままだ。ただし、それに賛同できない人はいるだろう。特にイスラム教徒が例として思い浮かぶ。

自由を保つために、経営陣にはキリスト教を導入する権利を保障しながら、イスラム教徒にはその企業で働かない権利を保障する。イスラム教を導入する企業を探せてもよいだろう。それとも、自分のイスラム教の企業を創設すれば良い。

問題はここだ。もし零細企業が大手企業と競争できなければ、イスラム教を尊重する企業を勃興することは事実上できない。もちろん、創設の手続きはできるが、営業が始まったとたん、大手企業に潰される。そして、イスラム教は大きな宗教で、世界中にイスラム教徒は多いので、探せばイスラム教を尊重する企業を見つけるだろうが、小さな宗教に属する人はそうできない。自分の宗教を尊重する企業を見つけることはできない。創設するしかない。特に、働きたい分野もマイナーであれば、宗教は大きい方でも創設しかない可能性はある。

これに対して、大きな企業には宗教によって差別しない義務をつけたらよいのではないかと思う人は多いだろう。ただし、私は賛成できない。まず、その義務自体は自由に違反するので、避けたいのだ。でも、より根本的な問題がある。宗教には特別な地位を与えたくない。他の信念に同じような重みを与えるべきだと思う。経済のあるべき姿も含まれている。

企業を経営するために、経済のあるべき姿についての信念は必要だ。経営方針の指針だ。暗黙的なことである場合は多いだろうが、いつも存在する。そして、その指針に賛同しない人は存在する。ただし、企業に経済的な指針を持たないことは義務づけられない。それは「経営しない義務」と等しいからだ。

だから、経営陣の自由と個人の自由を双方尊重するために、新しく創設された零細企業が大手企業と競争できる環境を整えなければならない。もちろん、新しい企業が成功する保障はない。ただし、最初から失敗が決まっている状態でもない。

つまり、ある人が既存の企業に就職すれば、自分の信念に違反すると感じたら、その信念を尊重する自由がある。その方法として、自分の企業を創設することだ。確かに普通の就職より難しいが、仕方がない。少数派の生活はいつも主流の人間の生活より辛い。その問題は解消できないだろうと思うが、それより先に少なくとも少数派の人の生活を可能として、不自由を払拭するべきだと思う。努力は必要とすれば、努力できる環境は必要。だから、大手企業と競争する零細企業の創設を可能とするべきだ。

神宮大麻奉斎の価値

『神社新報』を読むことはかなり遅れているので、つい最近12月2日付を読んだ。年末が近づくと、神社界で大きな話題になるのは、神宮大麻の頒布だ。周知の通り、神宮大麻は伊勢の神宮の神札である。神社本庁の方針は、神棚を設ければそこで神宮大麻を祀るべきということだ。神宮大麻に加えて氏神様のお札も祀るのは普通だが、神社本庁が特に強調するのは神宮大麻である。

昭和末期に神社本庁が「一千万家庭神宮大麻奉斎運動」を開始した。名称からすぐに分かると思うが、その目的は日本中の一千万の家庭の中で神宮大麻を奉斎してもらうことだった。ほぼ30年が経ったが、まだ達成していない。実は、神道の現状についての研究発表を読めば、神社が神宮大麻を受け取って、氏子に伝えずに一年間保管してから焚き上げするケースも少なくないそうだ。つまり、目標に達成していないというより、統計の中に幻の家庭も含まれているようだ。

このことは、神社本庁の中でも知られているに違いない。私は神道に興味を持っているが、非公開の情報源はないし、仕事とする方ほど分かるはずはない。ただし、この問題を正式に認めるわけにはいかないだろう。現行の神社界の制度の根本的な問題と関わるからだ。特に神社本庁と神社との間の関係には問題があるそうだが、急に露にしたら不要な危機になる恐れがある。

だから、間接的に問題に取組んでいるようだ。今回の『神社新報』の論説で、数値に捉えられずに神宮大麻の奉斎の意義啓発に努めるべきだと強調する。確かにその通りだと思う。多くの人が奉斎の理由に納得すれば、頒布体数が自然に増加するがなぜ持った方が良いか分からない人は多かったら、押し付けても長期的な効果はない。

しかし、この論説で、神宮大麻の奉斎の意義を明記してはいない。常識であると思われるだろう。『神社新報』を読む人であれば、当然筆者と共有すると思われるだろう。日本論理検定協会で、このような暗黙前提は極めて危険であることを教える。もしかして、相手が別な意味で考えているのではないか。そうであれば、誤解に基づいて進めば、後ほど深刻な問題が発生する恐れがある。というより、深刻な問題が待っている。

意義啓発のために、意義は何であるかをはっきり伝えなければならない。「啓発」は理解を深まらせる行動だから、そうしないと啓発をなさない。私は、神社本庁や伊勢の神宮に発行された沢山の書物を読んだことがあるが、神宮大麻の奉斎の意味はまだはっきり分からない。だから、啓発の戦略はまだまだであると言えよう。来年、はっきりした神宮大麻の説明は期待したいと思う。

今年の抱負

新年に入ったら、抱負を考えるのは恒例だ。だから、ここで公開する抱負を語る。もちろん、これ以外の仕事もあるが、特に目標はない。ただ去年と同じように続けたいと思う。ここで、特に目標があることについて抱負を載せる。

  1. 防災準備を徹底する。今まで防災準備を進めてきたが、やるべきことはまだ残る。例えば、大きな家具は固定だれているが、固定するべき家具も残る。同じように飲料水の備蓄があるが、食糧はまだ足りない。このような細かい準備があちこちに残るので、今年こそ片付けたい。
  2. Kannagaraを完成する。去年は、最初の発案から遊べる状態まで出来上がったが、刊行できる状態からまだまだ程遠い。だから、今年最後まで進めたいと思う。試し遊びは必要なので、今年の目標は刊行ではない。目標は、刊行と同じ形の完成した原稿だ。具体的にすれば、年末までに完成した原稿を一回目の試し遊びに入っている状態にしたい。できれば、それよりちょっと進んだ状態が好ましいが、断片的な試し遊びが始めたので、その結果によって必要な時間が変わる。達成できる目標を掲げる。
  3. Tamaoを修正する。Tamaoを著したのはもう4年前だが、修正して販売に出したいと思う。作成しながらの公開が修正を抑制したので改善できると思うが、まだそうする余裕は確保されていない。今年こそやりたいと思う。
  4. 神社検定壱級を合格する。出来るかどうか分からないが、復習はもうしているので、頑張る。
  5. 家族と仕事を均衡にする。もちろん、「引き続き」というつもりだが、去年よりよくできると良い。具体的な目標は非公開だけれども。
  6. 新しい社会貢献を見つけて、始める。3月末までまだ川崎市外国人市民代表者会議の代表者だが、年度と一緒に任期が終わる。4年間の社会貢献活動を終えるので、新しい何かが必要となる。今のところ探す余裕もないので、代表者会議が終わったら探し始める。目的は、年内始めることだから、探す余裕はある。
  7. このブログを続けて、内容をさらに充実にする。読者を確保できれば良いが、それを直接に目指さない。むしろ、興味があることについて書くつもりだ。去年、政治的な内容が多くなったが、今年哲学や神道も増やしたい。そして、ブログの大きな目標の一つは日本語の練習だから、連載小説も載せるかなと思っている。それとも、和歌などの形のある作品にするか。つまり、今まであまり書いたことのない日本語の種類をブログに載せるかもしれない。もちろん、和歌になれば読者が激減すると思うが、それはブログの主な役割ではない。

上記の目標を達成できたら、今年は充実な一年間になると思う。

明けましておめでとうございます

真由喜と今年のお正月飾り明けましておめでとうございます!

今、白幡八幡大神への初詣から帰ったところだ。年明け前に行ったが、お参りしてから真由喜がたき火に夢中になって、古札を続々と燃やしたので、結局1時間ぐらい神社の境内にいた。真由喜が相当楽しんだので、来年の初詣に参加したがると思う。

ただし、ゆり子は寒さを訴えて、家に留守番した。とはいえ、今年は寒くない。神社にいた間に、参拝者の列が絶えなかったし、帰る1時にもまだ境内から大きな道路まで及んだ。今年の関東地方の初詣の参拝者数は高い方なのではないかと思った。

では、今年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます。