氏名の漢字

帰化する許可を得れば、氏名を変えなければならない。なぜなら、戸籍で平仮名、片仮名、または指定の漢字しか使わないからだ。ローマ字の氏名のままにすることは許されない。

法律上、自由に氏名を変えることができる。「田中太郎」にしたかったら、それはできるそうだ。「藤原道長」や「菅原道真」にしようとしたら、止められるかもしれないし、「北川景子」は受理されない可能性は高いし(「男性じゃん!」)、そして「天皇陛下」にしようとしたら、「天応閉架」として表記しても受理されないはずだ。しかし、馬鹿げた氏名にしない限り、自由であるそうだ。

それでも、今までの「David Chart」という氏名を変えるつもりは無い。ただ、表記を変える。そして、折角だから、漢字の表記にしたい。前に真由喜の抵抗に触れたが、それとまた取り組む。では、漢字をどうすれば良いのか。

まずは、苗字を考えよう。これは、ゆり子も真由喜も共有するので、使いやすい漢字にしなければならない。つまり、誰でも書ける漢字で、読み方も分かりやすいのは条件だ。

その条件にしたら、「ちゃ」はもう決まっている。「茶」しかない。パソコンで「ちゃ」を打てば、「茗」と「楪」の漢字が出てくるが、誰もその読み方は分からない。そして、日本人の苗字は、二文字は多いので、「あと」を一文字で表すと良いだろう。そうすれば、「後」や「跡」や「痕」が思い浮かぶ。「血痕」の字はちょっと避けたいと思う。漢字の意味にも気を使いたいのだ。ゆり子と友人と相談したら、「跡」の方が良いそうだ。「後」は、「後ろ」の意味が強いので、「足跡」のような意味のほうが好ましい。「茶跡」をそう書けば、読み方は想像し難くないし、「ちゃあと」の発音は「Chart」となるべく近い。

苗字はほぼ確定だ。名前はもう少し問題である。読み方として「デイビド」にしたいが、三文字に抑えたい。「びど」と読める一文字はないと思うので、「でい」を一文字とする。しかし、「でい」の読み方をわかってもらうのは「泥」ぐらい。「泥尾土」は音として可能であると認めざるを得ないが、名前の漢字として選ばない。だから、法務省の戸籍漢字のホームページで調べた。それによると、「尼」の漢字は「でい」と読むことはできるが、意味も男性に合わないし、読み方も分かってもらわない「あまびど」になってしまう。そして、「年」の漢字にも「でい」の読み方があるそうだ。「年日度」は「デイビド」と読む人はいないだろう。意味は面白いけれども。そして、「禰」の文字にも「でい」の読み方がある。この漢字は、神職の「禰宜」に使われているが、発音がわかる人は少ないと思う。だから、読み方を必ず確認してもらえるかと思う。

「ど」も選択肢は少ないし、「奴」は避けたいし、「徒」と「怒」も良くない。「土」や「度」は悪くないが、特にいい意味でもない。残っているのは「努」。それはいい意味だから、この時にしたいと思う。

そして、真ん中の「び」。ここで、悪くない選択肢は多いので、迷う。「備」も「美」も悪くないし、「弥」も可能であるそうだ。「墨」も「び」と読めるそうだ。そして、「魅」にも「び」の読み方があるという。「日」は載っていないが、「何曜日」などでの「び」の読み方はよく知られている。そして、「霊」は、「産霊」で「び」と読まれるので、これも可能だ。三文字にしたら、簡単に読める名前にできないので、意味と形を重視すればよい。なかなか決められない。

四文字にしたら、「で」「い」「び」「ど」でできるので、「出偉美努」は可能。(ところで、四文字にして、当て字にしたら、「出英日渡」はできる。「どこの国から来たか」という質問を事前に止めるかな。)それでも、四文字はちょっと気に入らない。

やはりまだまだ迷うね。

手書きの伝承

最近、数年前から続いてきたプロジェクトの最終的な段階のために、日本で本の歴史について読んでいる。印刷物の本は主役だが、手書きの本も登場するのは言うまでもない。江戸時代まで手書きの本は日本の主役だったし、それ以降でも様々の分野で手書きの本は重要な役割を担ったそうだ。それを読んだら、伝承の仕方などについて考えてきた。

私が重視することの一つは、多様性である。そして、伝統も重視する。だから、多様性のある伝統を評価する。しかし、それをどう培ったら良いのか、考えなければならない。

ある程度、均一化を強いない限り、伝統が自然に多様になる。しかし、現代の通信が発展されている世界で、伝統の違いが塗り潰されることはある。例えば、一昨年伊勢の神宮の式年遷宮のお白石持ち行事に参加させていただいたとき、その団体のリーダーの一人に服装についての話を聞いた。今の服装は、大阪の地車祭から取られたそうだ。その前、真っ白で、伊勢の独特の祭服だったという。神宮と関連する行事でも外からの影響で地域性がなくなれば、他の神社の祭りはさらにそうであろう。だから、多様性を積極的に推進する方針も良いと思う。

一方、他の地域の習慣を真似することを禁じれば、それとも昔からの伝統をただそのままで維持しなければならないようにしたら、伝統の発展がなくなるし、維持さえ難しくなると思える。伝統や習慣は、時代に合わせて変遷するべきであるからだ。だから、自由に変えられるようにしながら、その変更に特徴が保持されるような制度が良い。

ここで手書きには役割があるだろう。神社や神道の場合、次のような制度を考えている。

祝詞や祭祀の次第は、原則として手書きでしか記録しないこととする。神社本庁の基礎祭祀や基礎祝詞、そして延喜式の祝詞は例外とする。祝詞は、もちろん手書きして奏上するが、例文集は多く使われている。その例文集が均一化を進めてしまうので、手書きに変えて欲しい。そして、手書きの祝詞や祭祀次第は、自分の手で書いた人によって持ち帰ることしか許さない。一方、原則として申し出る人に書写を許す。つまり、ある祝詞や祭祀を習いたい人は、その神社に参拝して、宮司さんに写本してもらう。現代なら、簡単に日本のどこでも行けるし、場合によって新しい祝詞などを普及しようとする人はその手書きの記録を持ち回ることも考えられる。一方、祝詞や祭祀の存在を聞いて、わざわざ写しに行かなければならない。だから、実際に近所の神社のことを参考になることが多くなるし、写すときに省略したり、修正したりすることもあろうから、神社の祭式は地域ごとに似ると思えるが、遠方の祭式が違ってくる。

もちろん、印刷での出版を禁じるのは難しいが、習慣として根付かせたら、自分の写した祝詞などを重視して、印刷物があっても多様性が自然に豊かになるかと思う。

帰省と大家族

現代日本の習慣の一つは、お正月とお盆の帰省である。実家に帰って、家族と一緒に時間を過ごす。多くの場合、東京から地方へ帰るので、首都圏出身の人が悔しがることも見える。帰省ラッシュとUターンラッシュの情報がNHKで報道されるが、民放でも伝わると思う。この習慣が日本から消え去ったら、伝統の一部を失ったと感じる人は少なくないだろう。

しかし、この習慣の大前提は核家族化である。大家族で暮らしたら、帰省するところはない。確かに夫婦であれば、双方の両親と一緒に住むわけはないので、離れた方へ帰省できるが、日常的に一緒に住む大家族はお正月とお盆だけで離れ離れになることは、お正月とお盆のイメージと違うのではないか。少なくとも、お正月かお盆か、そのままで過ごすはずだ。しかし、日常生活と同じ環境で過ごせば、お正月やお盆の特別感がなくなる。

そして、今の時点で大家族を促進すれば、過疎過密の問題の解決を妨げると思える。なぜなら、今多くの日本人が大都会に暮らしているので、大家族で暮らすことになったら、その子供たちも大都会に住む。地方への移住は少なくなる。核家族であれば、一人か二人で地方へ転居して、その場で家族を設けることは可能だが、大家族を保とうとすれば、そういうことはない。

もちろん、夫婦には子供は5人程度がいたら、この問題はなくなる。長子と長子の配偶者が親と一緒に暮らして、他の子供が地方などで生活を送って、お正月やお盆に帰省する。しかし、これは維持できる状態ではない。30年ぐらいで日本の人口がほぼ倍になるが、2億人が日本列島で快適に暮らせるとは到底思えない。

これを考えれば、家族を重視すれば、大家族での暮らしではなく、核家族で暮らす大家族の絆を重視した方が良いのではないか。核家族は、地方に転居できるので、消滅する恐れのある自治体の蘇生は期待できるし、人口の減少によって住む環境が良くなったり、食料の自給率が高まったりすることも期待できる。環境問題も自然と軽減していく。そして、その強い絆によって、帰省の習慣が強力に裏付けられる。核家族が日本の各地に住めば、その絆の日本の一体化に貢献する。(家族の皆が一つの県に住めば、家族の絆が日本の「分裂」を招く。文字通りの国家亀裂ではなく、それも可能であるが、ある地域の人は、他の地域の人達への違和感を招く。今でも関西人と関東人の間の対立があるが、関西と関東に住み分ける家族は少なくないので、その傾向に歯止めはかけられているだろう。)

そして、核家族ごとに分散される家族では、個人の自由を保護するのがより簡単になる。だから、大家族での暮らしを強く促さない方が良いのではないかと思ってきた。