王室の役割

最近フォーサイトの2月号をやっと読み終わったが、掲載された記事の一つが「天皇制は日本の独裁者を防ぐ知恵だ」と述べた。それは間違いではないと思うが、日本独特の知恵ではない。イギリスも同じような制度がある。

大筋を描写したら、次の通りになる。最上層にある王様や天皇があるので、ある人が権力を集めて、独裁者になりそうになったら、天皇を盾にして倒すことができる。実は、小説にも良くあるパターンだ。悪質な黒幕は、王様の直接な関与によって鎮圧されることは、水戸黄門によくあるが、文学のどこでも見えると思う。だから、実現するために条件をちゃんと考える必要があると思う。

先ずは、王様には現実的な権力を与えないのは大前提だ。王様には事実上の権力があれば、王様自身が独裁者になる恐れが多い。イギリスの歴史でそういうことはよくあったが、それを防ぐための内紛が繰り返した。結局、19世紀頃、王室から現実的な権力はやっと剥奪された。

だが、もう一つの大前提はこれとちょっと矛盾する。それは、王様には名誉的な最高の権力があることだ。王様を盾にするために、王様の権利を表で問われる人はいない必要がある。そうではないと、現実的な権力を握る独裁者がすぐに弾圧できるはずだ。

このバランスをとることは、極めて難しいと思うが、無理だとは言いたくない。

しかし、民主主義も同じような役割を担うことができるのではないか。独裁者になりそうな人が必ず選挙に向き合ったら、国民の支持を得なければ退かれる。だから、王様と民主主義を組み合わせたらいいだろう。独裁者を防ぐことは、確かに憲法の大事の宿命の一つだ。

だが、王室を設けたら、案外な問題がある。それは王様の人権問題だ。王様は、生まれながら王様になることは決まっているし、憲法の中に役割を果たすために政治的な権力を取ることを禁じるのは必要不可欠だ。要するに、王子のキャリアは決まっているし、参政権もない。豊富な環境を与えることは代償にならないが、多分最低限の試みだと言えるだろう。

簡単な問題ではないが、深く考えるとますます複雑に見えるよね。

氏名の表記

私の氏名の表記は、日本人には問題を与えるようだ。名字の「Chart」はいつも「チャート」になるが、名前の「David」は難しい。外国人登録証明書に記載された通称は「デビト」だが、このブロゴの肩書きには「デイビッド」がある。そして、白幡八幡でご祈祷の時に授与したお札には、夫々のお札に夫々の表記が見える。そして、漢字の氏名も欲しいと思う。だからこの投稿で候補について考える。

パソコン版の日本語辞書で、読み方で引けるので、便利だ。名字から始めよう。

「チャ」と言う音は、「茶」と「楪」しかないようだ。そして、「あと」と言えば、「後」、「跡」、「痕」などがある。「茶痕」の読み方は当てるが、意味は「お茶のシミ」に近いので、ちょっと避けたいと思う。確かに「御手洗」ほど恥ずかしくないが、好ましいとは言えない。「茶後」の方がいいと思うが、漢字の意味はまだ優れていない。

では、他の選択肢を考えよう。「ちやあと」の漢字を組み合わせたら、それも「チャート」になる。「血蛇痕」は読み方で可能だが、意味はやはり悪い。名前で使える読み方を見たら、「和悦英吉」も「ちやあと」の読み方があるようだが、当て字になって、誰も読めない名字になりそうだ。意味はいいけれど、漢字も多い。最適ではないと思う。意味は本当にいいけれども。

それでは、名前はどうすればいいだろう。デビトよりデイビトのほうがいいので、それに当たる漢字を探そう。「出夷民」というのは候補だし、意味も当たると言えるが、何となく好きではないよね。もう少し探したら、「豊祖智」は可能なのようだ。また珍しい読み方だし、最後の「智」の「ひと」を「びと」にする必要があるが、意味はいいよね。「出井人」はより読みやすいが、やはり意味をちょっと考えたいのだ。「出胃人」も可能だが、事実に近すぎる恐れがあるので、使わない。「出去人」も候補になるそうだが、ちょっとここに居たいのでこれもしない。本当に候補になるのは、「出亥人」という組み合わせだ。亥年だから、事実と関わる。「禰敏利」も「でいびと」という読み方があるようだが、「びと」は辛うじて読めても、「禰」を「でい」と読む人はあまりいないだろう。「禰智」も「でいびと」と読めるが、自然にそう読む人はいるだろう。

今ネットで検索して、法務省の名前に使える漢字のリストを見つけた。あそこでも検索できるが、「智」の「ひと」の読み方はないので、無理だろう。(「茶後」が「ちゃあと」になるので、問題はない。)「禰」の「でい」の読み方があるし、「び」で「彌」があるし、「と」で「杜」があるので、「禰彌杜」は「でいびと」だそうだ。別な書き方で、「祢弥杜」も「でいびと」だそうだ。読者のうちにそう読める人がいるのだろうか。

ゆり子とちょっと相談したら、やはり誰も「和悦英吉」が読めないので、止めた方がいい。そして、「茶後」の意味も悪くないし、文化人の印象があるそうだし、それに読みやすいので、それにした方がいいだろう。でも、名前はまだ問題だ。

まだ流暢ではない

真由喜の日本語にはまだ間違いがある。いうまでもないだろうが、特定できる間違いもある。要するにほぼ正しい日本語の中でいつも間違える言葉も存在する。

一つの例は「させて」と「して」の違いだ。よく「マミー、食べて」と言うが、言いたいことは「マミー、食べさせて」ということだ。ゆり子が間違いを使って食べてしまう場合もあるけれども。まぁ、これは驚くほどではないだろう。使役動詞は難しい文法で、普通の動詞がよく分かるから正しく使い始めるだろう。

もう一つは、もう少し不思議だ。電気を付けるなら、「電気を消す」という。私が「つけると言うよ」と言っても、まだまだ「消す」のままだ。どこで勘違いしたのだろう。改めると思うが、それを待つことも楽しみになるよね。

歯は長いって

昨日また歯科に行ってきた。予定は、治療用ゴムを歯の根に積み込んで、銀歯の基盤を固まることだった。

が、積み込んでレントゲンを撮ったら、そこまで至らなかったことが分かった。歯医者さんによると、それは私の歯は、東洋人の歯と違って、大変長いからだそうだ。神経の管の掃除をする針の長さは、21ミリで、歯の長さも21ミリかそれよりちょっと長いそうだから、完璧に掃除できなかった。なるほど。体の長さはやはり袴もズボンもシャーツも問題にするし、ドアの上の壁とも打っ付かるが、治療も問題にするとは思わなかった。(ところで、最初に撮ったレントゲンで長さが分からなかったのだろうか。習慣の影響は強いだろう。)

二つの提案があった。一つは、歯の残りを完全に削って掃除すること。もう一つは、より長い針を使って、時間を取って掃除すること。二つ目にした。虫歯で歯の真ん中や一側が取られたので、器具の不具合で残りを失うのは、もったいなく思ったからだ。だから、また口を大きくして、掃除をさせた。痛かったところもあったが、まだ終わっていないそうだ。明日また行く必要があるという。

やはり、外国人にとっては、日本の生活の不便もあるよね。