よく進んだ

今日の仕事がすごくうまくいった。嬉しい!新しい生徒の最初の授業も無事に終ったし、今の執筆プロジェクトも予定通りに進んだし、編集仕事も一部できたので、満足。足りないことは、読書だけだ。だから、これから読むつもりだ。

同一

倫理学や意見分を読んだら、同一の話題がよく出てくる。(誤解されないように、英語の読物だから、日本語の用語をよく知らないし、日本での意見もよく知らない。)そういう論文で、私立学校が不公平な制度としてよく批判される。筋道は、次のようだ。

私立学校でもらえる教育は、公立学校でもらえる教育よりいい。いい教育を受けたら、将来に高級仕事に採用される可能性が高くなる。いうまでもない、高級職業の給料も高いので、私立学校に通っていた人が平均より豊富になる傾向が強い。しかし、私立学校に通うかどうかは、本人の能力と関係はない。むしろ、親の経済能力によって決められたことだ。貧乏な親に子供を私立学校へ送ることはできないんで、お金持ちの人の子供も、お金持ちになることになって、それは不公平だと言われている。

勿論、成績が本人の能力と全く関係はないとは言いたくない。天才なら、親が貧乏でも、子供が出世できる場合も多いし、一方、子供には頭がすごく悪かったら、私立学校に通っても別に出世できないはずだ。が、主張したいことは、貧乏な家族の子供と豊富な家族の子供が同じな才能を持ったら、お金持ちの子供がより出世することだ。仮りに能力を均一とすれば、豊富の子供がよりいいキャリアを得るという問題だ。

実は、例外があると思う。私立だからといって、必ずしも学校がいいとは限らない。そして、学歴と給料の関係は密接ではない。高校を卒業しなかった金持の人もいるし、世界一の金持の人が大学を卒業していないのに対して、私のように一流大学の博士でも給料は比較的に低い人もいる。人生の選択とも深い関係がある。しかし、例外が証拠になれない。例外は例外だ。不公平があるのは否めたくない。

論文の結論として、私立学校を禁止したほうがいいということがよく見られる。更に、禁じないと、悪人だという意見も出る。これまで、私は賛成できない。

どうして私立学校だけ批判されているか。教育を考えたら、他の同じように不公平な状況は沢山ある。例えば、親が毎晩子供と一緒に本を読んだら、子供の読解力が高めるという証拠があるらしい。が、親が本を読むかどうかは、子供の能力と関係はない。親の好みによってのことだから、これも私立学校のように不公平なのではないか。そして、仮りに親が科学を深く理解するとすれば、子供に説明ができるので、子供の科学進行が早くなるはずだ。これも、不公平と呼べないだろうか。親には特別な才能が無くても、子供の勉強をちゃんと支えたら、子供がよりいい成績を取ることを推測できるのではないだろうか。

他の似ている状況がいっぱいあることはいうまでもないだろう。私立学校より効果がある状況も含まれていると思う。例えば、親には先生の才能があったら、高級私立学校より進行させるかもしれない。だから、私立学校を禁止すべきなら、こういう支援も禁止すべきだ。とはいえ、同一について書く人は、一切こういうことを言わない。親をそういうふうに禁止しようとしたら、厳しく批判されるはずだ。その上、あの批判には、私も賛成だ。

これについて考えよう。私立学校が禁止されたら、先生才能はないがお金がある親に子供の教育が支えられなくなる。一方、お金は無いが先生才能がある親に子供の教育がまだ支えられる。この状況、不公平ではなくて何だろう。区別する正義な基本はないと思う。金持に対する怨みだけだろう。

そして、生まれながらに才能を持っている人が高い身分になったら、どうして公平だろう。人の才能は、本人の責任にできないだろう。親が王様だったように、幸運だけなのではないか。才能によって出世を決めたら、それも不公平と言えるだろう。が、私立学校も親の支援も禁止したら、本人の才能によって出世するはずだ。不公平の代わりに別な不公平を置き換えるしかないのではないか。一方、才能によって出世を決めたら公平なら、親の経済力によって決めても公平なのではないか。

多分、そういう意見を出す人には、金持の親はないが、才能があると思い込むだろう。だから、公平な世界で自分がよりいい出世したはずなのに、金持の子供が不公平的に先立ったと思う人がいるだろう。一方、貧乏な人と豊富な人と間の明らかで目立つ対照を見たら、高い人を低くすることは、低い人を上げることより簡単だと判断して、そういう政策を勧めるだろう。

が、お金があればこそ幸せになるわけはない。そして、人生の良さを考えたら、お金より幸せのほうが大事なのではないか。だから、幸せな人と不幸な人の間の対照を見るべきだろう。が、幸せさが早く判明できないので、あの対照が目立たない。実は、金持の平均幸せが貧乏な平均幸せより高いことさえ明確ではない。

同一が悪いとは簡単に言いたくないが、どういう同一が大事かとか、どういう不公平の原因を禁止すべきかなどの問題は、思われるより複雑で難しいと思う。

アメリカ人の顔か

今日ゆり子の叔母さんと叔父さんを会いに行ってきた。本当に楽しかった。やはり、私の親戚が本当に増えてきた。ゆり子の子供のころの話した、ゆり子の家族の話しを聞かせてもらったり、美味しい晩ごはんをたべさせてもらったりした。

が、私たちの写真を見たときには、叔母さんが「デイビッドさんは、アメリカ人の顔がありますね。」と言った。へぇぇぇ?そうなんだ?知らなかった。ゆり子は賛成していないが、私たちはアメリカ人の顔というのは、何なのか分からない。確かに、悪口ではないですし、私の家族の半分はアメリカ人で意外に似ているので、ただびっくりしただけだ。 アメリカ人の顔は、何だろう。

蜂の巣

私の書斎の窓に蜂の巣が付いている。今小さいが、巣の中に蜂の子供が成長しているように見えて、時間と一緒に大きくなるのを推測できる。いうまでもない、そんなに身近に蜂の連中が好ましくない。ゆり子と相談して、ゆり子も同意だと言ってくれた。だから、蜂の対策を考えることになった。

私は、毒を買って、蜂を殺したほうがいいのではないかと提案した。しかし、ゆり子が賛成してくれなかった。むしろ、殺さずに問題を解決して欲しいと言った。ゆり子の計画は、次のようだった。まず、木の箱を巣の上に覆って、窓から外して、箱の蓋をして箱の中に蜂を綴じ込む。そして、箱を持って森などに行く。(ここからなら、一番近いのは東高根森林公園かもしれない。歩いて20分ぐらい。)公園で、箱を開けて、蜂を開放する。そういう計画だ。

私には、ちょっと抵抗感がある。主に、ゆり子の計画は、ゆり子ではなくて、私が実現するということだ。私は、蜂を箱のなかに封じようとしたくないし、蜂に満ちられた箱を数キロも持ちたくないし、更に公園で箱の中の幽囚によって怒らせられた蜂を開放したくない。なぜなら、怖いからだ。刺されてしまう可能性が極めてたかくないか。ゆり子が自分で自分の計画を実現したら、応援して、後で傷を癒すことには抵抗感はないが、その道は閉鎖されているようだ。

だから、只今蜂の巣の問題が立ち止まっている。蜂が選んだ住いで楽しんでいる。

ところで、昨日ゆり子が購入1周年記念祝いをしてくれた。嬉しかった。だから、蜂の巣のことを許す。