裸を楽しむ

昨日の投稿は検索で人気になったら、今日は如何になるだろう。

ここで、裸になることは悪いことであるかどうかについて論じたい。話題は、問題になるケースに集中しているが、その前に他のケースは片付けたいのだ。

まず、着替える時に一瞬裸になるのは悪くないのは認めてもらうと思う。歴史的にそう認めない社会も存在したが、現在の日本はそうではない。同じように、お風呂に入るために裸になることも悪くないことも認めてもらえるはずだ。だから、その場合に裸で見られても、悪いことをしていると思われないだろう。同じように、緊急の場合、化学兵器から実を守るために裸になることも悪くないのは当たり前だ。お風呂にいる時点で火事があれば、裸で外に出ても、悪くないはず。

だから、このような場合を悪く思う人はいないことを前提として、問題になりそうな場合を論じる。

それは「裸を楽しむ」場合。

裸を楽しむことには、二つの種類がある。一つは、自分の裸が見られることを楽しむことで、もう一つは他人の裸を見ることを楽しむこと。後者は少なくとも男性の間に普通であるのは否めないだろう。前者も少なくないようだ。だから、卓上のことではない。それでも、ある行為は普通であるからといって、悪くないとは限らない。行動は良いかどうか、別に論じなければならない。

まず、裸を見せることを考えよう。悪い理由として、他の人は見たくないので、迷惑になる訴えがあるのだろう。これで、前に述べた自由を考えなければならない。醜い人は見たくない人もいるし、太った人は見たくない人もいる。だからといって、太った人の外出を禁ずるわけにはいかない。わざと人に迷惑をかけるために裸を見せるのは確かに良くないが、それは人に迷惑をかけることは悪いからだ。裸になったことには特に関連しなくても良い。

そして、相手は見たい場合もある。ヌードアイドルをする女性は、裸は見たい人に裸を見せる。人を楽しめるのはそもそも良いことだ。それでも、そのような写真集を出す女性を軽蔑する傾向はあるようだ。根拠は謎だ。自分の能力を活かして、人を楽しめることは決して悪いことではない。それに、その女性が裸の撮影を楽しむとしたら、さらに良いのではないか。他の人を楽しませるのは良いが、その行動を自分で楽しむのは更に良い。楽しまない女性は、その仕事を辞めた方が良い。

この場合、写真の登場する女性も、写真を楽しむ人も、何も悪いことをしていないと私は思う。悪いことをしているのは、それを批判する人だけだ。

更に、更衣室で特に裸を見せるつもりはない女性は、男性に見られ、男性を楽しむ場合はどうだろう。女性が嫌に思うのは昨日の話題だったが、それを払拭すれば、ここに何が悪い?人が生活の中でちょっと下喜びを拾ったに過ぎない。これも、良いことだ。

こう言っても、このように楽しませるのは良くないと思う読者はいるだろう。その根拠は、性的な行為が悪いからだろう。それも、私は賛同できない意見だから、これから論じたいと思う。

この投稿は、検索のせいで人気になるだろう。

さて、先日Natureという科学雑誌で化学兵器や生物兵器、それとも放射能物によってのテロ対策についての記事があった。研究の成果を踏まえて、現場での対応がイギリスで決まったそうだ。その対応は、次の通りだ。

先ず、被害者を裸にさせる。そして、体を拭く。

考えれば、合理的だ。化学兵器などは、皮膚に接触すれば被害を齎す。だから、最初に服に付着すれば、その瞬間で服に守られる。化学物質が皮膚に接触しないからだ。しかし、服から皮膚に移る恐れはあるので、すぐに服を脱いで、そして皮膚を拭くと良い。イギリスで乾いたもので拭いても効果あると言われるが、日本でおしぼりを使ったら、さらに効果は期待できると思える。

理想は、下着も脱ぐことだそうだ。理由ははっきりされていないが、下着の布にも化学物質が付着する恐れがあるし、拭くことに邪魔になるからだろう。しかし、それに無理があると認められ、少なくとも下着まで。それでも、抵抗を予想して、実現に向けて方法を考えているそうだ。

疑わしい問題ではない。

しかし、よく考えよう。

化学兵器によって重傷を受けるより、他の人の前で裸になったほうが嫌だと言う意味だ。

これは問題だ。実は、「人の前に裸になるのは問題だ」という思想自体は問題であると思って、この投稿を書いた。

先ず、誤解を防がなければならない。いつも裸であるべきとは思わない。普段、服を着た方が良い。先ず、とても寒い場合もある。その場合、服はないと死ぬ。そして、真夏になっても、紫外線の影響で皮膚がんになる恐れもあるし、皮膚に損害を受けるので、真夏にも服を着るべきだ。雨の対策としても服装は良い。風も。これだけではない。服にはポケットがあるので、ものを持つことに便利だ。これは合理的な理由だ。

しかし、それは主な理由ではないと思う。服装は、飾りだ。身を飾るのは人間の本能であるようだし、良いと思う。本人にも楽しいし、周りの人にも楽しい。そして、服装の選び方で印象の調整は出来る。例えば、私は教える時にいつもスーツを着る。それは、「教えることは、相手に尊敬を示す場で、私が仕事として真剣に受け止める場でもある」という印象を与えるためだ。別な例として、神事で神職の祭服も、印象作りに重要な働きがある。ファッションには非現実的なイメージの問題があるとしても、それはファッション自体の問題ではない。

だから、私は服装に賛成する。着るべきだとは言えないとしても、来た方が良い場合は殆どだ。冒頭のテロ事件もその例だ。最初から服を着ていなければ、服に守ってもらえない。

それでも、裸になって見られることは、何で恥として感じられるだろう。若い頃、刺青してしまった人もいるが、殆どの人は、裸になったらただ体が見えるだけだ。服越しでも、体の形は一応分かるし、人間だって、同じ体を持っている。

裸になったことで悪いことをした可能性を後日に論じたいが、ここで冒頭のテロ事件のような場面は考えたい。悪いことをしているわけはないだろう。だから、なぜ恥ずかしく思うだろう。理由はない。そして、人目から隠れたと思い込んだところで見られてしまったら、悪いことは何?例えば、着替える途中で目隠しが倒れたら。それより、相手が悪い場合でも、見られる方が恥ずかしく感じる。

つまり、裸で見られたら悪いと言う思想は、問題を起こすし、利点は全くない。だから、社会から払拭するべきだと思う。

そうするために、慣れさせるしかないだろう。日本人の女性は、顔が見られたら恥ずかしく思う人は殆どいないだろうが、サウジアラビアではそうではない。理由は、日本人の女性は日常的に顔が見られるからだ。

もちろん、顔はいつも露出されているが、前述の通り通常に裸にならない方が良い。だから、もう少し工夫しなければならない。例えば、温泉、特に混浴温泉を促進するのは一つの方法だ。もう一つは、水泳を原則として裸ですること。脱衣場や更衣室には目隠しを設けないことも可能だ。このような態度を変えるのは、大人には難しいだろうが、子供は柔軟だから、学校から始まった方が良い。

確かに、書けば、私にも抵抗感が湧く。しかし、根拠は揺るぎない。これほど抵抗するからこそ、人に肉体的や精神的な傷が必要以上受けられないように、このような工夫は良いと思わざるを得ない。

試合の役割

試合の役割は何だろう。大別したら、選択肢は二つかと思う。一つは、楽しい見せ物。もう一つは、勝者を明らかにすること。

ただし、この二つの役割は、同じ試合で果たせない。

勝者を明らかにするために、強い方が必ず勝つような設定は必要だ。しかし、能力の差は多くなければ、何回も取組まないと、能力より運が結果を左右する。試験の理想はこの状況だ。点数が正確に能力を反映する試験は良質だし、運で点数が大きく変動する試験には重要な欠点がある。

しかし、このような試合は楽しくない。登場者は初めてではない限り、誰が勝つかは、最初から分かってしまうし、試合は能力の測りに適していれば逆転勝ちはないはずだ。試合の楽しさはない。

だから、見せ物の試合のために、運が大きく働くような設定は重要だ。そうであれば、結果を予想することはできないので、楽しい緊張感を感じる。スポーツなどを見たら、見せ物の要素は強い。リーグなどで、能力がほぼ同じである人が取組むように工夫するし、試合が短くされることも多い。オリンピックは典型例だろう。

これは悪くない。スポーツは娯楽の一種だから、視聴者が楽しめるように工夫するのは良い。技を振るって挑戦する姿も楽しいし、勝負の上の緊張感も楽しい。視聴者が事前に分かる限り、試合を完全に芝居にしても良い。基本的に技のみを楽しむようになるが、演技などはそうだから、娯楽として問題はない。

一つの条件はある。それは、試合の結果は選手の質を測らないことを認めることだ。負けたら、それは試合の構造のためだ。選手の能力や集中力や精神力などのためではない。負けた選手には問題があるとは言えないし、勝った選手には優れた才能があるとも言えない。両方とも楽しい見せ物を作り出すために必要な努力をしたことを認めて、両方を授賞するべきなのではないか。

このように考えれば、スポーツの形を変えるべきなのではないかと思ってくるだろう。勝利を争うことは不適切だ。視聴者が楽しめるように工夫する。そのために、技の素晴らしさも重要だが、割いてとの差は多くないことも重要。だから、ある人は上手すぎたら、試合から外すべきである。下手すぎる人も外されるのは当然だろう。そして、ドーピングはなぜ悪いかというと、この均衡を崩すからだ。スポーツのルールは、見ることは楽しいのを保障するためだから、勝利のためにルール違反すれば、スポーツの本質が分かっていないのは明らかだ。この観点から見れば、勝つか負けるかは本当に問題にならない。試合のやり方は全てだ。

この考え方を本格的に導入するために、スポーツのルールを修正しなければならないと思うが、私はスポーツにそれほど興味を持っていないので、このテーマを一発で放棄する。

わんぱく広場

昨日、真由喜の幼稚園のわんぱく広場参観に行ってきた。私の週末だったので、余裕があったし、それに真由喜の最後のわんぱく広場だったので見に行きたかった。実は、私にとって初めてだった。ゆり子には見に行ったことはあるが、潮見台みどり幼稚園は家からちょっと遠いので、私はまだだった。

わんぱく広場は、園庭で子供たちが組み体操や踊りをしたり、走り回りながらじゃん拳したりする時間だから、見るのは充分楽しい。もう年長さんだから、親がいても活動に集中できた。

二点は指摘した。

最後の方の遊びは、お地蔵さんのじゃん拳だった。子供の半分が座って、残りの子供が走り回って、「お願いします」と許可を求めてからじゃん拳する。勝者が座って、負けが走り回る。一回目の設定で、女の子が座っておいた。最初は、密度は高かったので、先生によって「ちょっと広げてください」と言われた。座ったまま横で移動した女の子は多かったが、真由喜の後ろには広い空いている芝生があった。

「私なら、立って、その空いているスペースの真ん中に座るな」と思ったや否や、真由喜が立って、真ん中へ走って座った。

やはり、私の要素を一部継承しているね。

もう一つは幼稚園の参加についてだ。真由喜はもうすぐ卒業するが、私の参加について後悔はない。確かにわんぱく広場の初参観だったが、参観できた。その前に運動会やちびっ子祭り、お父さん参加デーや夕涼み会に何回も参加した。お遊戯会は残念ながらちょっと怠ったが、全体的に見れば、真由喜の幼稚園生活に本格的に参加できた。ゆり子は主役だったが、私は排除されていなかったし、思出は沢山ある。

もちろん、締めくくりとして卒園式がまだ待っている。楽しみ!