神道を知る講座VI〜第3回

神道の信仰のベストテンを上り続ければ、白山信仰に辿る。「白山」というのは、「はくさん」でも「しらやま」でも読まれるそうだが、岡田先生が普通に「はくさん」と言った。ただ、石川県に鎮座する白山比咩神社は、「しらやまひめじんじゃ」と読むようだ。この信仰は、岡田先生には特に馴染みのない信仰だそうだ。その理由は、二つある。一つは、特定な地域に広がる信仰だからだ。白山は、石川県、岐阜県、福井県をまたがる山脈だから信仰はその周辺に集中される。関東地方には白山神社は少ないのだ。もう一つは、白山信仰が仏教と密接したし、修験道とも関わったので、明治維新以来の神道とちょっと離れた存在だからだそうだ。

だから、僧侶の話も多かったし、本題に入る前に岡田先生が神仏習合について説明した。その説明も興味深かったので、要点を書く。

先ずは、神道と仏教は類似する信仰だから長い間習合したと思われると言ったが、そうではないと主張した。むしろ、神道と仏教は大きく異なって、お互いに欠点を補ったと言えるほどだ。だから、神道と仏教は夫婦のようだった。かなりいい夫婦だったことは、神仏習合が千年以上続いたことから分かるが、明治維新で中央政府の神仏分離令で離婚させたそうだ。しかし、現状を見たら、仏教界と神社界の共同行動が増えているので、再婚になる可能性は高いという。

白山信仰は山岳信仰の一つだが、山岳信仰には神道と仏教の異なる要素が見える。神道も、仏教も、山を聖地として看做したが、態度が大きく異なった。神道は、山は霊地で、入ってはいけないと思った。神社は、山の山頂ではなく、里の平地と山の境界に鎮座したそうだ。山他界という思想で、山には祖先の魂が棲むと思われたという。一方、仏教で山に籠って修行することは、悟りへの道として評価されたようだ。だから、日本の霊山を開いたのは、仏教の僧侶だった。

白山は例外ではなかった。伝承によると、717年に泰澄という僧侶によって開かれたそうだ。これは役行者の十数年後のことだから、かなり早い時期だと言える。だが、岡田先生によると、史実との関係は明らかではない。泰澄の記録は、『泰澄和尚伝』(たいちょうかしょうでん)という書物にあるが、それは鎌倉時代に作成されたようだ。出身地と死亡したところは両方とも越前の国、現在の福井県、にあるし、白山との繋がりは古いので、それほど信憑があるだろうと岡田先生が言った。だが、考古学などの成果に踏まえて、白山での組織的な信仰が9世紀半ばぐらいから始まったそうだ。それは、日本全国の修験道と同じ時期だから、信じ難くないが、泰澄の時代から百年ぐらい下がった時代だから、泰澄が白山の修験道を結成したというのは難しいだろう、という結論だった。

そして、白山信仰が前回の日吉信仰と深く繋がっていたそうだ。両方が天台宗と密接になって、日吉神社も北陸地方には多いという。これは荘園の制度の影響も表すと言えるだろう。延暦寺の領域の荘園は、北陸には多かったので、日吉信仰が北陸に広がったし、それに北陸で天台宗の僧侶が白山信仰と出会ったのだろう。

白山信仰の神社自体を考えれば、三つある。馬場(ばんば)というところだが、山の境界にやはり鎮座する。加賀馬場は白山比咩神社で、唯一の式内社で加賀の国の一の宮にもなったから、明治以来本宮に据えられた。だが、それに加えて越前馬場(福井県)の平泉寺白山神社もあるし、美濃馬場(岐阜県)の長滝白山神社もある。歴史的に調べたら、平泉寺白山神社のほうが有力的なのようだ。考古学の発掘調査の成果で、最盛期には3000人程度の僧侶がいたようだし、前に書いた通り泰澄が越前で活躍したようだ。この三つの馬場は、山に分かれて、夫々の川の流域に影響を広げたのではないかと岡田先生が言った。だから、愛知県や静岡県に鎮座する白山神社は、美濃馬場と繋がっていたと推測してもいいだろう。江戸時代にはかなりの権力競争があったそうだが、現在はそうでもないだろう。

最後に、祭神のことだが、白山比咩神社の祭神は今菊理媛命(くくりひめのみこと)だと言われるが、イザナギかイザナミかとの説もある。実は、菊理媛が祭神として初めて文献に出てくるのは、室町時代の『大日本一宮記』という吉田神道によって作成された書物だそうだ。だから、もともと菊理媛ではなかった可能性は高いと岡田先生が言った。実は、元来「白山比咩」という水源の神様だったのではないかと言った。

いつものように大変勉強になった講義だったので、また次回を楽しみにする。

言葉遣い

真由喜の言葉遣いについて今日ちょっと書かせていただく。

前にも書いたと思うが、真由喜が今まで「僕」を自分について使った。それはしまじろうのせいだと思う。しまじろうはいつも「僕」というので、真由喜が同じ癖になったようだ。だが、月曜日にしまじろうのぬいぐるみと遊んだら、私が「ぼく、しまじろう」と言ったら、真由喜が「僕・・・私真由喜ちゃんだよ!」と答えた。気づいてきたようだよね。自分についてまだ「ちゃん」というが、自分についてまだ「可愛い」というので、それは大きくなる次第直るはずだが、代名詞の使い方にどんどん目覚めていると思う。まだ「真由喜が・・・」ということは多いが、それも直りつつある。

そして、英語だ。月曜日にゆり子が仕事に出たので、私と真由喜が一日遊んだ。私が英語で話したのは言うまでもないが、夕方に私の母とのビデオチャットで真由喜が英語をいつもより使った。母には日本語が分からないことに気づいたのかな。ただ、英語はまだ名詞のみだ。動詞等は、日本語で補足する。だから、英語の話すレベルは、一年前の日本語のレベルだと言えるだろう。英語の環境に入れたら、早く上達できると思うので、入れる方法を考える。

最後は、昨日私のオフィスにある未読の本の山を、真由喜が倒した。ちょっとしょんぼりした顔で私の直す姿を見つめたが、私が「なんと言う?」と聞いたら、即座に「ごめんなさい」と言ってくれた。作法が分かってくるといいよね。

ところで、真由喜の咳が直りつつあるようだ。夜中の咳が軽くなってきたが、まだ昼間に出る。だが、吐く恐れがだいぶ減ったと思うので、一安心。

日本全図

オフィスの装飾として、パソコンの後ろに或る壁に日本全図を飾った。コークボードに貼って、私が行ったところにマップピンを刺しているので、一見で日本の経験が分かる。ピンの色はそれぞれだが、色には意味がある。白は、私には住んだことがあるところだ。だから、白いピンは三つしかない。赤は、日帰り旅行を示す。数回の日帰り旅行でも、まだ赤にする。黄色は、一泊。緑色は、二泊。そして、青は、三泊以上を示す。泊まったことがあれば、分けて泊まってもいい。例えば、京都は青色だが、一回で泊まったの最長は二泊だと思う。だが、四回京都に行ったことがあるので、合計で三泊以上になった。

だから、地図を見たら首都圏には赤いピンが林立する。そして、点在する。山陽新幹線沿いのピンは、西日本のメーンだ。ちょっと四国に泊まったことがあるが、九州の福岡も新幹線の終点だ。一方、ピンのお陰で空白な地域が目立つ。日本海側には、金沢しかないので、寂しい感じだ。そして、四国も九州も北海道もそれぞれ二本に過ぎない。紀伊半島も、伊勢以北しかない。関東地方を見ても、日光と諏訪の間は空白だし、東北は三年前の旅行の足跡しかない。だから、やはり、日本には見るべきところがまだ沢山残る。

旅のための予算を貯めないといけないね。

ごっこ遊び

昨日真由喜と遊んだが、雨が降ったので屋内で遊ぶしかなかった。だが、真由喜がごっこ遊びを沢山した。

先ずは、ソファの上に川を想像して、川遊びした。手を見ずに入れて、「じゃわじゃわじゃわ」した。ぬいぐるみの鼠も川遊びさせたが、鼠が濡れてしまったら、拭いてあげた。そして、自分の洋服が川の水で濡れたら、私に拭いてもらった。

川遊びが終わったら、バスに乗って公園に行った。(バスのソファだった。)公園で、滑り台で遊んだが、滑り台は、ラグだった。まず「よいっしょ、どっこいっしょ」と言いながら、ラグを縦断して、そして回って、また縦断した。二回目一歩を小さくして、別な階段を昇ることを真似した。最後に床に座って、ラグを渡った。それは、滑ることだった。完全に平なところで滑り台ごっこをすることは、凄いと思った。本当の公園に行かなくてもいいだろう。

その他、手洗いごっこ遊びも人気があるし、食事ごっこも、パソコンの仕事ごっこも。最近お姫様ごっこが始まった。私の仕事は、ごっこ遊びを応援することだから、真由喜も応援する。発達に影響がいいと言われるし。

だが、今日天気がちょっと良くなって、本物の公園に行けたらいいなと思わざるを得ない。