ついに審議

今日川崎市外国人市民代表社会議が行った。前に書いたように今日まで審議にちゃんと入ることは出来なかったので、今日こそ始めたいと思った。幸い審議の前の用事、即ちオープン会議についての決定と審議するテーマの順番の決定が、30分以内済ませた。それは、私の希望の通りだった。

審議に入ったら、びっくりした。「時間がかからないテーマ」という名を付けたが、それほど時間がかからないとは思わなかった。30分で殆ど出来た状況になった。

それは、テーマの内容のお陰だったろう。先ず、出入国管理について、日本に在留資格の持つ外国人の親戚、特に親に、在留資格を与えて欲しいと言うことだった。例えば、出産したら、新米ママにはお母さんの助けはありがたいが、外国人の場合、最長3ヶ月しか日本にいられない。(それは、観光ビザだ。)それに、親の老後を考えたら、一緒に住んでほしい外国人も少なくないが、今の制度で難しいそうだ。特別な事情があったら、「特定活動」という資格を得ることもあるそうだが、それは通常の方針ではないようだ。ありがたい対応だが、より正式な制度が欲しいと思った。要するに、反発する声は全くなかったので、ただテーマの側面を考えて、提言に載せる内容について考えることになった。

二つ目のテーマは、行政窓口の土日制度だったが、資料を見たら、川崎市の土日制度が指令都市の中で一番充実していることが分かったし、外国人関係の行政手続きが出来ることも分かった。結局、サービスの拡充を求めるより、既存サービスの広報を求めることにした。勿論、コンビニのように役所の窓口が24時間年中無休になったら便利だが、それには現実味が欠くので、出来る範囲で考えたら、川崎市の制度はもう足りるのではないかと思った。

論争になりそうな内容は明らかにない。その通り、すぐに終わった。代表者の皆さんが意見を言ってくれたので、全員参加の体制にもなった。それも嬉しいことだった。沈黙のままで終わった代表者は一人もいなかった。

だから、次回残りの「時間がかからないテーマ」と挑戦する。すべてをクリアできるかもしれないが、また二つが出来たらいいとも思う。本番の任務に入ったので、じっくり審議するべきだ。このような進み方が続けば、本当に有意義な会議になると思う。代表者の皆さん、ありがとうございます。

三歳児検診

昨日ゆり子が真由喜と一緒に三歳児検診に行ってきた。幸い、身体的にも成長的にも、真由喜には問題は一切なかったそうだ。とくに、ゆり子をちょっと安心させた現実は、おむつをはく幼児は結構いたことだった。それも、真由喜は確かに早い方ではないが、非常に遅れているとも言えない状態だそうだ。歯科検診もあったそうだが、真由喜の歯は健全だったそうだ。勿論、検診に行く前に特に問題はないと思ったが、確認してもらうこともありがたいのだ。

ただ、ゆり子によると真由喜が全然いい子にしてくれなかったそうだ。確かに帰っても、真由喜はご機嫌ではなかった。ちょっと疲れたか、遊ぶ機会は少なかったか分からないが、今日真由喜の機嫌が直ったようだから、深い原因はなかったと推測してもいいだろう。今日真由喜の友達が訪ねてくるので、その為にわくわくしてご機嫌になったかなとも思うが。

では、真由喜の成長が順調に続くように努める。今、それは仕事に戻ることを具体的に指すので、ブログをここまで。

難しい漢字

最近『選択』という雑誌を読み始めた。事情によってちょっと遅れてしまったので、今6月号を読んでいるが、感じは難しいような気がする。錯誤ではないと思う。例えば、政治の情報カプセルで一番最初に立つ漢字は、「顰蹙{ひんしゅく}」だ。初めて見たと思うが、日本人なら当然読める字のだろう。少なくとも、すぐに書ける日本人も少ないと思いたいのだ。そして、「{うごめ}く」という字も出てきた。これも常用漢字ではないのは現実だが、ルビを振ってくれない。「傲然{ごうぜん}」の漢字も、「然」が分かるのは言うまでもないが、「傲」はちょっと見慣れていない。確かに漢字の練習になるが、漢字検定の何級でこの漢字を学ぶのだろう。私の訓練している準2級より上であることが分かるが。

ところで、数ヶ月前の情報誌を読むのは無駄だと思う人もいるかもしれないが、そうではない。出来事の前の予想を読んだら、有識者でも見通しが悪いことが分かる。例えば、鳩山首相(当時)が退陣したら小沢幹事長(当時)がどうなるかについての紙幅は少なくないが、同時辞任を予想した記事は皆無なのようだ。私が予想しなかったと言っても、驚く人はいないと思うが、世界の現状の理解は薄いことをまた実感することが役に立つと思う。私が傲然にならないように貢献するはずだ。

そして、当時あまり詳しく分からなかったことについても、今も重要な情報が載っている。勿論、刊行月に読むことは理想だし、それを目指す。しかし、今の出来事の背景を理解するのに使う素材として、過去の雑誌も読むつもりだ。

凸凹仕事

昨日、仕事が上手くいった。沢山出来たし、様々な側面で進んだ。今日、正反対だ。なかなか進められないし、書く為のアイデアも全く湧いてこない。幸い、執筆以外の仕事は多いので、今日を専ら執筆以外の仕事にした方がいいと思う。やはり、多様な仕事があることには利点があるね。読書、雑務、授業で今日の分ができるようだ。ただ、より安定した仕事の状態が欲しいと思う。何回もブログで愚痴を書いたが、有効な方法はまだ見つかっていない。とりあえず、臨機応変で進むしかないね。今日の分に、今日できる仕事を。